【或る殺人】映画の2021年5月おすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法

【或る殺人】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法
【出典:U-NEXT「或る殺人」

映画「或る殺人」を無料で見る方法はあるの?

この疑問をズバリ解決しましょう!!

映画【或る殺人】の日本語吹替版・字幕版も含めて、Dailymotion・pandora等の違法サイトではなく公式の動画配信サービス(VOD)で安心して無料視聴できる方法を調査しました。

いきなり『結論』から言いますと、

結論:映画【或る殺人】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

本記事は、「【或る殺人】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」について、わかりやすく解説しているので、映画視聴の参考にしてもらえれば嬉しいです。

本記事を読むメリット!
・映画【或る殺人】の動画を無料視聴できる方法がわかる。
・映画【或る殺人】の動画を安全で確実に視聴できる。
・映画【或る殺人】以外の気になる海外ドラマや話題の国内映画・韓国ドラマも視聴できる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトで探す手間がなくなる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトからウイルス感染することがなくなる。
・わざわざレンタルショップに借りに行く必要がなくなる。
・借りたDVD・Blue-rayの返却忘れで延長料金を払う必要がなくなる。
・いつでもどこでも簡単に動画が視聴できるようになる。
・映画や海外ドラマに最適な動画配信サービスがわかる。

そこで、本記事では、

■映画【或る殺人】の動画を配信している動画配信サービスが一覧で紹介!
■映画【或る殺人】の動画を無料視聴でイッキ見する方法!
■映画【或る殺人】のネタバレにならない程度のあらすじを紹介!
■映画【或る殺人】のキャスト・スタッフが出演している他作品を紹介!

など、上記の内容について徹底的にまとめています。

※0円の動画配信サービスでお試し視聴できる方法
最近は、映画・ドラマ・アニメを動画配信サービス(VOD)が増えている中で、見放題作品が豊富なのに、初回利用なら31日間もお試し視聴できちゃう動画配信サービスを試していないなら損してますよ。
U-NEXT(ユーネクスト)は、31日間も無料体験があるので、無料トライアル期間中を思う存分、映画・ドラマ・アニメなどをいつでもどこでも楽しめるんですよね。
>>>U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料体験はこちら

では、「【或る殺人】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」について詳しく解説していきます。

1.映画【或る殺人】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド) はどこ?

映画【或る殺人】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド) はどこ?
映画【或る殺人】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)は、次の一覧表にまとめました。

※横幅がはみ出している部分は「横スクロール」して見てくださいね。

動画配信サービス見放題PPV(課金/ポイント制)お試し無料期間月額料金(税込)
U-NEXTx31日間2,189円
dTVxx31日間550円
huluxx2週間1,026円
FOD PREMIUMxx2週間976円
ビデオマーケットx1ヶ月間プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:1,078円
TSUTAYA TVx30日間1,026円
Amazonプライムビデオx30日間月額:500円
年間:4,900円(月額408円相当)
Netflixxx30日間ベーシック:880円
スタンダード:1,320円
プレミアム:1,980円
TELASA(テラサ)xx15日間618円
WATCHA(ウォッチャ)xx1ヶ月間ベーシックプラン:869円
プレミアムプラン:1,320円

上記の動画配信サービス会社から配信されているかどうかの確認については、【見放題配信:○】【課金配信:●】【配信なし:×】で表記しております。

見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の違いは?

動画配信サービス(VOD)には、見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の動画作品がありますので、この機会に違いについて知っておきましょう。

区分内容
見放題追加料金なしで視聴できる。
レンタル(PPV・課金・ポイント制)都度課金が必要で視聴期限がある。

2.映画【或る殺人】のDVD・Blue-rayレンタル開始日はいつから?

大手2社のTSUTAYA(ツタヤ)とGEO(ゲオ)の映画【或る殺人】のDVD・Blue-rayレンタルが開始されているか調べた結果は、次のようになっています。

レンタルショップ宅配/レンタル状況
TSUTAYA(ツタヤ)
GEO(ゲオ)

3.映画【或る殺人】のDVD・Blue-ray販売状況と開始日はいつから?

Amazon | 或る殺人 [DVD] | 映画
ジェームズ・スチュワート, ジョージ・C・スコット, リー・レミック, ベン・ギャザラ, オットー・プレミンジャー 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

4.映画【或る殺人】のフル動画で無料視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!

映画【或る殺人】の動画をフル視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!
U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録することで、誰でも無料で簡単に『31日間』思う存分、映画【或る殺人】をフル視聴で楽しむことができるのです。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をなんとなくは目にしていたけれど、登録することを迷っていたり、解約手続きが面倒で躊躇していたなら、絶対もったいない時間を過ごしています。

なぜなら、U-NEXT(ユーネクスト)の「31日間無料トライアル」を試すのに、登録時間はたったの3分で、映画【或る殺人】の動画がすぐに視聴することができます。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は、登録から31日以内に解約すれば「月額料金」は一切かかりません。

さらに、U-NEXT(ユーネクスト)の解約手続きもたったの1分で完了してしまうのです。

さっそく、公式サイトで詳しく確認はコチラ>>>【或る殺人】

「U-NEXT(ユーネクスト)」を登録する前は、私もあなたと同じで『U-NEXT(ユーネクスト)の登録や解約手続きを知って納得していない!』と登録はできないですよね。

そこで、「U-NEXT(ユーネクスト)」の登録と解約手続きを画像付きで紹介しているので、必ず確認してくださいね!

5.映画【或る殺人】の見所・ストーリー(あらすじ)・出演の俳優と女優は?

【或る殺人】は、妻をレイプした男を射殺した陸軍将校をめぐり、弁護士と検事が火花を散らすサスペンスドラマ!

【或る殺人】の見所とストーリー(あらすじ)について、ネタバレにならない程度に少しだけさわりを紹介していきます。

【或る殺人】の見所

【或る殺人】の見所は、ロバート・トレイバーの原作を『めまい』の ジェームズ・スチュワート主演で映画化。

オットー・プレミンジャー監督の手腕が光るウィットの効いた法廷シーンは必見!

【或る殺人】のストーリー(あらすじ)

元ミシガン州検事のビーグラーはある日、ローラという女性からレイプ犯を射殺した夫を弁護してほしいと依頼される。

親友の弁護士・パーネルの勧めもあり、ビーグラーは依頼を引き受けるが、検察は射殺されたバーニーとローラが不倫関係にあったと主張する。

【或る殺人】のキャスト・スタッフの過去作品

【監督・製作】
オットー・プレミンジャー
<主な作品>
・或る殺人

【原作】
ロバート・トレイバー
<主な作品>
・或る殺人

【脚本】
ウェンデル・メイズ
<主な作品>
・或る殺人

【音楽】
デューク・エリントン
<主な作品>
・或る殺人

【出演】
(ビーグラー役)
ジェームズ・スチュワート
<主な作品>
・或る殺人

(ローラ役)
リー・レミック
<主な作品>
・或る殺人

(マニオン役)
ベン・ギャザラ
<主な作品>
・或る殺人

(ダンサー役)
ジョージ・C・スコット
<主な作品>
・或る殺人

アーサー・オコンネル
<主な作品>
・或る殺人

キャスリン・グラント
<主な作品>
・或る殺人

ジョセフ・N・ウェルチ
<主な作品>
・或る殺人

イヴ・アーデン
<主な作品>
・或る殺人

オーソン・ビーン
<主な作品>
・或る殺人

【或る殺人】の作品詳細

【原題】ANATOMY OF A MURDER
【制作国】アメリカ
【制作年】1959年
【ジャンル】サスペンスドラマ

6.映画【或る殺人】の世間の感想・口コミ・評価は?(ネタバレあり)

【消化不良・・・】
夫が自分の妻をレイプした男を殺してしまう、という事件の法廷モノ。

弁護側(J・スチュアート)と検察側(G・C・スコット)の法廷内でのやりとりが見もの。

このやりとりも、事件真相を暴くというより、裁判での有利な進め方を重視してしている感じです。

ただ、観ているほうにも真実が分からない。

妻(L・レミック)は遊び好きの男好き。

夫(B・ギャザラ)はやや短気で嫉妬深く妻にも暴力を振るう。

実際、和姦かも・・・、裁判員になったら判断難しいな・・・なんて思いなから、結構引き込まれて観てしまうのですが、上映時間が160分と長いだけにラストまで真相不明というのは余計消化不良になる。

そしてこの夫婦、結審後トンズラしてしまうのですがその理由が洒落ている。

【あれ?そのまんまじゃないか・・・】
弁護士ポール・ビーグラー(ジェームズ・スチュワート)は、妻ローラを暴行した腹いせにバーの店主バーニーを殺害した陸軍中尉の夫マニオンの弁護を担当する・・・。

どんでん返しでもあるのかと思って期待してたけど、案外普通に終わってしまったのが残念。

でも、弁護士ビーグラーと検事ダンサー(ジョージ・C・スコット)の演技合戦は見もの。

序盤はほとんど発言しないダンサーだが、パートナーの主検事に横から呟く一言が法廷内の空気に影響を与える。

後半になると、補助検事ダンサーは理路整然、毅然とした態度でビーグラーや証言者たちを追い詰めていく。

終盤、バーの女店員が放った一言には鳥肌立ちそうになった。

『あぁ決まった。一発KOだ。』

【再現シーンがない法廷映画】
1959年。オットー・プレミンジャー監督。やる気を失って釣りばかりしている弁護士(ジェームズ・スチュワート)のところへ殺人事件の依頼が。妻がレイプされたのに逆上した軍人の夫が相手の男を撃ち殺したという。殺人そのものは間違いないので一時的な錯乱として無罪を狙う弁護士だが、妻や夫の証言の信憑性がなくなっていって、、、という話。争点の誘導から尋問の仕方まで法廷戦術にこだわっています。そしてすごいのは、この法廷では妻が証言するレイプの真相も夫が証言する一時的錯乱もかなりあやしいのですが、それが真実かどうかがまったく問題になっていない。どれだけ言説に説得力があるかだけが決め手になっていることです。説得力は情報量と証拠に宿る。

だから法廷映画には欠かせないといってもいい「再現シーン」がまったくない。途中にないだけではなく最後に決着がついてもない。真相がないのです。むしろラストではこの夫婦に顧問料をもらいにいくと逃げられていたりする(だから余計にかれらの証言は嘘だったのではないかという疑いが募るわけです)。にもかかわらず、弁護士のスチュワートは金欠のくせに困った様子もなく、相棒になった男と仕事ができる喜びをかみしめたりしているのです。映画の冒頭で釣りにハマっていたスチュワート同様、この相棒は酒におぼれていたのだから、この映画は殺人事件の真実追究ではなく、事件を通じてふたりの男が人生の立て直す映画なのです。最初から流れっぱなしのジャズも「やり直す大人」にぴったりはまっています。いい映画です。

【法廷で何を裁く】
スチュアート演じる弁護士ビーグラーは仕事の依頼が少なく、秘書の給与支払いもままならない。

そこへ、起きたばかりの殺人事件の弁護を依頼される。

嫉妬深い軍人の夫、セクシーで奔放な人妻、カウンターに銃を隠していたバーの主、秘密のあるホテル支配人・・・などなど、ひと癖ある人物がたくさんだ。

敏腕検事との法廷での攻防も見ものだが、スチュアートのニヤケ顔が、まじめな法廷で小気味がいい。

監督のプレミンジャーはそれも計算していたのかしら?
とにかく、キャスティングがとてもマッチしている。
そして、法廷のシーンか緩急があり、飽きさせない。

物的証拠が最終的にモノをいうのです。
が、法廷で何を裁いたのだろうか。
それについて首をひねった。

加害者はトレーラーハウスに住んでいる。
当時の軍人の生活についてはよく知らないけれども、トレーラーハウスだ。
ホワイト・トラッシュなのか?と思わせる。

夫のマニオン演じるはベン・ギャザラ。
血の気が多い嫉妬深い夫の役にうってつけだ。

これらの条件を合わせてみても、法廷での欺瞞やタブーに挑もうとした作品といえるのではないか。
なぜなら、検事達は「殺人」にばかり目を向けている。
いや、「殺人」しかみせないようにしている。

物事には原因になる事象があるが、それを無視したいとう法廷。

それが本当に「正義」の番人なのか。
否。
それは明白である。

レイプという言葉を避ける法廷に違和感を感じた。
レイプというものが法廷にはふさわしくないのか。
ガードルをつけない女性は男を挑発しているから、レイプされても仕方ないのか。

当時のレイプに対する人々の考えがよくわかるようだ。
現実、現在もレイプに対する考えについては進歩していないようにも見える・・・。

それについてはさておき。

ラスト。
みなさんは何を感じるのだろうか。
法廷の裁きと生きている人間。
そこの乖離を見るのかも知れない。

【決め手はパンティ!】
劣勢である弁護を時に大げさな演出で、時に相手を自分より敢えて格上と主張し胸を借りるようなやり方で、依頼人を無罪へ導いていく様は爽快。
まさに逆転裁判!
真実と情報を駆け引きで料理しながら応酬する法廷劇は、銃火器の戦闘ものとは違った意味での面白い闘いです。
そして決め手はパンティというユーモラスも欠かさない。

しかし、映画の中の話とは言え、1959年のアメリカで心神喪失の主張により無罪を勝ち取る手法が取られていた事は少々驚きです。
近年の日本の殺人事件での手段と思っていましたが、実は裁判の世界では歴史ある常套手段だったということでしょうか、複雑。

【引用:Yahoo映画「或る殺人」

7.「【或る殺人】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」まとめ

【或る殺人】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法まとめ

「【或る殺人】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」について解説してきました。

いかがだったでしょうか?

結論:映画【或る殺人】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

ズバリ!映画【或る殺人】をイッキ見する方法は、動画配信サービスの無料お試し期間を上手に活用することがポイントなのです。

昨今、一気に注目度が上がった動画配信サービスをまだ試していないならもったいないです。

現在、私が実際に映画・海外ドラマ・韓国ドラマをキレイな映像で楽しんでいる動画配信サービスは「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

特に、映画や海外ドラマがどの動画配信サービスよりも充実している「U-NEXT(ユーネクスト)」が私的にはNo.1の動画配信サービスと言っても過言ではありません。

さらに、海外の人気シリーズドラマや韓国ドラマ・映画、アニメ・キッズ作品も充実しているので、個人的にも楽しめて、さらにお子さんやご家族で充実した動画配信ライフを過ごせるサービスなのでオススメです。

今すぐ、あなたのスマホ(スマートフォン)・パソコン(PC)・タブレットや大画面のテレビで、映画【或る殺人】を安全に視聴できます!

映画【或る殺人】が気になっていた、映画館で観ることができなかった、テレビ放送を見逃してしまった、DVDやBlue-ray を購入するのもちょっと、レンタルショップで借りに行くのが面倒な方にピッタリなのが動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の活用です。

まだ、映画や海外ドラマ好きで動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の無料体験を試していないなら、映画【或る殺人】の視聴をきっかけに試してみてはいかがでしょうか?

もちろん無理強いはしません。

映画・海外ドラマ好きの中でも利用者急増中の動画配信サービスこそ「U-NEXT(ユーネクスト)」!!

▼今すぐ体験しちゃおう♪▼

U-NEXT
>>>さっそく、最新作から旧作まで映画が充実している動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料トライアルはコチラ

U-NEXT(ユーネクスト)のお試し無料期間をうまく活用して、映画【或る殺人】の動画をイッキ見してしまいましょう。

本ページの情報は2021年5月10日時点のものです。

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況・料金・キャンペーン等は、各公式サイト「U-NEXT(ユーネクスト)」「dTV」「hulu」「FOD PREMIUM」「ビデオマーケット」「Amazonプライムビデオ」「TELASA(テラサ)」「Netflix(ネットフリックス)」「TSUTAYA(ツタヤ)」「GEO(ゲオ)」「WATCHA(ウォッチャ)」にてご確認くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

10月ピックアップ動画配信サービス「WATCHA」
公式サイト
10月ピックアップ動画配信サービス「WATCHA」
公式サイト