【青い鳥】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス比較情報・おすすめ10選を早見一覧表でまとめてわかる

【青い鳥】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス比較情報・おすすめ10選を早見一覧表でまとめてわかる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法
【出典:U-NEXT「青い鳥」

映画「青い鳥」を無料で見る方法はあるの?

この疑問をズバリ解決しましょう!!

映画【青い鳥】をDailymotion・pandora等の違法サイトではなく、公式の動画配信サービス(VOD)で安心して無料視聴できる方法を調査しました。

いきなり『結論』から言いますと、

結論:映画【青い鳥】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

本記事は、「【青い鳥】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス比較情報・おすすめ10選を早見一覧表でまとめてわかる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」について、わかりやすく解説しているので、映画視聴の参考にしてもらえれば嬉しいです。

本記事を読むメリット!
・映画【青い鳥】の動画を無料視聴できる方法がわかる。
・映画【青い鳥】の動画を安全で確実に視聴できる。
・映画【青い鳥】以外の気になる海外ドラマや話題の国内映画・韓国ドラマも視聴できる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトで探す手間がなくなる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトからウイルス感染することがなくなる。
・わざわざレンタルショップに借りに行く必要がなくなる。
・借りたDVD・Blue-rayの返却忘れで延長料金を払う必要がなくなる。
・いつでもどこでも簡単に動画が視聴できるようになる。
・映画や海外ドラマに最適な動画配信サービスがわかる。

そこで、本記事では、

■映画【青い鳥】の動画を配信している動画配信サービスが一覧で紹介!
■映画【青い鳥】の動画を無料視聴でイッキ見する方法!
■映画【青い鳥】のネタバレにならない程度のあらすじを紹介!
■映画【青い鳥】のキャスト・スタッフが出演している他作品を紹介!
■映画・海外ドラマの視聴に最適な動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を紹介!
■映画・海外ドラマを視聴するときによく比較される動画配信サービス5社を紹介!
■動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向を紹介!
■最新作から旧作まで思う存分に映画・海外ドラマを楽しめる最適な動画配信サービスNo.1を紹介!

など、上記の内容について徹底的にまとめています。

※0円で動画配信サービスをお試し視聴スタートできる方法
最近は、映画・ドラマ・アニメを動画配信サービス(VOD)が増えている中で、見放題作品が豊富なのに、初回利用なら31日間もお試し視聴できちゃう動画配信サービスを試していないなら損してますよ。
U-NEXT(ユーネクスト)は、31日間も無料体験があるので、無料トライアル期間中を思う存分、映画・ドラマ・アニメなどをいつでもどこでも楽しめるんですよね。
>>>U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料体験はこちら

では、「【青い鳥】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス比較情報・おすすめ10選を早見一覧表でまとめてわかる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」について詳しく解説していきます。

1. 映画【青い鳥】が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?

映画【青い鳥】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?
映画【青い鳥】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)は、次の早見一覧表にまとめました。

※横幅がはみ出している部分は「横スクロール」して見てくださいね。

動画配信サービス見放題PPV(課金/ポイント制)お試し無料期間月額料金(税込)
U-NEXTx31日間2,189円
dTVxx31日間550円
huluxx2週間1,026円
FOD PREMIUMxx2週間976円
ビデオマーケットxx1ヶ月間プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:1,078円
TSUTAYA TVxx30日間1,026円
Amazonプライムビデオxx30日間月額:500円
年間:4,900円(月額408円相当)
Netflixxx30日間ベーシック:880円
スタンダード:1,320円
プレミアム:1,980円
TELASA(テラサ)xx15日間618円
WATCHA(ウォッチャ)xx1ヶ月間ベーシックプラン:869円
プレミアムプラン:1,320円

上記の動画配信サービス会社から配信されているかどうかの確認については、【見放題配信:○】【課金配信:●】【配信なし:×】で表記しております。

見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の違いは?

動画配信サービス(VOD)には、見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の動画作品がありますので、この機会に違いについて知っておきましょう。

区分内容
見放題追加料金なしで視聴できる。
レンタル(PPV・課金・ポイント制)都度課金が必要で視聴期限がある。

2.映画【青い鳥】のDVD・Blue-rayレンタル開始日はいつから?

大手2社のTSUTAYA(ツタヤ)とGEO(ゲオ)の映画【青い鳥】のDVD・Blue-rayレンタルが開始されているか調べた結果は、次のようになっています。

レンタルショップ宅配/レンタル状況
TSUTAYA(ツタヤ)
GEO(ゲオ)

3.映画【青い鳥】のDVD・Blue-ray販売状況と開始日はいつから?

Amazon | 青い鳥 [DVD] | 映画
阿部寛, 本郷奏多, 伊藤歩, 中西健二 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

4.映画【青い鳥】のフル動画で無料視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!

映画【青い鳥】の動画をフル視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!
U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録することで、誰でも無料で簡単に『31日間』思う存分、映画【青い鳥】をフル視聴で楽しむことができるのです。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をなんとなくは目にしていたけれど、登録することを迷っていたり、解約手続きが面倒で躊躇していたなら、絶対もったいない時間を過ごしています。

なぜなら、U-NEXT(ユーネクスト)の「31日間無料トライアル」を試すのに、登録時間はたったの3分で、映画【青い鳥】の動画がすぐに視聴することができます。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は、登録から31日以内に解約すれば「月額料金」は一切かかりません。

さらに、U-NEXT(ユーネクスト)の解約手続きもたったの1分で完了してしまうのです。

さっそく、公式サイトで詳しく確認はコチラ>>>【青い鳥】

「U-NEXT(ユーネクスト)」を登録する前は、私もあなたと同じで『U-NEXT(ユーネクスト)の登録や解約手続きを知って納得していない!』と登録はできないですよね。

そこで、「U-NEXT(ユーネクスト)」の登録と解約手続きを画像付きで紹介しているので、必ず確認してくださいね!

5.映画【青い鳥】の見所・ストーリー(あらすじ)・出演の俳優と女優は?

【青い鳥】は、うまくしゃべれない教師と傷を抱えた生徒たちによる静かで温かな再生の物語!

【青い鳥】の見所とストーリー(あらすじ)について、ネタバレにならない程度に少しだけさわりを紹介していきます。

【青い鳥】の見所

【青い鳥】の見所は、原作は重松清の人気短編小説。

主人公の教師を演じた阿部寛の子供達を無条件に優しく見詰めるまなざしに引き込まれる。

思春期の少年を演じた本郷奏多の繊細な演技にも注目!

【青い鳥】のストーリー(あらすじ)

前学期、いじめられていた男子生徒・野口が起こした自殺未遂で東ヶ丘中学校は大きく揺れていた。

そんな2年1組に臨時教師・村内が着任するが、吃音の彼の挨拶に生徒たちは驚く。

うまくしゃべれない村内は、その分“本気の言葉”で生徒たちと向かいあい…。

【青い鳥】のキャスト・スタッフの過去作品

【監督】
中西健二
<主な作品>
・青い鳥

【原作】
重松清
<主な作品>
・青い鳥

【脚本】
飯田健三郎
<主な作品>
・青い鳥

長谷川康夫
<主な作品>
・青い鳥

【製作】
川城和実
<主な作品>
・青い鳥

遠藤義明
<主な作品>
・青い鳥

【音楽】
まきちゃんぐ
<主な作品>
・青い鳥

【出演】
(村内先生役)
阿部寛
<主な作品>
・青い鳥

(園部真一役)
本郷奏多
<主な作品>
・青い鳥

(島崎先生役)
伊藤歩
<主な作品>
・青い鳥

(石野先生役)
井上肇
<主な作品>
・青い鳥

(宮崎先生役)
重松収
<主な作品>
・青い鳥

(小泉先生役)
岸博之
<主な作品>
・青い鳥

大谷尚輝
<主な作品>
・青い鳥

三浦萌
<主な作品>
・青い鳥

丸藤雄也
<主な作品>
・青い鳥

水嶋奈津希
<主な作品>
・青い鳥

宮崎悠里
<主な作品>
・青い鳥

水嶋瑞希
<主な作品>
・青い鳥

伊藤大翔
<主な作品>
・青い鳥

荒井萌
<主な作品>
・青い鳥

青木柊太
<主な作品>
・青い鳥

道辰洸太
<主な作品>
・青い鳥

山崎和也
<主な作品>
・青い鳥

堀田実那
<主な作品>
・青い鳥

沼沢千遥
<主な作品>
・青い鳥

河神将平
<主な作品>
・青い鳥

小幡彩花
<主な作品>
・青い鳥

尾林優樹
<主な作品>
・青い鳥

森桜子
<主な作品>
・青い鳥

鈴木達也
<主な作品>
・青い鳥

高田里穂
<主な作品>
・青い鳥

田中大河
<主な作品>
・青い鳥

小泉拓哉
<主な作品>
・青い鳥

篠原愛実
<主な作品>
・青い鳥

吉田佑
<主な作品>
・青い鳥

永易亜季子
<主な作品>
・青い鳥

仲原聖子
<主な作品>
・青い鳥

太賀
<主な作品>
・青い鳥

高橋和希
<主な作品>
・青い鳥

内田早香
<主な作品>
・青い鳥

【青い鳥】の作品詳細

【原題】青い鳥
【制作国】日本
【制作年】2008年
【ジャンル】ヒューマンドラマ

6.映画【青い鳥】の世間の感想や口コミ評価は?(ネタバレあり)

【「青い鳥」は、どこへ消えた?】
まず初めに申し上げておきます。
私はかつて、「いじめられた」人間です。
暴力でも、言葉でも、散々痛めつけられたことのある者です。
死ななかったのは、幸運だった。

その私から観た、実直な感想を述べさせて頂きます。
誰が何と言って批判しようとも、本作は稀有の傑作です。

これが理解出来ないのであれば、むしろあなたの心が腐りかかっている
のだと言わざるを得ない。若くして自殺する者を弔う意味でも、
ご覧頂きたい。見えないフリは、もう辞めて、現実を直視して下さい。
決して「傍観者」になってはいけない。

本作を観る上で、重要となる「キー」は以下をご覧下さい。

1.学校の取り組み

いじめが原因で、自殺未遂者を出してしまった2年1組。
学校は、様々な対策に取り組みます。

・「青い鳥BOX」(投函箱)
・「反省文」(5枚以上)
・「相手を思いやる心」という貼り紙

ですが、体裁だけで中身がない。現実とは、こんなものです。

2.吃音

高橋先生の代理として、村内先生が就任します。
彼は吃音の持ち主です。自己紹介の一節が、胸に沁みる。

「先生は…どもります。あんまり上手にしゃべれません。
でも、本気でしゃべります。
だから、みんなも本気で聞いて下さい。

本気の言葉を、本気で聞くのは当たり前のことです。
みんなはそれが出来なかったから、先生はここに来ました」

本気で叫んで、助けを求めるものに対し無関心を装って、
通り過ぎる、冷たい世相を痛烈に批判している。

3.挨拶

村内先生は、「野口くん」の机と椅子を、教室に戻します。
そして誰も座らぬその席に、毎朝「野口君、おはよう」と
挨拶をするのです。

心ない生徒が、その机を外に持ち出しても、彼は大雨の中を探し回り、
びしょぬれになってまで、その席を教室に持ち戻るのです。

4.悪意

いじめられた野口君は、地獄の苦しみを味わいました。
ですが、いじめた方には、悲しいかな、自覚がない。

「だって、あいつも笑ってたじゃないか」

いじめっ子の井上君の言葉です。無神経だとは思いますが、
残念ながら、これが現実です。悪意がないというのは恐ろしい。
自分で自分の心を傷つけながら、心は出血しているのに、
モルヒネで麻痺をさせて、深刻な痛みに気づかないようなものです。

5.反省文

「枚数は5枚以上書きなさい」
「先生が合格と言うまで書き直しなさい」

こんな制約下にあって、悪意もないのに、どうやって彼らは反省する
のだろう。そんな「偽り」の反省文を村内先生は燃やすのです。

6.船

劇中、校長先生と思しき人物が、学校を船にたとえます。
そして、野口君は自ら船を降りたのだと話すのです。

それに村内先生が反論する、一節。

「野口君は、絶対に船を降りたくなかった」

正義を、ここまで堂々と述べる彼の度量。権力に屈しない勇気。
重要なのは「反論」しなければ、正義は踏み潰され、黙視されると
いうことです。

7.遺書と手紙

野口君の遺書に記された、3つの名前。これが誰か?
本作の、重要な鍵です。ラストで、本当にその通りだと思いました。

それと、村内先生の授業で「反省文」を志望者だけ書き直してよいと
する授業があります。この時の、園田君のタイトルが重要。
あるべき形に変化します。劇場でご覧下さい。

8.いじめって?

「人を踏みにじって苦しめたり、
苦しんでいる声を聞こうとしないのがいじめなんだ」

村内先生の言葉は的を得ています。特に後者は人事ではない。

9.メッセージ

「強くなんかならなくて、いいんだ
人なんて、みんな弱いんだから
だから、本気で頑張るんだ」

村内先生から、園田くんへの言葉です。
この点だけは、私は異論を唱えます。

「強くなければ、生き残れない
強くなければ、人に優しく出来ない

だって、弱ければ権力に負けて、人に危害を加えることに
加担してしまうかもしれない

正義を正義と叫ぶ勇気がなければ、綺麗ごとで終わる
それでは、到底生きてゆけない」

最後に。人の痛みがわかる人になってもらいたい。
「ありがとう」と「ごめんなさい」が素直に言える人であって欲しい。
人の苦しみを「傍観」するのではなく、「手を差し伸べる」ことが
出来る人間になって欲しい。

私は、いじめられた人の名前も、顔も忘れました。
けれども、かつていじめられていた子を救えなかったことは、
きっと墓場まで持っていくんだと思います。

「傍観者」も「いじめ」をする者と、同罪です。

「青い鳥」は…「人間の(心の)幸福」は…
一体どこへ、消えた?

【本気の言葉は本気で聞くこと。頑張らないと】
重松清の『青い鳥』の表題作を映画化。監督は本作がデビューの中西健二。

テーマは「欠点を含めてその人の個性を尊重すること。そして、本気の言葉は本気で聞かなくてはいけない。これは頑張らないと出来ないことなんだ」かな。

【あらすじ】(冒頭10分程度)
東ヶ丘中学の新学期、臨時教師の村内が2年1組の教壇に付いた。彼は挨拶したが極度の吃音だったので生徒たちは苦笑した。名簿で出席をチェックした。そして言った。「忘れるなんて、ひきょうだな」。片付けられた野口君の机を再び教室に戻させた。そして声を掛けた。「野口君、お早う」クラスの皆は凍りついた。野口君は前学期にイジメられて自殺未遂して転校したのだ。

【トピックス】
その一 なぜ吃音の臨時教師なのか
吃音で言っていることがよく分からない。国語の教師は失格じゃないのか。だから臨時教師なのかと思った。しかし、イジメが発生した学校に特命教師として教育委員会から派遣されてきたと思える節がある。

例えば、「本気の言葉が分からないみんなだから、先生はここに来ました」というセリフ、さらに野口君の机を元に戻したことでPTAからの苦情があり、校長・教頭をはじめ教職員が話し合い、その机を撤去するように指示されても「机は必要」と拒否できたことからも、この件に強い権限があると推察される。

村内先生は子供のときから吃音でイジメられたであろうと想像できる。しかし、穏やかで優しい物腰や強い意志に驚く。この人の存在自体がイジメの体験者であり、イジメに耐えてきた姿なのだ。イジメられる者は、先生なら分かってくれるかもしれないと相談したくなる。

その二 学校のイジメ対策は体裁だけ
学校が取り組んでいる様々なイジメ対策、青い鳥の投書箱やポスターなど体裁だけだ。生活指導の先生は投書箱にイジメ情報が入っているかが問題であり他は関係ない。「青い鳥って何?」「人を嫌うのもイジメなの?」等の生徒達の素直な問も無視する。

しかし、村内先生は5枚以上の制約で強制的に何度も書き直された「反省文」をアッサリと燃やしてしまう。この断固とした態度が生徒に押し付けている対策への痛烈な批判であるとともに、無理やり書かされた生徒たちの気持ちを代弁して実に気持ちいい。

その三 村内先生のしたこと
村内先生は“いじめ”について説明する。「人を踏みにじって苦しめたり、苦しんで叫んでいる声を聞こうとしないのがいじめなんだ」(明快な答えだ)

園部「これは罰ですか」
村内「責任だ」「野口君はこの学校にいたかったんだ。野口君は一生忘れないだろう。君たちが野口君にしたことを忘れるなんて卑怯じゃないか。君たちは忘れてはいけないんだ。それが“責任をとる”ということだ」

園部「どうすれば、野口君は帰ってきてくれますか・・・。」と泣きながら聞いた。
村内「その気持ちも忘れるな」(つまり、今のその涙と苦しみこそが後悔であり反省なのだ)

村内先生は、1ヶ月間、野口君の席に挨拶を続けて、クラスの全員に野口君へのイジメの責任を自覚させた。そして、最後の授業の日に、反省文を書き直したい人は書くようにと促した。

全員ではないが、責任を感じた者は、野口君のことを忘れるためにではなく、忘れないために原稿用紙を手にした。これが村内先生が教育したことだった。園田君が“反省文”というタイトルを書き直すシーンは、まさに感動のシーンだ。

その四 強くなんかならなくていいんだとは(原作にはない)
村内先生が「強くなんかならなくていいんだ。みんな弱いんだから。だから、本気で頑張るんだ」という。“人は強くなければ人に優しくできない”はずなのに、意味を推察した。

人はいくら強くなっても、上回る厳しい事態になれば逃げる弱い存在だ。だから優先順位は“強くなること”が先じゃなくて、逃げないで勇気を出してイジメに対して“本気で頑張る”ことが大切なのだ。また、強さを優先して求めることは、感覚が鈍くなり面の皮が厚くなると言いたいのかも。

その五 阿部寛さんが 扮する 村内先生
阿部寛さんは、気は優しくて不器用な男の役が良く似合う。今回の役はまさにハマリ役だ。大きな目で優しく見つめるだけで説得力があった。原作のイメージとは違うが村内先生らしさに溢れていた。

~~~

原作も素晴らしいが、中西健二監督のアレンジによりさらに映画の出来が素晴らしい。追加されたエピソードにより感動が膨れ上がった。この作品は絶賛され全国展開、ロングランになると思う。イジメに対して頑張ろうという気持ちを与えてくれます。ぜひ観ていただきたい作品です。お楽しみに。

【己の心臓の鼓動に向き合わされる】
重い。重苦しい。始まってすぐ自分の心臓の鼓動が大きくなっているのに気づいて、鉛をぶちこまれたような、異様な105分間でした。こういう状況の人におすすめとか、エンターテイメントとは無縁のものだと思いますし、一般公開されること自体関係者各位へ拍手、それほど重饒な映画。群青いろの「14歳」と双璧です。

というわけで僕のレビューも重苦しくなるぞ…と宣言しといて(笑)、「ゴンからの手紙」さんのレビューがきっと役立ちますから、そちらからぜひ~。

さて、表面的なお話は簡単です。

舞台はいじめによる自殺未遂があった東ヶ丘中学校の2年1組。担任が心労で休職、かわりに新学期から赴任したのが村内先生(阿部寛さん)。いじめ主犯格と噂される井上武志(太賀くん)と梅田光太郎(鈴木達也くん)がいて、日頃目立つ言動はないものの一度だけいじめたのを後悔する園部真一(本郷奏多くん)がいて、有形無形で加担していたクラスメイトがいる。先学期末学校挙げて反省に取りくみ、新しい中学校を作ろうと掛け声あがるなか、村内は問題を蒸し返すように、いじめられた生徒の机を教室に持ち込みます。「おはよう、野口くん。」と毎朝。

それからはご想像のとおり、真の反省<のようなもの>に至る過程を描きます。

しかし、実社会からいじめの消えないように、何が原因なのか、何が反省なのか、もはや問題の在りかすら不明瞭な題材に本作は手を出してしまった。園部くんが思い詰めて叫ぶ

「他人を嫌いになるのはいじめですか?それとも個人の自由ですか?」

哲学です。答えなんてないっちゃね。
じゃあこの映画何やってんの?というと、なんとなくポイントをふたつ挙げてみます。なんとなくかよ。

第一にこの映画、うわべのコトバを信頼していません。
頁の少ない台本だと思います。主人公格の村内・園部の台詞は井上らより目立ちません。でも明らかに、喋らない場面にこそ、意味もたせようとする演出でした。最たる例が<反省>という語の扱い。村内以外の教師や生徒、保護者も事件以来<反省>を重ねてきたらしい。やれ「5枚以上反省文を書いた」「教師全員で反省文にチェック入れた」。なのに新学期、別のいじめの芽がありました。じゃあ<反省>って、<後悔>って?―コトバにすれば表面的な表現の空回りに堕ちること、村内先生は知っていたようです。

そこで映像表現、映画の独壇場です。村内の目、発言後の時間、廊下側に席取る園部の目線の行方、喉の鳴るさま、緊張の鼓動、観ている僕が押し黙るほどの重さでフィルムを回し続ける。村内は吃音だし、いじめのとき野口くんは笑っていたそうです。さも、うわべの口ぶりに隠れたものを見ろといわんばかりに。

音響の入れ方(省きかた)もリアルでした。むかしクラスで先生に怒られたときの教室の雰囲気、シーンとした空気、覚えていませんか?あれです、あれ。この映画は、コトバ以外の何かが、何よりも物事を推し進める力であることを思い起こさせます。コントまがいの(それでいて心に響く文句ひとつない)言語劇映画全盛の邦画界ですから、リスクだらけの企画だったはず。よくぞ公開までもってきました。あー、また上から目線になってしまった(笑)。

第二に、園部を生徒側描写の中心にしたこと、意外であり感心しました。
普通のいじめ映画なら、井上や梅田をもってくるはずです。キャラ立ちしてて、遺書に名指しされたふたりだから。一方園部は、その他大勢のひとり的なポジション。集団心理に巻き取られ、みんなが動くまで決して動かないけど、コトバ以前の想いをフツフツさせている14歳の男の子。

も一度皆さんの学校時代を思い出していただくと、おそらく、大半の人が園部くん、その他大勢の位置だったのでは。<ふつう>の子どもたちのなかで自殺未遂が起きたこと、そのとき<ふつう>の子はどうするのか、そんなこと考えた挙句の人物設定なのでしょうか。「大人はみんな、十四歳だった」が本作の宣伝文句なのですが、「みんな」の部分がキモだと思わされました。

この映画は問題を、象徴の梅田や井上に丸投げせず、<園部>≒僕らのものとして考えさせようとしたのかな。じゃあそのあとどうするか、というのが結末に生徒のとった行動なのでしょう。

中西健二監督、演出に時間かけています。阿部寛さんは教室のドアを屈んで…背たけぇ!ではなく、本郷くんとの無言の交錯、これが映画のすべてでした。初監督作でこの完成度とくりゃ次、どんな題材をどう描くか楽しみです。

具体的にどれこれの良いという類ではなく、とにかく観ないと始まらない映画でしょう。
いまや貴重な経験かもしれませんね、ドリンク手にとる暇もないほどの鼓動。

ゴンさん「…あんた飲み物持ち込んでないでしょ!」
かん「すんません、トイレで水しこたま飲みました」

【今でも引きずる思い。】
自分は誰に近い目線で鑑賞することになるだろう・・
そういう自問自答から始まり、多少の覚悟を持って本作を鑑賞。

鑑賞される方の観るスタンスによって、感想も違ってくるんだろうな、と思う。
私自身、遠い記憶の過去を思い返してみる。

クラスではそこそこ友達もいてごく普通に学校生活を過ごしていた。
ただ、中学生位の頃の自分の位置づけは、今思い返してももなかなか複雑だった。

明らかにクラスで仲間外れにされている子がいれば、
目の前でそれを放っておくこともできず、私は自分から声をかける。
相手は自分に好意を持ってくれ、やがて仲良しになる。

すると、中にはそれを面白くないように思う人間もいる訳で、
やがて私自身にも嫌がらせを仕掛けようとする輩が現れた。

まぁ、幸いにして私はそんなことお構いなくだったから、
その嫌がらせも長くは続かなかったけど。

ある日仲の良い友人が、一つ上の先輩に呼び出された。
しばらくして彼女は、髪の毛から制服までびしょぬれになって戻ってきた。

それがいわゆる“いじめ”であると気付いた私は、そのままその上級生のいる教室へ乗り込み、
友人がされたことと同じ事をその先輩にやり返した。

“目には目を”。
いつだって私はそういうスタンスだ。

後になって冷静になって考えると、それも立派な“いじめ”だったのだろうか。
勿論、その時は自分の行ったそれを『正義』を振りかざしてみたつもりだったけど。
誰かを傷つけた事には違いない。

それでも、それらはすべて自分自身納得してやってきた事。
だから、今となってはさほど心に残ってはいないのだ。

前置きが長くなったけど、この映画『青い鳥』

この映画の中で、一人の少年がクラスメイト達のイジメにあっていたという過去がある。
具体的に、どんな風にイジメられていたのかは最小限にしか出てこない。

クラスメイト一人一人が、この少年に対し一体どのふるまいがイジメのそれに当たるのか・・
それをあいまいに描いている。

その事がかえって、この映画を見る者一人一人の中に眠る記憶を
静かに呼び起させるのだろう。

大人になった今でも、どうしても心の片隅に残って消えない苦い思い出がある。

小学生の頃、先生に目の敵にされていた男の子がいた。

宿題を忘れた子なんて他にいくらでもいたのに、先生はいつもその子ばかりをしかり飛ばす。
クラス全員の前でその生徒を殴り倒す先生。

今思えば、あれはかなり問題のある教師だったという事は解る。
だけど当時小学生だった私達は、そんな異常なまでに執着した一人の生徒に対するそのいじめを、
ただ椅子に座ったまま見ていることしかできなかった。

その男の子は、まるで先生からちょこっとからかわれているだけかの様に、
殴られてもいつもへらへらと笑っていて、それを見て私たちも半分面白がっていたところがあった。

誰も彼をかばうでもなく。先生に反論するでもなく。

思うのは、その時ただの傍観者と化していた私たちクラスメイト全員が
園部くんであり、井上くんや梅田くんでもあったということ。

村内先生のように、“上手く話せない”人や、
野口君のように“へらへらとしてみせる”ことでしか自分を表現できない人がいる。

今からもう20年以上も前の後悔の気持が、一気に私の中に押し寄せてきたシーンだった。

本当に申し訳ないと想う事なんて、
テストの模範解答の様な反省文なんか書いたって無駄なこと。

すべてはその後の自分自身の行動で決まるんだ。
反省の度合いも、次への教訓も。

そして私自身、あの頃の体験を経て、そのまんま大人になったような気がします。

【「強さ」より「本気さ」を求めているのでは】
いつも的確なレビューを投稿して鑑賞の参考にさせていただいている《ガーディアンさん》のレビューでの問いかけにのってみました。拙文ですがご勘弁を。

村内先生の答え
「強くなんて、ならなくていいんだ」
“青い鳥”会議で園部君が意を決して発言した言葉を村内先生は見事に否定しました。村内先生が過去に経験した過ちを園部君に繰り返してもらいたくなかったのでしょう。“強く”なろうとするから、本気で考えた結論を出す前に行動する、そんな直情的な行動を戒めたかったからこその「強くなんて、ならなくていいんだ」であるような気がします。何事も本気で向き合い、人の気持ちを慮るだけ、それだけで人は自然に「強く」なれるということ。内面から強くなれよ、ということを言おうとしたのではないでしょうか。

《ガーディアンさん》が評価の低い点数をつける理由もわかります。『ブタがいた教室』のように本当にあった話ではなく、あくまでもフィクション、小説での話しに熱くなっても仕方ないのですが、村内先生の行動によりいじめっこが絶えられなくなって自殺する可能性だってある訳です。教頭先生の保守的な姿勢が必ずしも間違っているとは言えません。こんな陰鬱な先生が居るわけないでしょ、という不満も持つでしょう。でも、ごくせんも川藤先生(byルーキーズ)も金八先生もドラマの中では存在します。この点は少し我慢して鑑賞しましょう。

中学生は500円で観れるようにして彼らに何かを感じさせたい狙いのようですが、本来は受験時の身なりで合不合格を決定したことを理由に、高校建て直しの実績のある校長先生を即時更迭させた“卑怯な”神奈川県のクソ教育委員会の連中や、事件が起こったあとにマスコミ、教育委員会対策が目的で5枚以上の添削だらけの反省文を書かせようとする教職員や、更にはモンスターペアレンツと呼ばれる非常識な大人達に500円で観て欲しい。あくまでもフィクションだから、こんな解決方法などあり得ない事だけど、ほんの少しでも心に残ることがあると思う。生徒の気持ちを想像してあげられることが出来ると思う。親だって強くなる必要はない、本気で向き合うことだ。

重松清原作としてはベストムービー。短編をよくぞここまで書き上げた脚本家に感謝。重松作品大傑作『流星ワゴン』の映画化が企画の段階でつぶれ、渾身の一作『疾走』がジャニーズ系の起用が裏目に出て商品としては不出来(あくまでも私見)。今年に入って、様々な重松作品が映画化されているが、小説自体は『疾走』を最後に心揺さぶる作品が書けていない様な気がします。昔の岡山県か、今の多摩ニュータウンの2パターン。『なぎさの媚薬』が新しい重松ワールドを開いてくれましたが、文芸ものは雑になっていますよね。映画化で楽しみなのは『いとしのヒナゴン』、上手く纏まれば面白い映像になるでしょう。

14歳の娘を持つ親だからこそ満点評価。音楽もベストです。
なお、この作品に感銘を受けた方は宮台真司氏の近著『14歳からの社会学』必読です。

【引用:Yahoo映画「青い鳥」

7.Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトは危険!

・Dailymotion(デイリーモーション)
・pandora(パンドラ)
・anitube(アニチューブ)

上記サイトの動画は違法にアップロードされている動画投稿サイトです。

これらの動画をダウンロードすることも違法となります。

ダウンロードと同時に自分の知らないうちにデータがアップロードされるケースもあり非常に危険なのです。

ウィルス感染の恐れもありますので、ダウンロード後や動画視聴後に後悔するはめになります。

上記、公的機関や法律相談所でも明記されてます。

利用後に、余計な心配の必要がない、しっかりとした動画配信サービス(VOD)で見ることが、結局、安心でお得なのです。

8.映画・海外ドラマにおすすめの動画配信サービス人気ランキング【ベスト5】

動画配信サービスの人気ランキング【ベスト5】
【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)
【ランキングNo.2】dTV
【ランキングNo.3】hulu
【ランキングNo.4】FOD PREMIUM
【ランキングNo.5】ビデオマーケット

【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)

韓流LP

U-NEXTの特徴

U-NEXTの魅力とは?
・見放題動画が220,000本以上で新作も視聴可能!
・韓国ドラマ(韓流)やアジアドラマが400作品以上で見放題!
・K-POPやバラエティ作品もあり!
・雑誌114誌以上の最新号が読み放題!
・アダルト動画も豊富!
・月額料金は比較的高い!
・NHKオンデマンドも視聴可能(別料金)!
オススメ度★★★★★
月額料金(税込)2,189円
1日あたりの料金(税込)72.9円
作品数240,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>U-NEXT「31日間無料トライアル」

【ランキングNo.2】dTV

パイレーツオブカリビアン

dTVの特徴

dTVの魅力とは?
・格安料金で韓国ドラマの人気作品を見放題を楽しめる!
・作品数12万作品以上(カラオケタイトルを含む)
・ミュージックビデオやカラオケに対応
・dTVのオリジナルドラマ(元BeeTV)を視聴できる!
・月額料金が安い!
・レンタルサービスあり!
・動画をダウンロードできる!
オススメ度★★★★☆
月額料金(税込)550円
1日あたりの料金(税込)18.3円
作品数120,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>dTV「初回31日間無料」

【ランキングNo.3】hulu

韓流バナー

huluの特徴

Huluの魅力とは?
・低価格にも関わらず動画作品数70,000本以上!
・すべての作品がフルHD画質に対応!
・韓国ドラマ(韓流)など海外ドラマやオリジナルドラマ、限定配信が豊富!
・ハリウッドの人気映画やhulu独占配信の映画も視聴できる!
・視聴できる機器がスマホ以外も対応!
・幅広い支払い方法が用意されている!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)1,026円
1日あたりの料金(税込)34.2円
作品数70,000本以上
無料期間2週間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>hulu「2週間の無料トライアル」

【ランキングNo.4】FOD PREMIUM

FOD PREMIUM

FOD PREMIUMの特徴

FOD PREMIUMの魅力とは?
・フジテレビで放送中のドラマや過去の番組を独占配信しているので視聴できる。
・150誌以上の雑誌の最新号が読み放題!
・20万冊以上の漫画が電子書籍で読める!
・毎月もらえる1300ポイントで電子書籍などが買える!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)976円
1日あたりの料金(税込)32.5円
作品数60,000本以上
無料期間1ヶ月間

【ランキングNo.5】ビデオマーケット

ビデオマーケットの特徴

ビデオマーケットの魅力とは?
・作品数が圧倒的にナンバー1(24万作品以上)
・新作ドラマのレンタルが安い!
・ドラマの全話レンタルやポイントバックの割引で安い!
・新作レンタル&見放題コースもある!
・韓国ドラマ(韓流)作品が1,100本以上と豊富!
・毎月540ポイント付与!
・作品検索が便利!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:1,078円
1日あたりの料金(税込)プレミアムコース:18.3円
プレミアム&見放題コース:35.9円
作品数240,000本以上
無料期間1ヶ月間
【無料VOD情報】アダルト・エロ動画を家族にもバレずに3万本以上が見放題でフル視聴できる方法
【子育てパパ必見】家族にもバレずに3万本以上のアダルト動画が見放題でフル視聴できる方法をご紹介します。エロ動画を安心して高画質で見れて、話題の映画・ドラマ・アニメが家族も楽しめる動画配信サービスをまとめて解説しています。

9.映画・海外(韓国)ドラマ視聴におすすめ動画配信サービス5社の比較まとめ

映画・海外(韓国)ドラマを見るのにおすすめ動画配信サービスを気になる項目ごとに比較一覧表でまとめて解説していきます。

人気動画配信サービス5社の映画・海外(韓国)ドラマ作品数を比較

動画配信サービス作品数月額料金(税込)お試し無料期間
U-NEXT240,000本以上2,198円31日間
dTV120,000本以上550円31日間
hulu70,000本以上1,026円2週間
FOD PREMIUM60,000本以上976円2週間
ビデオマーケット240,000本以上550〜1,078円1ヶ月間

(作品数は各動画配信サービスで常時変動します。2021年12月調査時点のデータ)

人気動画配信サービス5社の動画配信ジャンル別比較

動画配信サービス国内ドラマ海外ドラマ韓国ドラマ(アジア)オリジナルor限定配信
U-NEXT
dTV
hulu
FOD PREMIUM
ビデオマーケットx

人気動画配信サービス5社の月額料金比較

動画配信サービス月額料金(税込)1日あたりの料金(税込)
U-NEXT2,189円72.9円
dTV550円18.3円
hulu1,026円34.2円
FOD PREMIUM976円32.5円
ビデオマーケット550〜1,078円18.3〜35.9円

人気動画配信サービス5社の特典比較

動画配信サービスお試し無料期間特典
U-NEXT31日間・毎月1200ポイントもらえる。

・ポイントを使って有料の動画や電子書籍(コミック)に使える。

・追加料金なしで同時視聴が4台まで可能(子供や家族と共有できる)

dTV31日間・ポイントがもらえるキャンペーンをたまに開催
hulu2週間なし
FOD PREMIUM2週間・毎月1200ポイントもらえる(※毎月8の付く日「8日、18日、28日」にFOD PREMIUM会員限定で400ポイントがもらえる)

・電子書籍を購入するたびにポイントを20%還元

ビデオマーケット1ヶ月間・毎月540ポイントもらえる

もっと詳しく、動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)の比較を知りたい方のために、次の記事にてまとめているので、この機会にチェックしておきましょう!

【動画配信サービスどこがいい?】本当に満足できるVOD動画配信サービスの選び方を徹底比較検証!<最新版2020年>
「【動画配信サービス比較検証2020年最新版】動画配信サービスどこがいい?本当に満足できる動画配信サービスを徹底解説!」について、わかりやすく解説しているので、あなたにぴったりの動画配信サービス選びの参考にしてもらえれば嬉しいです。

10.動画配信サービスを利用している人の気になる動向!

動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向!
ほとんどのスマホ対応の動画配信サービスの登録者は見たい動画だけを視聴して、すぐに解約してしまいます。

しかし、「見たい動画を見終わったら解約!」って、実はとてももったいないことをしています。

特に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録してから31日間【青い鳥】だけではなく、話題のドラマや映画、アニメなど、多くの作品が「無料視聴できる!」ので楽しまないと損しているのですよ。

実際に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録することを決めた際は、とことん様々な作品を見ないのであれば、登録をオススメできません!

動画配信サービスを利用している人の気になる動向!
【出典:U-NEXTの公式サイト 】

U-NEXT(ユーネクスト)は、「登録から31日以内に解約!」してしまえば、映画以外の海外ドラマ・国内ドラマやアニメ・バラエティ番組など、豊富なジャンルの見放題作を無料で楽しむことができるのです。

しかし、映画【青い鳥】の動画が「いつまでU-NEXT(ユーネクスト)の配信対象になっているのか?」はわからないので、今すぐ登録して、映画【青い鳥】の動画だけは見逃さないで視聴することがオススメです。

無料期間を利用して、映画【青い鳥】の動画をまずは一気に見てしまいましょう!

とはいえ、映画【青い鳥】をU-NEXT(ユーネクスト)で見るかどうかは、好きにしてもらって構いません。

登録から31日以内なら、いつでもどこでも無料で、映画【青い鳥】を視聴できます。

さらに、たったの1分で簡単に解約できるので安心して試すせるのが「U-NEXT(ユーネクスト)」の魅力ともいえます。

11.U-NEXTの動画をテレビで見る方法は?

U-NEXTの動画をストリーミングデバイスからテレビに接続して見る方法が便利です。

ストリーミングデバイスを簡単に言うと、テレビのHDMI端子に「ストリーミングデバイス機器」をつなげるだけで、様々な動画アプリが使えるようになります。

U-NEXTに対応している「ストリーミングデバイス機器」には、次の3種類があります。

U-NEXT TV
Chromecast
Amazon Fire TV

それぞれストリーミングデバイス機器ごとに特徴があります。

しかし、購入後後悔しないのが『Amazon Fire TV』を選んでおいて間違いありません。

『Amazon Fire TV』がおすすめの理由について、解説していきます。

「U-NEXT TV」は、価格10,780円(税込)の割に対応アプリがU-NEXT関連のものとYouTubeだけなため利便性に欠けていると思いました。

「Chormecast」は、一端末で完結しないキャスト専用端末で、スマホやタブレットで再生したものをテレビに出力するものになっています。

「Chromecast」の方が便利だという人もいますが、実際に使った感想としては、一端末で完結していたほうが簡単で分かりやすと思いました。

上記の理由から「Amazon Fire TV」がテレビでU-NEXTを見るのに、一番最適だと思いました。

created by Rinker
Amazon
¥6,980(2021/04/14 23:20:44時点 Amazon調べ-詳細)
「Amazon Fire TV」は、価格面を見ると4,980円〜と決して安いものではありません。

しかし、「Amazon Fire TV」には、性能面で画質・音質ともに他のストリーミングデバイス機器に比べて優秀なので、動画をストレスなく楽しめます。

また、ストリーミングデバイス機器は長く使えるので、最初だから試しに安い機器を購入した後に、低品質の動画を見ることにつながります。

動画の画質が悪いからといって、何度もストリーミングデバイス機器を買い換えるとなると、いつの間にか「Amazon Fire TV」よりお金がかかっていたことに気づきます。

そこで、最初のストリーミングデバイス機器から「Amazon Fire TV」を選んでおいたほうがお得だったのではと気づきます。

12.「【青い鳥】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス比較情報・おすすめ10選を早見一覧表でまとめてわかる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」まとめ

【青い鳥】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス比較情報・おすすめ10選を早見一覧表でまとめてわかる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法まとめ

「【青い鳥】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス比較情報・おすすめ10選を早見一覧表でまとめてわかる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」について解説してきました。

いかがだったでしょうか?

結論:映画【青い鳥】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

ズバリ!映画【青い鳥】をイッキ見する方法は、動画配信サービスの無料お試し期間を上手に活用することがポイントなのです。

昨年から一気に注目度が上がった動画配信サービスをまだ試していないならもったいないです。

現在、私が実際に映画・海外ドラマ・韓国ドラマをキレイな映像で楽しんでいる動画配信サービスは「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

特に、映画や海外ドラマがどの動画配信サービスよりも充実している「U-NEXT(ユーネクスト)」が私的にはNo.1の動画配信サービスと言っても過言ではありません。

さらに、海外の人気シリーズドラマや韓国ドラマ・映画、アニメ・キッズ作品も充実しているので、個人的にも楽しめて、さらにお子さんやご家族で充実した動画配信ライフを過ごせるサービスなのでオススメです。

今すぐ、あなたのスマホ(スマートフォン)・パソコン(PC)・タブレットや大画面のテレビで、映画【青い鳥】を安全に視聴できます!

映画【青い鳥】が気になっていた、映画館で観ることができなかった、テレビ放送を見逃してしまった、DVDやBlue-ray を購入するのもちょっと、レンタルショップで借りに行くのが面倒な方にピッタリなのが動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の活用です。

まだ、映画や海外ドラマ好きで動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の無料体験を試していないなら、映画【青い鳥】の視聴をきっかけに試してみてはいかがでしょうか?

もちろん無理強いはしません。

映画・海外ドラマ好きの中でも利用者急増中の動画配信サービスこそ「U-NEXT(ユーネクスト)」!!

▼今すぐ体験しちゃおう♪▼

U-NEXT
>>>さっそく、最新作から旧作まで映画が充実している動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料トライアルはコチラ

U-NEXT(ユーネクスト)のお試し無料期間をうまく活用して、映画【青い鳥】の動画をイッキ見してしまいましょう。

本ページの情報は2022年1月2日時点のものです。

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況・料金・キャンペーン等は各公式サイト「U-NEXT(ユーネクスト)」「dTV」「hulu」「FOD PREMIUM」「ビデオマーケット」「Amazonプライムビデオ」「Netflix(ネットフリックス)」「TELASA(テラサ)」「WATCHA(ウォッチャ)」「TSUTAYA(ツタヤ)」「GEO(ゲオ)」にてご確認くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

もし「解決した!」「納得できた!」「参考になった!」と思ってくれたら、SNS(Twitter・Facebook)で拡散していただければ、とても嬉しいです。

気になる動画配信サービス【WATCHA】初回無料体験!
詳細はコチラ
気になる動画配信サービス【WATCHA】初回無料体験!
詳細はコチラ