【桐島、部活やめるってよ】映画の無料動画配信情報|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴する方法

映画「桐島、部活やめるってよ」を無料で見る方法はあるの?

この疑問をズバリ解決しましょう!!

映画【桐島、部活やめるってよ】の日本語吹替版・字幕版も含めて、Dailymotion・pandora等の違法サイトではなく公式の動画配信サービス(VOD)で安心して無料視聴できる方法を調査しました。


【出典:YouTube「桐島、部活やめるってよ」予告編】
いきなり『結論』から言いますと、
結論:映画【桐島、部活やめるってよ】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

本記事は、「【桐島、部活やめるってよ】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?」について、わかりやすく解説しているので、映画視聴の参考にしてもらえれば嬉しいです。

本記事を読むメリット!
・映画【桐島、部活やめるってよ】の動画を無料視聴できる方法がわかる。
・映画【桐島、部活やめるってよ】の動画を安全で確実に視聴できる。
・映画【桐島、部活やめるってよ】以外の気になる海外ドラマや話題の国内映画・韓国ドラマも視聴できる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトで探す手間がなくなる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトからウイルス感染することがなくなる。
・わざわざレンタルショップに借りに行く必要がなくなる。
・借りたDVD・Blue-rayの返却忘れで延長料金を払う必要がなくなる。
・いつでもどこでも簡単に動画が視聴できるようになる。
・映画や海外ドラマに最適な動画配信サービスがわかる。

そこで、本記事では、

■映画【桐島、部活やめるってよ】の動画を配信している動画配信サービスが一覧で紹介!
■映画【桐島、部活やめるってよ】の動画を無料視聴でイッキ見する方法!
■映画【桐島、部活やめるってよ】のネタバレにならない程度のあらすじを紹介!
■映画【桐島、部活やめるってよ】のキャスト・スタッフが出演している他作品を紹介!
■映画・海外ドラマの視聴に最適な動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を紹介!
■映画・海外ドラマを視聴するときによく比較される動画配信サービス5社を紹介!
■動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向を紹介!
■最新作から旧作まで思う存分に映画・海外ドラマを楽しめる最適な動画配信サービスNo.1を紹介!

など、上記の内容について徹底的にまとめています。

では、「【桐島、部活やめるってよ】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?」について詳しく解説していきます。

1. 映画【桐島、部活やめるってよ】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?

映画【桐島、部活やめるってよ】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?
映画【桐島、部活やめるってよ】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)は、次の一覧表にまとめました。

※横幅がはみ出している部分は「横スクロール」して見てくださいね。

動画配信サービス見放題PPV(課金/ポイント制)お試し無料期間月額料金(税込)
U-NEXTx31日間2,189円
dTVxx31日間550円
hulux2週間1,026円
FODプレミアムxx1ヶ月間976円
ビデオマーケットx1ヶ月間プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:980円
TSUTAYA TVx30日間1,026円
Amazonプライムビデオx30日間月額:550円
年間:4,900円(月額408円相当)
Netflixxx30日間ベーシック:880円
スタンダード:1,320円
プレミアム:1,980円

上記の動画配信サービス会社から配信されているかどうかの確認については、【見放題配信:○】【課金配信:●】【配信なし:×】で表記しております。

見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の違いは?

動画配信サービス(VOD)には、見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の動画作品がありますので、この機会に違いについて知っておきましょう。

区分内容
見放題追加料金なしで視聴できる。
レンタル(PPV・課金・ポイント制)都度課金が必要で視聴期限がある。

2.映画【桐島、部活やめるってよ】のDVD・Blue-rayレンタル開始日はいつから?

大手2社のTSUTAYA(ツタヤ)とGEO(ゲオ)の映画【桐島、部活やめるってよ】のDVD・Blue-rayレンタルが開始されているか調べた結果は、次のようになっています。

レンタルショップ宅配/レンタル状況
TSUTAYA(ツタヤ)
GEO(ゲオ)

3.映画【桐島、部活やめるってよ】のDVD・Blue-ray販売状況と開始日はいつから?

Amazon | 桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray] | 映画
神木隆之介, 橋本愛, 大後寿々花, 吉田大八 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

4.映画【桐島、部活やめるってよ】のフル動画で無料視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!

映画【桐島、部活やめるってよ】の動画をフル視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!
U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録することで、誰でも無料で簡単に『31日間』思う存分、映画【桐島、部活やめるってよ】をフル視聴で楽しむことができるのです

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をなんとなくは目にしていたけれど、登録することを迷っていたり、解約手続きが面倒で躊躇していたなら、絶対もったいない時間を過ごしています。

なぜなら、U-NEXT(ユーネクスト)の「31日間無料トライアル」を試すのに、登録時間はたったの3分で、映画【桐島、部活やめるってよ】の動画がすぐに視聴することができます。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は、登録から31日以内に解約すれば「月額料金」は一切かかりません。

さらに、U-NEXT(ユーネクスト)の解約手続きもたったの1分で完了してしまうのです。

さっそく、公式サイトで詳しく確認はコチラ>>>【桐島、部活やめるってよ】

「U-NEXT(ユーネクスト)」を登録する前は、私もあなたと同じで『U-NEXT(ユーネクスト)の登録や解約手続きを知って納得していない!』と登録はできないですよね。

そこで、「U-NEXT(ユーネクスト)」の登録と解約手続きを画像付きで紹介しているので、必ず確認してくださいね!

5.映画【桐島、部活やめるってよ】の見所・ストーリー(あらすじ)・出演の俳優と女優は?


【出典:YouTube「桐島、部活やめるってよ」予告編】
【桐島、部活やめるってよ】は、『「桐島」は決して他人事じゃない!』日本映画界に衝撃を与えた傑作青春ドラマ!

【桐島、部活やめるってよ】の見所とストーリー(あらすじ)について、ネタバレにならない程度に少しだけさわりを紹介していきます。

【桐島、部活やめるってよ】の見所

【桐島、部活やめるってよ】の見所は、ある出来事をめぐって浮き彫りになる高校での複雑な人間模様を、斬新な構成と鋭いせりふで描いた群像劇。

神木隆之介、橋本愛、東出昌大ら注目の若手俳優たちが集結。

【桐島、部活やめるってよ】のストーリー(あらすじ)

バレー部のキャプテンとして活躍し、成績も優秀な高校のスター的存在である桐島が、突然部活を退部して姿を消す。

それまで何の疑問もなく学校生活を送ってきた彼の友人や恋人、バレー部員たちに衝撃が走るなか、彼とは無関係な映画部の面々にも余波が訪れ・・・。

【桐島、部活やめるってよ】のキャスト・スタッフの過去作品

【監督・脚本】
吉田大八
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

【原作】
朝井リョウ
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

【脚本】
喜安浩平
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

【製作】
菅沼直樹
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

弘中謙
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

平井文宏
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

阿佐美弘恭
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

【音楽】
近藤達郎
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

【出演】
(前田涼也[映画部]役)
神木隆之介
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

(東原かすみ[バドミントン部]役)
橋本愛
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

(菊池宏樹[野球部]役)
東出昌大
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

(沢島亜矢[吹奏楽部]役)
大後寿々花
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

(宮部実果[バドミントン部]役)
清水くるみ
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

(梨紗役)
山本美月
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

(沙奈役)
松岡茉優
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

(竜汰役)
落合モトキ
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

(友弘役)
浅香航大
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

(武文[映画部]役)
前野朋哉
<主な作品>
・桐島、部活やめるってよ

【桐島、部活やめるってよ】の作品詳細

【原題】桐島、部活やめるってよ
【制作国】日本
【制作年】2012年
【ジャンル】青春ドラマ

6.映画【桐島、部活やめるってよ】の世間の感想や口コミ評価は?(ネタバレあり)

【ハリウッドよ、これが日本映画だ。】
原作は未読です。ネタバレしてますので、ごらんになっていない方はお気をつけて。

久々に良い邦画を観た。まず驚きなのは、この映画は日テレが幹事で、制作会社も日テレの子会社であったこと。テレビ局映画を否定するつもりはないが、『海猿』のような1パターン映画がヒットする中、テレビ局が作っている映画でもこんなに良い映画がまだあることに安心した。

まずキャスティングが良い。クレジットでは神木、橋本、大後、東出がメイン4人という扱いになってはいるが、その他の高校生たちも素晴らしい。
神木はまだしも皆そんなに演技経験が豊富とは言えないのに、全く違和感を感じることなく観ることができるのは演出が素晴らしかったからだろう。
脚本の段階でそうだったのかわからないが、完全に口語なのがすごい。アドリブのようにも見える全員の台詞回しは、どこにでもある高校そのもので、誰もがその世界にすんなりと入っていける。

話の進め方も良い。それぞれの視点で順番に描くことによって同じ出来事が全く違って観ることができる。それがそれぞれのエゴを浮かび上がらせるのだ。
上辺だけの付き合い、薄っぺらな友情、部活のヒエラルキー。誰もが経験したことのある出来事が少しずつ心をえぐりながら、物語はクライマックスへと進む。

心理描写が足りないと言っている人は、宏樹の後ろで窓の外を眺める沢島の、時が止まったようなカットに淡い恋心を感じなかったのだろうか。見せつけるような明らかに長ったらしいキスシーンに醜い嫉妬を感じなかったのか。こういうのが映画の心理描写であり、小説の心理描写を期待するのであれば、「私はなになにだと思った」と全部ナレーションを足さなければいけない。そんなものは映画ではない。

この映画に意味がないと言っている人は、前田が最後に言っていた「それでも僕らは闘わなくてはいけない。この世界に生きているのだから」という台詞を聞いていなかったのだろうか。桐島というヒーローの突然の不在が巻き起こす不協和音。それでも彼らは生きていかなければならない。最後まで突き放された観客はその意味を考えなければならない。

ヒーロー盛りだくさん映画『アベンジャーズ』のコピー「日本よ、これが映画だ」に対抗して、「ハリウッドよ、これが日本映画だ」というコピーを入れた宣伝に拍手を送りたい。

【この場所で生きるしかないのだから】
違った視点で高校生達の金曜日が繰り返される。次第に明かされる、この余りにも小さな世界の中のヒエラルキー。その力関係と恋慕と友人関係図。

先ずはこの冒頭の構成に一気に引き込まれた。そして一切の説明セリフ無しに描写される関係性と心理描写。羞恥心、屈辱感、優越感、濃淡あるいろんな人間の恋心、戸惑い、情熱・・・圧倒される思いだ。

バレー部のエースで女生徒の憧れの的、県選抜チームに選ばれた桐島は県予選を勝ち抜く原動力だった。彼が突然、部活をやめる。これは、次第にこの高校のヒエラルキーの崩壊を象徴する出来事に変わってゆく。

桐島の彼女という地位にあった梨紗(山本美月)

桐島の親友であり、練習もしないのに試合に出ることを懇願されるスポーツ万能の野球部の菊池宏樹(東出昌大)

菊池宏樹の彼女という立場にしがみつく沙奈(松岡茉優)

菊池宏樹への思いを抑えられない吹奏楽部のキャプテン・沢島亜矢のイタサ全開の切なさ。

かすみ(橋本愛)はバドミントン部の実力者である。帰宅部の軽薄男との関係を隠し、複雑な力関係の中でフリーハンドを保っていた。

かすみの友人でバドミントン部の実果(清水くるみ)は、自分の実力の無さを自覚すると共に密かにかすみを嫉妬し、同じ様に弱いくせに決して諦めないバレー部の風助に好意を抱いている。

かすみに密かな好意を寄せる映画部の涼也(神木隆之介)は、コンプレックスだらけの人物だが、映画への情熱だけは誰にも負けなかった。

力関係の順番に沿って紹介したが、兎に角、出演者全員の演技が自然であり、そのセリフは全てアドリブなのかと思ってしまう程である。

たった5日間程度の出来事を描写しているのに過ぎない。小さな閉じた世界を紹介しているのに過ぎない。それなのに、彼らの一挙手一投足に心を揺さぶられ続けていた。

ホラー映画をこよなく愛する涼也が、何かが飛び出てくる映画を次から次に挙げる。映画「鉄男」を含め、全て知っている私は彼の感性に一番近い。涼也がかすみの彼氏の存在を悟るシーンが痛い。

宏樹が言う。

「将来は映画監督かい?アカデミー賞?」

涼也が答えるセリフが胸を打つ。宏樹に向けられた8ミリのフレーム。顔を歪ませる宏樹。頬を流れる涙。

彼が悟った真実は、彼を変えただろうか?

この場所で生きて戦うしかないのは、見ている人も全員同じだろう。

傑作である。

【目を背けていられた己のアイデンティティ】
本人がいないのに、会話の中心はいつも「桐島」。
自分の世界なのに中心に居るのはいつも「桐島」。
下の人が言っている様に、自分の人生なのに主人公は「桐島」。

「桐島」が居たからこそ成り立っていた部活、ステータス、自信。
「桐島」を通してたから安心でき、目を背けていられた己のアイデンティティ。
「桐島」がいなくなっただけでぐらつく友情。
「桐島」が居なくなって急にのしかかる責任。

社会人で言うとさしずめ、「社長、いなくなったってよ」って事だろう。
信頼してればしてるだけ大問題である。

社会人と違うのは、それがアイデンティティに目覚めたばかりの、
まだ自分一人で立っていられない子達に襲ってきた事である。
急に己と向き合わなければいけなくなった彼らは
「桐島」を言い訳にして逃げたり迷ったり怒ったり目を背けたり。
でもどこにも答えはないのである。
「桐島」の携帯にかけても、そこに己のアイデンティティはない。
耳に聞こえてくるのは桐島への着信音ではなく、かつて好きだった野球の音。

この映画のメインは神木君だが、
「桐島」がいなくなった事でわかりやすく変化していくのは宏樹だった。
(でも神木君の演技は群を抜いていて他が霞むくらい神の領域でダサくて凄かった)
前田と宏樹、決して交わることのない別種の存在の2人が
おだやかに会話する屋上のシーンが良かった。
(その前の生徒会オブザデッドもサイコーだったけど)

前田の「あいつは汚いっていうけどね、それはあいつの主観だし」
なにげないこの一言、意外と効いている。
結局他人から引かれてもバカにされても
自分の好きなものを素晴らしいと思えてる奴は最強なのだ。
自分を持ってる奴は強いのだ。
宏樹の「あ、おれってちっちぇえな、ダセえな」とでもいう様な突然の涙も胸にきた。

学校を「あの頃は狭かった」「狭い世界で生きていた」と皆言うけれど
映画オタク、ファッションリーダー、バレーのエース、音楽好き等
あれほど多種多様な人間が一箇所に集まって生活する場所は、他にはないだろう。

今自分は幸せな事に、夢を叶えて好きな事を仕事にしているが
周りにいるのは自分と同じものが好きな仕事仲間たちであり
もしここで例えばパリコレのオサレな世界に放り込まれたら大変オドオドすると思う。
「学校」とは狭いけど、ものすごく大きな世界だな、と思う。

そういや自分の高校時代の友達たちは
何故かドイツに憧れて、ドイツ語を一人で勉強してた子はドイツ人と国際結婚し
劇団四季に憧れていた子は東京で舞台役者になり
漫画家になりたくて画を描いていた地味な子は夢は破れたがイラストレーターで
学校のマドンナは早々に結婚し二児の母、
好きなものを好きと言い続けた私は好きな事を仕事にしている。

高校で培われるアイデンティティは意外とバカにできない。

話がそれたが、「桐島」がいなくなった日に進路調査票が配られたのは、
「ハイみんな、自分の人生考えようね~っ」の合図だったのだろう。
「桐島」を思って携帯を取り出そうとするとポトリと進路調査票が落ちる。
細かい所がじわりと上手い。

失恋をした、部活が上手くいかない、何をしていいのかわからない・・・けど
「僕らはこの世界で生きていかなければならない」。

「桐島」にすがっていた時間は終わったのだ。

言葉にできない感動を胸に映画館を出ようとしたらポスターが目にとまった。
神木君が覗いているカメラは、もしかしたら桐島って事なのかな。

【原作には無かった 宏樹(東出昌大)の涙☆】
登場人物名を各章のタイトルにしたオムニバス形式の原作を、曜日を章立て、1つの時間帯を(視点を変えて)繰り返し描くスタイルにした本作。

ほとんど映像には写し出されない同級生・桐島を中心に、
友人、恋人、先生、部活仲間が翻弄されていく様を描いた。

吉田大八監督は、場所を変え、時間帯を変え、あらゆる学校の顔を映し出す。

同じシーンを繰り返し映し出す手法は、既視感を煽るとともに、
登場人物の思いを、2重3重に上塗りしていく。

BGMもほとんど用いず、
生徒達のイレギュラーな思惑だけが、緻密にコラージュされていく。

本作を鑑賞した時の第一印象、、、
“目は口ほどに物を言う”

楽器を演奏していても、目だけは好きな男子に向けられていたり、
友達を装っていても、さりげなく目で突き放したり、、、

特に際立ったのは、クラスの中。
離れた席であっても、一直線に並ぶ3人が視線を交錯させるシーンは秀逸。

優れた目線の演技と、席の配置など細かな演出によって、
登場人物の微妙な “心の揺らぎ” を上手く表現している。

本作の主人公は、桐島でもなく、前田(神木隆之介)でもなく、
宏樹(東出昌大)のように見える。

宏樹は、スポーツ万能で、イケメンで、彼女もいるが、
部活は中途半端、彼女との付き合いも楽しそうではなく、日々、なんとなくやり過ごそうとしている。

それでも学校に通って、触れ合い、感化され、考える以上、
どうしても “熱い自分” が “冷めた自分” を追いかけてくる。

本作の登場人物は、皆、心が満たされていない。
届かぬ想いがあり、 コンプレックスがあり、 葛藤があり、、、

充足度を10とするなら、6ほどのインジケーターで描写された、
“青春の息苦しさ” 。

「 俺たちはこの世界で、生きていかなければならないのだから 」

本作のクライマックスを飾るのは、 “本気” が “本物” になった映像☆
作品を覆っていた灰色の迷霧を吹き飛ばしてくれる。

そして、宏樹(東出昌大)の涙。

・プロのスカウトなんて来るはずもないのに、やれるだけの事をやっている野球部の先輩
・映画監督になれなくても、好きな映画と繋がった瞬間を大切にしている同級生

そんな“奴”らが、宏樹を泣かせる。

「 出来る奴は何でもできるし、出来ない“奴”は何にもできない、ってだけの話だろ 」
と言っていた宏樹が、変わる瞬間。

一滴の “ひた向きなインク” をたらされ、心の底でパーッと広がるような、
そんなラスト!

=======
映画のラストシーンで宏樹が桐島に電話するが、原作によると言いたかった事はこう↓
『 大丈夫、お前はやり直せるよ。
お前は俺と違って、本気で立ち向かえるものに、今まで立ち向かってきたんだから、、、 』
変わった宏樹だからこそ、言える言葉。
=======

そして宏樹も、
これからは精一杯、立ち向かっていけるに違いない、、、 そんな余韻。

鑑賞するほどに、味わい深い秀作だと思います☆

【桐島、ハリウッド映画に勝ったってよ】
『アベンジャーズ』の”日本よ、これが映画だ!”にまさかこの映画が”ハリウッドよ、これが邦画だ!”と対抗!

ということで『桐島、部活やめるってよ』です。非常に前評判が高いということもありそれなりに期待して早速観に行ったのですが…まさか『20世紀少年』や数々の超駄作テレビドラマ映画を生み出した日テレ映画がハリウッド娯楽超大作に圧勝するとは。巧みな構成に説明台詞を完全に省いた展開と映画としてのクオリティも非常に高いのですが、それよりも嫌でも中学高校時代の憧れ、絶望、不安、恋煩いを思い出させ、まだ大人になりきれていない不安定な時期を見事なまでに103分に納めているという…観終わったあと『ダークナイト・ライジング』に匹敵するほどの感動と興奮が芽生えたよね。

バレー部キャプテンの桐島は成績優秀スポーツ万能学校一の美女が彼女と完璧なまでのリア充生活を過ごしていた。しかしある日突然桐島はバレー部をやめた…。日本のほとんどの中学校、高校ではクラス内には複数のグループがあり、体育会系の部活でルックスが良く恋人がいたりするグループは上の階級、逆に文化系の部活で不細工でオタクなグループは下の階級に必然的になってしまう。クラス内では自然と格差社会が芽生えてしまうのです。(俗にスクールカーストと呼ばれていたりします)今作は桐島が退部したことによってこれまで均等を保っていたスクールカーストが崩壊し、当たり前だった日常が突如変化桐島の囲む人々を描いた群像劇に仕上がっています。スクールカーストを扱った作品ではガス・ヴァン・サント監督の『エレファント』という作品が有名ですが前半、同じ日の金曜日のある一定の時間までを4回にわたって別々の視点で描いた点は『エレファント』を彷彿とさせ、この4回にわたって金曜日を描いたことによって嫌でも誰かに学生時代の自分と重ね合わせ、誰かに嫌悪感を抱き、誰かに恋をするという。その後時が動きだしてからはそれぞれのドラマが展開されるのですが、「そういやこんなのあったな!」っていう忘れていた記憶が蘇りまくる!パーマにしたら女子に頭を触られたり、クラスの女子を例にしてしょうもない下ネタ話で盛り上がったりサッカーのチーム決めでなかなか選ばれなかったり。そんで羨ましく思えてしまう描写もたくさんあり、とくに映画部の前田が好きな人と偶然映画館(それも超絶なまでにマニアックな映画w)で出会い、ぎこちない映画話で盛り上がる…ニヤニヤしながら観てしまったよね。憧れだけじゃなく逆に絶望も今作では味わえ、それがあまりにも生々しいために観終わった後も結構引きずってしまうという。またスクールカーストを題材としているだけあって個々のグループ内のいつ壊れてもおかしくない不安定な友情劇なんかは観ていてスリルがあったし、一番の重要人物である桐島がスクリーンに一度も登場してこないことでそれぞれのドラマのバランスが安定していました。そんでなんといってもキャストが抜群に良く、前田(映画部)の神木クンは話し方、仕草、走り方とどれをとってもダサく映画の話をする感じなんかも魅力的でそれ故にあの恋模様にドキドキしまくりで、現役女子高生でもある橋本愛ちゃんはどこかグループに馴染めていなく浮いている感じを見事に演じきっていたという!ってか橋本愛ちゃんが一番ゾクッとする女だったよね。そして何といっても吹奏楽部の大後 ちゃんが反則なまでに可愛い!!屋上で一人吹奏楽の練習をしながらもバスケしている好きな男子を何度も何度も目だけチラ見するのは卑怯でしょ!好きにならないわけないでしょ!!ただ桐島の彼女が発言も狙いすぎなんだけど見た目があまりにも古風で…今どきあんなJKいる!?そんで予告編で”日本映画史に残る圧巻のグランドフィナーレ”と謳うクライマックスはそれまで重ねてきたドラマが一気に崩れ落ちるような興奮が芽生え、日テレが製作しているにも関わらず単純明解で先の読める展開に観る前からわかりきった結末といった邦画(とくにテレビ屋映画)の特徴を見事なまでに裏切ったラストだったよね。

全体的に103分という比較的短い上映時間の中に憧れ、絶望、興奮、感動が凝縮された、ハリウッド映画を挑発するだけのある次世代型の邦画の傑作といっても過言じゃないほどの作品です。とりあえずあの吹奏楽部長にホレてしまうこと間違いなしです!まだ年明けまで4ヶ月ほどありますが、この映画を越える邦画は2012年もう登場しないでしょう!オススメです!(10点)

【引用:Yahoo映画「桐島、部活やめるってよ」

7.Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトは危険!

・Dailymotion(デイリーモーション)
・pandora(パンドラ)
・anitube(アニチューブ)

上記サイトの動画は違法にアップロードされている動画投稿サイトです。

これらの動画をダウンロードすることも違法となります。

ダウンロードと同時に自分の知らないうちにデータがアップロードされるケースもあり非常に危険なのです。

ウィルス感染の恐れもありますので、ダウンロード後や動画視聴後に後悔するはめになります。

上記、公的機関や法律相談所でも明記されてます。

利用後に、余計な心配の必要のない、しっかりとした動画配信サービス(VOD)で見ることが、結局、安心でお得なのです。

8.映画・海外ドラマにおすすめの動画配信サービス人気ランキング【ベスト5】

動画配信サービスの人気ランキング【ベスト5】
【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)
【ランキングNo.2】dTV
【ランキングNo.3】hulu
【ランキングNo.4】FODプレミアム
【ランキングNo.5】ビデオマーケット

【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)

韓流LP

U-NEXTの特徴

U-NEXTの魅力とは?
・見放題動画が140,000本以上で新作も視聴可能!
・韓国ドラマ(韓流)やアジアドラマが400作品以上で見放題!
・K-POPやバラエティ作品もあり!
・雑誌70誌の最新号が読み放題!
・アダルト動画も豊富!
・月額料金は比較的高い!
・NHKオンデマンドも視聴可能(別料金)!
オススメ度★★★★★
月額料金(税込)2,189円
1日あたりの料金(税込)64.1円
作品数160,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>U-NEXT

【ランキングNo.2】dTV

パイレーツオブカリビアン

dTVの特徴

dTVの魅力とは?
・格安料金で韓国ドラマの人気作品を見放題を楽しめる!
・作品数12万作品以上(カラオケタイトルを含む)
・ミュージックビデオやカラオケに対応
・dTVのオリジナルドラマ(元BeeTV)を視聴できる!
・月額料金が安い!
・レンタルサービスあり!
・動画をダウンロードできる!
オススメ度★★★★☆
月額料金(税込)550円
1日あたりの料金(税込)16.1円
作品数120,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>dTV

【ランキングNo.3】hulu

韓流バナー

huluの特徴

Huluの魅力とは?
・低価格にも関わらず動画作品数50,000本以上!
・すべての作品がフルHD画質に対応!
・韓国ドラマ(韓流)など海外ドラマやオリジナルドラマ、限定配信が豊富!
・ハリウッドの人気映画やhulu独占配信の映画も視聴できる!
・視聴できる機器がスマホ以外も対応!
・幅広い支払い方法が用意されている!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)1,026円
1日あたりの料金(税込)30円
作品数60,000本以上
無料期間2週間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>2週間の無料トライアル

【ランキングNo.4】FODプレミアム

FODプレミアム

FODプレミアムの特徴

FODプレミアムの魅力とは?
・フジテレビで放送中のドラマや過去の番組を独占配信しているので視聴できる。
・120誌以上の雑誌の最新号が読み放題!
・20万冊以上の漫画が電子書籍で読める!
・毎月もらえる1300ポイントで電子書籍などが買える!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)976円
1日あたりの料金(税込)28.6円
作品数40,000本以上
無料期間1ヶ月間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>FODプレミアム(31日間無料)新規入会

【ランキングNo.5】ビデオマーケット

ビデオマーケットの特徴

ビデオマーケットの魅力とは?
・作品数が圧倒的にナンバー1(20万作品以上)
・新作ドラマのレンタルが安い!
・ドラマの全話レンタルやポイントバックの割引で安い!
・新作レンタル&見放題コースもある!
・韓国ドラマ(韓流)作品が1,100本以上と豊富!
・毎月540ポイント付与!
・作品検索が便利!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:980円
1日あたりの料金(税込)プレミアムコース:16.1円
プレミアム&見放題コース:31.6円
作品数200,000本以上
無料期間1ヶ月間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>ビデオマーケット

9.映画・海外(韓国)ドラマ視聴におすすめ動画配信サービス5社の比較まとめ

映画・海外(韓国)ドラマを見るのにおすすめ動画配信サービスを気になる項目ごとに比較一覧表でまとめて解説していきます。

人気動画配信サービス5社の映画・海外(韓国)ドラマ作品数を比較

動画配信サービス作品数月額料金(税込)お試し無料期間
U-NEXT160,000本以上2,189円31日間
dTV120,000本以上550円31日間
hulu60,000本以上1,026円2週間
FODプレミアム40,000本以上976円1ヶ月間
ビデオマーケット200,000本以上500〜980円1ヶ月間

(作品数は各動画配信サービスで常時変動します。2020年3月調査時点のデータ)

人気動画配信サービス5社の動画配信ジャンル別比較

動画配信サービス国内ドラマ海外ドラマ韓国ドラマ(アジア)オリジナルor限定配信
U-NEXT
dTV
hulu
FODプレミアム
ビデオマーケットx

人気動画配信サービス5社の月額料金比較

動画配信サービス月額料金(税込)1日あたりの料金(税込)
U-NEXT2,189円64.1円
dTV550円16.1円
hulu1,026円30円
FODプレミアム976円28.6円
ビデオマーケット500〜980円16.1〜31.6円

人気動画配信サービス5社の特典比較

動画配信サービスお試し無料期間特典
U-NEXT31日間・毎月1200ポイントもらえる。

・ポイントを使って有料の動画や電子書籍(コミック)に使える。

・追加料金なしで同時視聴が4台まで可能(子供や家族と共有できる)

dTV31日間・ポイントがもらえるキャンペーンをたまに開催
hulu2週間なし
FODプレミアム1ヶ月間・毎月1200ポイントもらえる(※毎月8の付く日「8日、18日、28日」にFODプレミアム会員限定で400ポイントがもらえる)

・電子書籍を購入するたびにポイントを20%還元

ビデオマーケット1ヶ月間・毎月540ポイントもらえる

もっと詳しく、動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)の比較を知りたい方のために、次の記事にてまとめているので、この機会にチェックしておきましょう!

【動画配信サービスどこがいい?】本当に満足できるVOD動画配信サービスの選び方を徹底比較検証!<最新版2020年>
「【動画配信サービス比較検証2020年最新版】動画配信サービスどこがいい?本当に満足できる動画配信サービスを徹底解説!」について、わかりやすく解説しているので、あなたにぴったりの動画配信サービス選びの参考にしてもらえれば嬉しいです。

10.動画配信サービスを利用している人の気になる動向!

動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向!
ほとんどのスマホ対応の動画配信サービスの登録者は見たい動画だけを視聴して、すぐに解約してしまいます。

しかし、「見たい動画を見終わったら解約!」って、実はとてももったいないことをしています。

特に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録してから31日間【桐島、部活やめるってよ】だけではなく、話題のドラマや映画、アニメなど、多くの作品が「無料視聴できる!」ので楽しまないと損しているのですよ。

実際に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録することを決めた際は、とことん様々な作品を見ないのであれば、登録をオススメできません!

動画配信サービスを利用している人の気になる動向!
【出典:U-NEXTの公式サイト 】

U-NEXT(ユーネクスト)は、「登録から31日以内に解約!」してしまえば、映画以外の海外ドラマ・国内ドラマやアニメ・バラエティ番組など、豊富なジャンルの見放題作を無料で楽しむことができるのです。

しかし、映画【桐島、部活やめるってよ】の動画が「いつまでU-NEXT(ユーネクスト)の配信対象になっているのか?」はわからないので、今すぐ登録して、映画【桐島、部活やめるってよ】の動画だけは見逃さないで視聴することがオススメです。

無料期間を利用して、映画【桐島、部活やめるってよ】の動画をまずは一気に見てしまいましょう!

とはいえ、映画【桐島、部活やめるってよ】をU-NEXT(ユーネクスト)で見るかどうかは、好きにしてもらって構いません。

登録から31日以内なら、いつでもどこでも無料で、映画【桐島、部活やめるってよ】を視聴できます。

さらに、たったの1分で簡単に解約できるので安心して試すせるのが「U-NEXT(ユーネクスト)」の魅力ともいえます。

11.U-NEXTの動画をテレビで見る方法は?

U-NEXTの動画をストリーミングデバイスからテレビに接続して見る方法が便利です。

ストリーミングデバイスを簡単に言うと、テレビのHDMI端子に「ストリーミングデバイス機器」をつなげるだけで、様々な動画アプリが使えるようになります。

U-NEXTに対応している「ストリーミングデバイス機器」には、次の3種類があります。

U-NEXT TV
Chromecast
Amazon Fire TV

それぞれストリーミングデバイス機器ごとに特徴があります。

しかし、購入後後悔しないのが『Amazon Fire TV』を選んでおいて間違いありません。

『Amazon Fire TV』がおすすめの理由について、解説していきます。

「U-NEXT TV」は、価格10,780円(税込)の割に対応アプリがU-NEXT関連のものとYouTubeだけなため利便性に欠けていると思いました。

「Chormecast」は、一端末で完結しないキャスト専用端末で、スマホやタブレットで再生したものをテレビに出力するものになっています。

「Chromecast」の方が便利だという人もいますが、実際に使った感想としては、一端末で完結していたほうが簡単で分かりやすと思いました。

上記の理由から「Amazon Fire TV」がテレビでU-NEXTを見るのに、一番最適だと思いました。

created by Rinker
Amazon
¥6,980(2021/04/14 23:20:44時点 Amazon調べ-詳細)
「Amazon Fire TV」は、価格面を見ると4,980円〜と決して安いものではありません。

しかし、「Amazon Fire TV」には、性能面で画質・音質ともに他のストリーミングデバイス機器に比べて優秀なので、動画をストレスなく楽しめます。

また、ストリーミングデバイス機器は長く使えるので、最初だから試しに安い機器を購入した後に、低品質の動画を見ることにつながります。

動画の画質が悪いからといって、何度もストリーミングデバイス機器を買い換えるとなると、いつの間にか「Amazon Fire TV」よりお金がかかっていたことに気づきます。

そこで、最初のストリーミングデバイス機器から「Amazon Fire TV」を選んでおいたほうがお得だったのではと気づきます。

12.「【桐島、部活やめるってよ】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?」まとめ

【桐島、部活やめるってよ】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?まとめ

「【桐島、部活やめるってよ】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?」について解説してきました。

いかがだったでしょうか?

結論:映画【桐島、部活やめるってよ】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

ズバリ!映画【桐島、部活やめるってよ】をイッキ見する方法は、動画配信サービスの無料お試し期間を上手に活用することがポイントなのです。

昨年から一気に注目度が上がった動画配信サービスをまだ試していないならもったいないです。

現在、私が実際に映画・海外ドラマ・韓国ドラマをキレイな映像で楽しんでいる動画配信サービスは「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

特に、映画や海外ドラマがどの動画配信サービスよりも充実している「U-NEXT(ユーネクスト)」が私的にはNo.1の動画配信サービスと言っても過言ではありません。

さらに、海外の人気シリーズドラマや韓国ドラマ・映画、アニメ・キッズ作品も充実しているので、個人的にも楽しめて、さらにお子さんやご家族で充実した動画配信ライフを過ごせるサービスなのでオススメです。

今すぐ、あなたのスマホ(スマートフォン)・パソコン(PC)・タブレットや大画面のテレビで、映画【桐島、部活やめるってよ】を安全に視聴できます!

映画【桐島、部活やめるってよ】が気になっていた、映画館で観ることができなかった、テレビ放送を見逃してしまった、DVDやBlue-ray を購入するのもちょっと、レンタルショップで借りに行くのが面倒な方にピッタリなのが動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の活用です。

まだ、映画や海外ドラマ好きで動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の無料体験を試していないなら、映画【桐島、部活やめるってよ】の視聴をきっかけに試してみてはいかがでしょうか?

もちろん無理強いはしません。

映画・海外ドラマ好きの中でも利用者急増中の動画配信サービスこそ「U-NEXT(ユーネクスト)」!!

▼今すぐ体験しちゃおう♪▼

U-NEXT
>>>さっそく、最新作から旧作まで映画が充実している動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料トライアルはコチラ

U-NEXT(ユーネクスト)のお試し無料期間をうまく活用して、映画【桐島、部活やめるってよ】の動画をイッキ見してしまいましょう。

▼合わせて読みたいU-NEXT関連記事▼

本ページは2020年5月9日時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況や料金等は各公式サイト「U-NEXT(ユーネクスト)」 「dTV」「hulu」「FODプレミアム」「ビデオマーケット」「Amazonプライムビデオ」「Netflix(ネットフリックス)」「TSUTAYA(ツタヤ)」「GEO(ゲオ)」にてご確認くださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました!