【アンチ・ライフ】映画の2021年4月おすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法

映画「アンチ・ライフ」を無料で見る方法はあるの?

この疑問をズバリ解決しましょう!!

映画【アンチ・ライフ】の日本語吹替版・字幕版も含めて、Dailymotion・pandora等の違法サイトではなく公式の動画配信サービス(VOD)で安心して無料視聴できる方法を調査しました。

いきなり『結論』から言いますと、

結論:映画【アンチ・ライフ】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録でもらえる600円分のポイントで無料視聴が可能!

本記事は、「【アンチ・ライフ】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」について、わかりやすく解説しているので、映画視聴の参考にしてもらえれば嬉しいです。

本記事を読むメリット!
・映画【アンチ・ライフ】の動画を無料視聴できる方法がわかる。
・映画【アンチ・ライフ】の動画を安全で確実に視聴できる。
・映画【アンチ・ライフ】以外の気になる海外ドラマや話題の国内映画・韓国ドラマも視聴できる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトで探す手間がなくなる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトからウイルス感染することがなくなる。
・わざわざレンタルショップに借りに行く必要がなくなる。
・借りたDVD・Blue-rayの返却忘れで延長料金を払う必要がなくなる。
・いつでもどこでも簡単に動画が視聴できるようになる。
・映画や海外ドラマに最適な動画配信サービスがわかる。

そこで、本記事では、

■映画【アンチ・ライフ】の動画を配信している動画配信サービスが一覧で紹介!
■映画【アンチ・ライフ】の動画を無料視聴でイッキ見する方法!
■映画【アンチ・ライフ】のネタバレにならない程度のあらすじを紹介!
■映画【アンチ・ライフ】のキャスト・スタッフが出演している他作品を紹介!

など、上記の内容について徹底的にまとめています。

※0円の動画配信サービスでお試し視聴できる方法
最近は、映画・ドラマ・アニメを動画配信サービス(VOD)が増えている中で、見放題作品が豊富なのに、初回利用なら31日間もお試し視聴できちゃう動画配信サービスを試していないなら損してますよ。
U-NEXT(ユーネクスト)は、31日間も無料体験があるので、無料トライアル期間中を思う存分、映画・ドラマ・アニメなどをいつでもどこでも楽しめるんですよね。
>>>U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料体験はこちら

では、「【アンチ・ライフ】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」について詳しく解説していきます。

1.映画【アンチ・ライフ】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド) はどこ?

映画【アンチ・ライフ】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド) はどこ?
映画【アンチ・ライフ】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)は、次の一覧表にまとめました。

※横幅がはみ出している部分は「横スクロール」して見てくださいね。

動画配信サービス見放題PPV(課金/ポイント制)お試し無料期間月額料金(税込)
U-NEXTx31日間2,189円
dTVx31日間550円
huluxx2週間1,026円
FOD PREMIUMxx2週間976円
ビデオマーケットx1ヶ月間プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:1,078円
TSUTAYA TVx30日間1,026円
Amazonプライムビデオx30日間月額:500円
年間:4,900円(月額408円相当)
Netflixxx30日間ベーシック:880円
スタンダード:1,320円
プレミアム:1,980円
TELASA(テラサ)x15日間618円
WATCHA(ウォッチャ)xx1ヶ月間ベーシックプラン:869円
プレミアムプラン:1,320円

上記の動画配信サービス会社から配信されているかどうかの確認については、【見放題配信:○】【課金配信:●】【配信なし:×】で表記しております。

見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の違いは?

動画配信サービス(VOD)には、見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の動画作品がありますので、この機会に違いについて知っておきましょう。

区分内容
見放題追加料金なしで視聴できる。
レンタル(PPV・課金・ポイント制)都度課金が必要で視聴期限がある。

2.映画【アンチ・ライフ】のDVD・Blue-rayレンタル開始日はいつから?

大手2社のTSUTAYA(ツタヤ)とGEO(ゲオ)の映画【アンチ・ライフ】のDVD・Blue-rayレンタルが開始されているか調べた結果は、次のようになっています。

レンタルショップ宅配/レンタル状況
TSUTAYA(ツタヤ)
GEO(ゲオ)

3.映画【アンチ・ライフ】のDVD・Blue-ray販売状況と開始日はいつから?

Amazon.co.jp

4.映画【アンチ・ライフ】のフル動画で無料視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!

映画【アンチ・ライフ】の動画をフル視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!
U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録することで、誰でも無料で簡単に『31日間』思う存分、映画【アンチ・ライフ】をフル視聴で楽しむことができるのです。

【アンチ・ライフ】は、399円分のポイントを購入する必要があります。

しかし、U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録すると600円分のポイントがもらえるので、実質0円で【アンチ・ライフ】を視聴できるのです。

600円-399円=0円

また、【アンチ・ライフ】も新作・新入荷の期間が終わると見放題になることもあるので、それまでは他の人気の韓国ドラマや話題の映画、海外ドラマ、アニメなど豊富な動画が揃っているU-NEXT(ユーネクスト)を楽しむのがおすすめです。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をなんとなくは目にしていたけれど、登録することを迷っていたり、解約手続きが面倒で躊躇していたなら、絶対もったいない時間を過ごしています。

なぜなら、U-NEXT(ユーネクスト)の「31日間無料トライアル」を試すのに、登録時間はたったの3分で、映画【アンチ・ライフ】の動画がすぐに視聴することができます。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は、登録から31日以内に解約すれば「月額料金」は一切かかりません。

さらに、U-NEXT(ユーネクスト)の解約手続きもたったの1分で完了してしまうのです。

さっそく、公式サイトで詳しく確認はコチラ>>>【アンチ・ライフ】

「U-NEXT(ユーネクスト)」を登録する前は、私もあなたと同じで『U-NEXT(ユーネクスト)の登録や解約手続きを知って納得していない!』と登録はできないですよね。

そこで、「U-NEXT(ユーネクスト)」の登録と解約手続きを画像付きで紹介しているので、必ず確認してくださいね!

5.映画【アンチ・ライフ】の見所・ストーリー(あらすじ)・出演の俳優と女優は?


【出典:YouTube「アンチ・ライフ」予告編】
【アンチ・ライフ】は、元兵士軍団と謎の生命体の壮絶な戦いを描くSFアクションスリラー!

【アンチ・ライフ】の見所とストーリー(あらすじ)について、ネタバレにならない程度に少しだけさわりを紹介していきます。

【アンチ・ライフ】の見所

【アンチ・ライフ】の見所は、最強アクションスターのブルース・ウィリスと「ミスト」のトーマス・ジェーンが共演。

2人の息の合ったアクションとウイットに富んだやり取りに思わずニヤリ。

【アンチ・ライフ】のストーリー(あらすじ)

西暦2242年、滅亡の危機に瀕した地球。

元軍人と現役兵士によって管理された宇宙船に何とか潜り込んだノアは、クレイのもとで働くことに。

そんななか、船内で殺人事件が発生する。

だが、それはどう見ても人の手によるものではなかった…。

【アンチ・ライフ】のキャスト・スタッフの過去作品

【監督】
ジョン・スーツ
<主な作品>
・アンチ・ライフ

【脚本】
エドワード・ドレイク
<主な作品>
・アンチ・ライフ

【脚本・製作】
コーリー・ラージ
<主な作品>
・アンチ・ライフ

【製作】
ダニー・ロス
<主な作品>
・アンチ・ライフ

【音楽】
スコット・グラスゴウ
<主な作品>
・アンチ・ライフ

【出演】
(ノア役)
コディ・カースリー
<主な作品>
・アンチ・ライフ

(クレイ役)
ブルース・ウィリス
<主な作品>
・アンチ・ライフ

(アダムス提督役)
トーマス・ジェーン
<主な作品>
・アンチ・ライフ

(チェンバース役)
レイチェル・ニコルズ
<主な作品>
・アンチ・ライフ

(ヘイリー役)
カッサンドラ・クレメンティ
<主な作品>
・アンチ・ライフ

(ブルー役)
ジョニー・メスナー
<主な作品>
・アンチ・ライフ

(リンカーン役)
コーリー・ラージ
<主な作品>
・アンチ・ライフ

(ティーク役)
カラン・マルヴェイ
<主な作品>
・アンチ・ライフ

(スタンリー司令官役)
ティモシー・V・マーフィ
<主な作品>
・アンチ・ライフ

ヨハン・アーブ
<主な作品>
・アンチ・ライフ

【アンチ・ライフ】の作品詳細

【原題】BREACH/ANTI-LIFE
【制作国】アメリカ
【制作年】2020年
【ジャンル】SFアクションスリラー、サスペンス

6.映画【アンチ・ライフ】の世間の感想・口コミ・評価は?(ネタバレあり)

【1週間レンタル10円でもスルーしていい駄作】
2021.1.19 字幕 TOHOシネマズ二条

2020年のカナダ映画
地球を脱出した宇宙船内で未知の生物が発生し襲われるSFパニック映画
監督はジョン・スーツ
脚本はエドワード・ドレイク&コーリー・ラージ

原題は『Breach』、「侵害」「道徳違反」「仲違い」などの意味

物語は地球を飛び立とうとする最後の宇宙船「ヘラクレス」に乗り込もうとするノア・コラル(コディ・カースリー)とその恋人ヘイリー・アダムス(カサンドラ・クレメンティ)が描かれて始まる

疫病が蔓延した地球は人類が住める場所ではなく、ニューアースに移住を計画していた

だが渡航できる人数には制限があり、疫病の陽性者は船に乗ることができない

そんな中、ヘラクレスの提督アダムス(トーマス・ジェーン)の娘であるヘイリーはノアを何とか乗せようと画策する

そして案内人とともに船に侵入するのであった

船は量子エネルギーでハイパージャンプをする機能を持ち、その航行に3年を要する距離にニューアースはあった

そしてその船にうまく乗り込んだ二人は、それぞれの未来とお腹の中の子どものために新天地を目指すのである

物語はヘラクレス船内において不審な行動をする男(のちにティーク(カラン・マルヴィイ)と判明)が何かを持ち込んで起動させる様子が描かれる

そしてカプセル内にある黒い液体は外に出て、人類を襲うという「SF密室型パニック」のあるある展開をそのまま行くという流れになっている

提督やヘイリーなどがコールドスリープに入る中、ノアは船内の掃除係として時を過ごす

そんな彼と同じ職務を与えられたのが元軍人のクレイ(ブルース・ウィルス)であり、彼は秘密裏に船内で酒を醸造していた

その成分に使われているのが劇薬のモクサセルであり、これが「誰でもわかるほどに」エイリアンに有効な武器として再登場するのであった

映画の出来は語るに及ばず、正直なところ「2020年に製作されたとは思えないほどの低質なクオリティ」であり、褒めるところが皆無の映画である

映画が始まって15分ぐらいで「最後大体どうなるかわかる」ほどシナリオが稚拙で真新しさが一切なく、「この映画のオリジナルと呼ばれる要素」がほとんど存在しない

エイリアンの造形、戦い方、人類が感じる恐怖感、打開策、オチに至るまで「これまでの映画で見たものばかり」である

批判覚悟で言うならば、「ハリウッドの80年代ぐらいのエイリアンパニックに傾倒した大学生がノリで作った自主制作映画」と言う印象である

B級もしくはC級映画ハンター以外にはオススメできる要素がなく、アマプラ特典でもスルーしても良いくらいの内容である

ぶっちゃけ、ブルース・ウィルスが出ていなければ日本で公開されたとは思えないので、そう言った意味では貴重な体験かもしれません

いずれにせよ、開始15分ぐらいでノアがいつの間にか船に乗りこめていた時点からツッコミどころしかない映画で、違った意味で楽しめた映画であった

SF的な考証はほぼゼロで、下手にウイルスパンデミックの地球を捨てると言う「このご時世で作ったらあかん映画」でもあるので誰かと語ることも憚れる気がする

日本語タイトルが『アンチ・ライフ』で、原題が『Breach』

ブラックジョークにもならないので、キッパリとやめておいた方が良いと進言しておきます

【ある意味貴重な作品】
多分、疫病で地球がヤバい状況で銀河系の居住可能な星々に移住していく。その星、ニューアースに向かっていく宇宙船の中で謎の生物が宇宙船内で静かに活動し、クルーを恐怖のどん底に叩き込む~、的なストーリーですが、
既視感満載のストーリー
→南極のやつとか人間にガンガン寄生して食い尽くすアレとかソレとか・・・
現代映画とも思えない80年代SF映画のような映像クオリティ
→クリアさがなくて終始ボヤッとした感じでカラーなのに色を感じさせないセピアっぽさで正直認識しにくい
セットが舞台演劇か?のようなベニヤとかダンボール感溢れる安っぽさ
→その作りでは宇宙で活動できないのでは?
→クリーチャーが70年代レベルで懐かしさを感じる
臨場感のない音響
→フロント音響が強すぎて恐怖感演出が出来ていない

というぐらい唖然とする映画でした。ラストも凡庸かつズッコケました。
唖然を通り越して乾いた笑いしか出てこないある意味貴重な映画です。
いや~、ブルース・ウィリスはよく受けたよなあこの作品。多分、ラジー賞を総なめしそうな、いや、ラジー賞取らないとラジー賞の価値ないわ。

怖いもの見たさマニア、B/C級映画マニアに強くお勧めします。

【B級SF映画】
B級SF映画でした・・・
最初、宇宙船が航行するシーンで「んっ?」と思ったのですが、登場人物は重厚感のあるキャラクター達だったので気のせいかと思って観ていましたが、物語が進むにつれて雑なつくりが見えてきて、真ん中辺りで確信に変わりました。
ラストもチープ。

【原題には二重の意味が…】
いきなりすみません―原題:breachのひとつ目の意味は本作のエイリアン?がやって来たと語られる“(時空の)裂け目”もう一つは、RをLに変えた“bleach”(漂白洗剤)であります。

ニコラス・ケージと共に此処十年仕事を選ばなくなったブルース・ウィリスが顔見世出演しているー“エイリアンもどきSFスプラッター”のC級作品で、汚染した地球から新しい星に移住する宇宙船内に紛れ込んでいたエイリアンと治安部隊との戦いを描いてゆきます。
SFとは言っても、宇宙船の模型が時々映る以外は船内での活劇となっていますし、エイリアンに執り憑かれた者も基本的にゾンビ化するだけのお手軽スプラッターメイクとなっています。
武器も殆どが普通の銃と火炎放射器なのであまりSF的な感覚がしない作品で、クライマックスの(デビルマンのジンメンの様な)ゾンビ全員集合体で漸く盛り上がる?趣向となっています。
ラストの“落ち”まで杜撰な脚本の作品でブルース・ウィリスに釣られて見に行くとしょぼい&既視感ありありのC級スプラッターに脱力する映画ですが、ヒロインのレイチェル・ニコルズは一見の価値のある美女ですよ♡

ねたばれ?
もしかして元ネタは「オズの魔法使い」!(液を掛けられて溶ける描写がそっくり!)

【話が貧弱で矛盾だらけ】
予告編を見て『ライフ』(2017年)の焼き直しの気もしたが、題名のアンチ・ライフ(反生命)とは何か期待し、ブルース・ウィリス主演のSF映画なので派手なアクションも期待して見た。
まず、地球に未知のウイルスが蔓延し、富裕層が宇宙船で地球を脱出する話はよくあるが、現在のコロナ禍を連想させ、それなりに良かった。宇宙船内は人工重力があるらしいが、その説明は全くない。宇宙船が量子ジャンプするほど科学が進歩しているので、人工重力は常識なのか?その量子ジャンプやリアクターの説明も全くないのも、常識なの?
さて、この寄生生物はティークが持ち込んだと自白するが、その理由が「人類は死を待つだけなので持ち込んだ」は全く理解できない。さらに寄生生物の正体は、宇宙生命ではなく、人工生命でもなく、前からいた生物とは、全く訳が分からない。
最初に寄生されたシェイデイの体が爆発するが、その後に爆発する人間はいない。2人目に寄生されたブルーは触手の様な物に襲われていたが、どのように寄生されたか分からない。その後、寄生された者の口から長い舌のような物が伸びて人間を襲う場面はあるが、寄生する肝心な場面がないので寄生の仕方が分からない。その後、沢山の寄生された者が出現するが、寄生され方が分からないので信憑性がない。
チェンバースがブルーの死体を解剖して体の中に手を突っ込む場面は、寄生生物に手を噛まれるのではとヒヤヒヤしたが、体の中はドロドロで寄生生物はいなかった。寄生生物はどこに行ったの?
医務室に運ばれた3人のように、寄生された人間は最初に死んでから生き返るのかと思ったら、その後に一旦死ぬ者はいない。3人は死んだふりだったの?何のため?
強力洗浄剤モクサセルは、机や寄生された人間まで溶かすが、そんな恐ろしい液体を素手で扱って良いの?容器は溶けないの?酒に入れて飲んで良いの?寄生された人間への武器になる事をもっと早く気づけ。でも、火炎放射器で燃やしたら、効果はなくなるのでは?アダムス提督が武装した兵隊を寄生人間退治に向かわせるが、銃は効果ないとなぜノアが教えないの?
リアクターに寄生された人々が飛び込むが、リアクターの燃料って何なの?人工冬眠しているアダムス提督のカプセルを無理やりこじ開けて、中の人間に影響ないの?寄生された人間のバラバラ死体が集まって来る場面は不気味だが、合体してできた怪物の造形が余りにお粗末で、笑ってしまった。
ニュー・アースにも寄生人間がいたが、誰が寄生生物を持ち込んだの?さらに超巨大な合体怪物がいて、ノアが「焼き尽くす」と向かうが、燃料は持つの?その前に恋人を守らなくてはと思うのだが。
邦題の『アンチ・ライフ(ANTI-LIFE)』が原題だと思ったら、原題は『BREACH』で「違反・侵害・突破」だったのも意外。アンチ・ライフ(反生命)って何だったの?
ホラー映画のはずなのに、全く怖くない。コメディとして笑っていいのかも分からない。ストリーが貧弱で、矛盾だらけで、これほど酷い映画は久しぶりに見た気がする。

【引用:Yahoo映画「アンチ・ライフ」

7.「【アンチ・ライフ】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」まとめ

【アンチ・ライフ】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法まとめ

「【アンチ・ライフ】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」について解説してきました。

いかがだったでしょうか?

結論:映画【アンチ・ライフ】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録でもらえる600円分のポイントで無料視聴が可能!

ズバリ!映画【アンチ・ライフ】をイッキ見する方法は、動画配信サービスの無料お試し期間を上手に活用することがポイントなのです。

昨今、一気に注目度が上がった動画配信サービスをまだ試していないならもったいないです。

現在、私が実際に映画・海外ドラマ・韓国ドラマをキレイな映像で楽しんでいる動画配信サービスは「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

特に、映画や海外ドラマがどの動画配信サービスよりも充実している「U-NEXT(ユーネクスト)」が私的にはNo.1の動画配信サービスと言っても過言ではありません。

さらに、海外の人気シリーズドラマや韓国ドラマ・映画、アニメ・キッズ作品も充実しているので、個人的にも楽しめて、さらにお子さんやご家族で充実した動画配信ライフを過ごせるサービスなのでオススメです。

今すぐ、あなたのスマホ(スマートフォン)・パソコン(PC)・タブレットや大画面のテレビで、映画【アンチ・ライフ】を安全に視聴できます!

映画【アンチ・ライフ】が気になっていた、映画館で観ることができなかった、テレビ放送を見逃してしまった、DVDやBlue-ray を購入するのもちょっと、レンタルショップで借りに行くのが面倒な方にピッタリなのが動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の活用です。

まだ、映画や海外ドラマ好きで動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の無料体験を試していないなら、映画【アンチ・ライフ】の視聴をきっかけに試してみてはいかがでしょうか?

もちろん無理強いはしません。

映画・海外ドラマ好きの中でも利用者急増中の動画配信サービスこそ「U-NEXT(ユーネクスト)」!!

▼今すぐ体験しちゃおう♪▼

U-NEXT
>>>さっそく、最新作から旧作まで映画が充実している動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料トライアルはコチラ

U-NEXT(ユーネクスト)のお試し無料期間をうまく活用して、映画【アンチ・ライフ】の動画をイッキ見してしまいましょう。

本ページの情報は2021年4月21日時点のものです。

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況・料金・キャンペーン等は、各公式サイト「U-NEXT(ユーネクスト)」「dTV」「hulu」「FOD PREMIUM」「ビデオマーケット」「Amazonプライムビデオ」「TELASA(テラサ)」「Netflix(ネットフリックス)」「TSUTAYA(ツタヤ)」「GEO(ゲオ)」「WATCHA(ウォッチャ)」にてご確認くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました