【セッション】映画の2021年4月おすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法

映画「セッション」を無料で見る方法はあるの?

この疑問をズバリ解決しましょう!!

映画【セッション】の日本語吹替版・字幕版も含めて、Dailymotion・pandora等の違法サイトではなく公式の動画配信サービス(VOD)で安心して無料視聴できる方法を調査しました。

いきなり『結論』から言いますと、

結論:映画【セッション】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

本記事は、「【セッション】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」について、わかりやすく解説しているので、映画視聴の参考にしてもらえれば嬉しいです。

本記事を読むメリット!
・映画【セッション】の動画を無料視聴できる方法がわかる。
・映画【セッション】の動画を安全で確実に視聴できる。
・映画【セッション】以外の気になる海外ドラマや話題の国内映画・韓国ドラマも視聴できる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトで探す手間がなくなる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトからウイルス感染することがなくなる。
・わざわざレンタルショップに借りに行く必要がなくなる。
・借りたDVD・Blue-rayの返却忘れで延長料金を払う必要がなくなる。
・いつでもどこでも簡単に動画が視聴できるようになる。
・映画や海外ドラマに最適な動画配信サービスがわかる。

そこで、本記事では、

■映画【セッション】の動画を配信している動画配信サービスが一覧で紹介!
■映画【セッション】の動画を無料視聴でイッキ見する方法!
■映画【セッション】のネタバレにならない程度のあらすじを紹介!
■映画【セッション】のキャスト・スタッフが出演している他作品を紹介!
■映画・海外ドラマの視聴に最適な動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を紹介!
■映画・海外ドラマを視聴するときによく比較される動画配信サービス5社を紹介!
■動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向を紹介!
■最新作から旧作まで思う存分に映画・海外ドラマを楽しめる最適な動画配信サービスNo.1を紹介!

など、上記の内容について徹底的にまとめています。

※0円の動画配信サービスでお試し視聴できる方法
最近は、映画・ドラマ・アニメを動画配信サービス(VOD)が増えている中で、見放題作品が豊富なのに、初回利用なら31日間もお試し視聴できちゃう動画配信サービスを試していないなら損してますよ。
U-NEXT(ユーネクスト)は、31日間も無料体験があるので、無料トライアル期間中を思う存分、映画・ドラマ・アニメなどをいつでもどこでも楽しめるんですよね。
>>>U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料体験はこちら

では、「【セッション】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

1.映画【セッション】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド) はどこ?

映画【セッション】が無料視聴できる動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド) はどこ?
映画【セッション】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)は、次の一覧表にまとめました。

※横幅がはみ出している部分は「横スクロール」して見てくださいね。

動画配信サービス見放題PPV(課金/ポイント制)お試し無料期間月額料金(税込)
U-NEXTx31日間2,189円
dTVx31日間550円
hulux2週間1,026円
FOD PREMIUMxx2週間976円
ビデオマーケットx1ヶ月間プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:1,078円
TSUTAYA TVx30日間1,026円
Amazonプライムビデオx30日間月額:500円
年間:4,900円(月額408円相当)
Netflixxx30日間ベーシック:880円
スタンダード:1,320円
プレミアム:1,980円
TELASA(テラサ)x15日間618円
WATCHA(ウォッチャ)xx1ヶ月間ベーシックプラン:869円
プレミアムプラン:1,320円

上記の動画配信サービス会社から配信されているかどうかの確認については、【見放題配信:○】【課金配信:●】【配信なし:×】で表記しております。

見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の違いは?

動画配信サービス(VOD)には、見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の動画作品がありますので、この機会に違いについて知っておきましょう。

区分内容
見放題追加料金なしで視聴できる。
レンタル(PPV・課金・ポイント制)都度課金が必要で視聴期限がある。
スポンサーリンク

2.映画【セッション】のDVD・Blue-rayレンタル開始日はいつから?

大手2社のTSUTAYA(ツタヤ)とGEO(ゲオ)の映画【セッション】のDVD・Blue-rayレンタルが開始されているか調べた結果は、次のようになっています。

レンタルショップ宅配/レンタル状況
TSUTAYA(ツタヤ)
GEO(ゲオ)x
スポンサーリンク

3.映画【セッション】のDVD・Blue-ray販売状況と開始日はいつから?

Amazon | セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD] | 映画
マイルズ・テラー, J・K・シモンズ, デイミアン・チャゼル 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
スポンサーリンク

4.映画【セッション】のフル動画で無料視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!

映画【セッション】の動画をフル視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!
U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録することで、誰でも無料で簡単に『31日間』思う存分、映画【セッション】をフル視聴で楽しむことができるのです。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をなんとなくは目にしていたけれど、登録することを迷っていたり、解約手続きが面倒で躊躇していたなら、絶対もったいない時間を過ごしています。

なぜなら、U-NEXT(ユーネクスト)の「31日間無料トライアル」を試すのに、登録時間はたったの3分で、映画【セッション】の動画がすぐに視聴することができます。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は、登録から31日以内に解約すれば「月額料金」は一切かかりません。

さらに、U-NEXT(ユーネクスト)の解約手続きもたったの1分で完了してしまうのです。

さっそく、公式サイトで詳しく確認はコチラ>>>【セッション】

「U-NEXT(ユーネクスト)」を登録する前は、私もあなたと同じで『U-NEXT(ユーネクスト)の登録や解約手続きを知って納得していない!』と登録はできないですよね。

そこで、「U-NEXT(ユーネクスト)」の登録と解約手続きを画像付きで紹介しているので、必ず確認してくださいね!

スポンサーリンク

5.映画【セッション】の見所・ストーリー(あらすじ)・出演の俳優と女優は?


【出典:YouTube「セッション」予告編】
【セッション】は、アカデミー賞3部門受賞!ドラマー志望の学生と鬼教授の音楽を通じた真剣勝負!

【セッション】の見所とストーリー(あらすじ)について、ネタバレにならない程度に少しだけさわりを紹介していきます。

【セッション】の見所

【セッション】の見所は、アカデミー賞助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズ演じる教授とドラマー志望の学生の鬼気迫る演技合戦に釘づけ。

クライマックスのセッションを始め、全編を彩る音楽も印象的!!

【セッション】のストーリー(あらすじ)

プロのジャズドラマーを目指し、名門音楽大学に入学したアンドリュー・ニーマンは、ある日、フレッチャー教授のバンドにスカウトされる。

夢に近づいたことを喜ぶアンドリューだったが、完璧を求めるフレッチャーのレッスンは常軌を逸したものだった…。

【セッション】のキャスト・スタッフの過去作品

【監督・脚本】
デイミアン・チャゼル
<主な作品>
・セッション

【製作】
ジェイソン・ブラム
<主な作品>
・セッション

ヘレン・エスタブルック
<主な作品>
・セッション

ミシェル・リトヴァク
<主な作品>
・セッション

デヴィッド・ランカスター
<主な作品>
・セッション

【音楽】
ジャスティン・ハーウィッツ
<主な作品>
・セッション

【出演】
(アンドリュー・ニーマン役)
マイルズ・テラー
<主な作品>
・セッション

(テレンス・フレッチャー役)
J・K・シモンズ
<主な作品>
・セッション

(ジム・ニーマン役)
ポール・ライザー
<主な作品>
・セッション

(ニコル役)
メリッサ・ブノワ
<主な作品>
・セッション

(ライアン・コノリー役)
オースティン・ストウェル
<主な作品>
・セッション

(カール・タナー役)
ネイト・ラング
<主な作品>
・セッション

クリス・マルケイ
<主な作品>
・セッション

デイモン・ガプトン
<主な作品>
・セッション

スアンヌ・スポーク
<主な作品>
・セッション

マックス・カッシュ
<主な作品>
・セッション

【セッション】の作品詳細

【原題】WHIPLASH
【制作国】アメリカ
【制作年】2014年
【ジャンル】音楽ドラマ

スポンサーリンク

6.映画【セッション】の世間の感想・口コミ・評価は?(ネタバレあり)

【クライマックスの解釈、間違ってませんか】
[50代男です] 戦争映画「フルメタル・ジャケット」の音楽学校版。
あの映画までのアメリカ映画は、鬼のような軍曹、コーチなどが出てきて弱者の主人公たちを理不尽にシゴキまくるストーリーの場合、最後には実はその指導者は部下のことを考えた情の深い尊敬すべき人物であり、教え子たちはそのおかげで成長できたことを感謝するというカタルシスが最後に用意されているのがパターンだった。それを「フルメタル・ジャケット」は根底から覆し、鬼指導者は鬼のまま悲劇的な結末を迎えるという、アメリカ映画史上初の、不快な鬼指導者ドラマを出現させた。

この作品もその路線だ。
生徒を成長させるのが仕事の教師が、一人の天才を生み出したいがために、大勢の屍を生み出すことなど気にもせず、理不尽な接し方で生徒をシゴキまくる。

ただ、予告編から予想していたような、僕が学生時代の頃のような、日本の高校・大学の体育会系のクラブのように、ミスするたびに殴られるのが当たり前、みたいな、暴力的というほどではなかったので、正直、なんだこんなものかという程度に感じた。
それで終盤の20分くらいまでは、わりと普通の映画のように観た。
ただ、音楽の道を究めようと打ち込む若者を描いた映画というもの自体が非常に数が少ないので、新鮮ではあった。他にはピアノコンサートをめぐる出場者たちを描いた名作「コンペティション」ぐらいしか思いつかない。

しかしラストの20分くらいの展開は引き込まれた。
「フルメタル・ジャケット」も唖然とするような、そこまでやるかというような鬼! それに潰されながらも立ち向かう主人公。
楽器を演奏しているだけの中で繰り広げられる感情の激突、その感情すら消え去り、別次元に入る二人。
これは非常に見ごたえがあった。
映画でしか味わえない快感がそこにあった。

あと、完全にネタバレになるが、ラストの解釈について。

ここのレビューを見てみると、どうもラストで鬼のフレッチャーが舞台で主人公をさらし者にして恥をかかせる行為まで、主人公を開花させるための作戦だったという解釈が主流のようだ。
それが僕にはとても納得できないので、異議をとなえておく。
あの鬼フレッチャーの行為は、自分を失職させた主人公への腹いせであって、決して主人公のためにやったことではない。
もし主人公を開花させるためであったのなら、反逆し始めた主人公の行動に対し、作戦通りだと思ったはずだ。しかし演じているシモンズの演技をどう見ても、そうは見えない。主人公の反逆はまったく予定外のこととして驚いている。
そして奈落に突き落としてやってざまあみろと思っていたところへ、主人公が信じられない見事な演奏を始めたものだから、圧倒されてしまっている。
そういう演技にしか見えない。
そして奇跡の演奏に引き込まれた鬼は、憎しみも何もかも消し飛んで、夢中になって指揮を始める。
別次元の最高のパフォーマンスを達成した二人の顔には、恍惚状態の笑みが浮かぶ。いいラストだ。
これが鬼の計算通りと主張する人は、劇中で語られる、ジャズの名プレイヤー”バード”が、シンバルを投げつけられたから名プレイヤーになることができた、優しい指導のもとではなれなかったのだ、という逸話を根拠に、鬼がそれを再現したような言い方をするが、シンバルを投げつけられたバードは、その屈辱をバネに『練習したから』開花したのであって、屈辱を受けた『その場で』開花したわけではない。
ラストで見事な演奏を見せる主人公は、その技術はすでに持っていたわけであり、屈辱を受けたから能力がアップしたわけではない。
だからそれ以前の、学校でのシゴキの数々は、主人公を必死に練習させるために必要と思って屈辱を与え続けたのは確かだろうし、それらは主人公を開花させることを目的としていたことに疑いはない。
しかし鬼の失職後、あのラストのプロになれる可能性を賭けた大舞台で主人公に大失態を演じさせる行為は、嫌がらせ以外のなにものでもない。
あれを恩師の温情のように解釈するのは見当違いだ。
そこで逆襲してみせる主人公の姿が感動的なのだ。
鬼から憎悪すら消し去ってしまうパフォーマンスを達成してしまう姿が感動的なのだ。

【おーい↓の連中マジか?最後の解釈おかしい】
最後の解釈で☆減らしてるやつ!
バカヤローそうじゃないだろ!
あれも全部含めてフレッチャーの煽りだっつの
パーカーの話聞いてたのかよ?
絶体挫折しないのを信じてネイマンを完成させたんじゃねぇか
普通あそこまで追い込まないよ
でも諦めないんだよネイマン
悔しさをバネにするんだよ
あんないい師弟関係はないって
あの最後の嬉しそうなフレッチャーの顔見たかい?
もう演技も演奏も最高だったね!

いや
これは見ないとマズイ映画ですよね
できれば映画館で
それにもっと多くの映画館で放映するべきでしたね
テラスハウスみたいなつまんない映画なんてやってる場合じゃないよ

結局は最後の9分なんだけども
そこに向かうまでの過程がいいですね
悔しさと努力とが溜まっていって、最後にどんどん期待が高まっていって
もう楽しみで仕方なくて
そして最後は期待を大きく上回ってくる
こんな面白い映画はないよ
終わってすぐもう一度観るか迷ったよ
そしてサントラは買いました
DVDも買うでしょうね

月に何本か映画観てますが、ここ数年で断トツに面白いです

ちなみにドラム経験者ですが、最後の演奏は心地よくで笑顔で涙が出るほど
あの演奏がどれ程難しいかは経験者なら尚感動するでしょうが、あのスピードで正確にリズムを刻み続ける部分を気にかけていれば未経験者でも熱くなれるでしょう

超オススメです

追記です
邦題についていろいろ言ってる人がいますけど、セッションでよかったんじゃないんですか?
whiplashじゃピンとこないじゃん
多くの人が興味を持つように分かりやすいタイトルをつけたのは正解だと思うんだけども

あと、自分のドラムの知識を披露したいだけのレビューはやめてほしい
画と音が合ってないとか、俳優のドラムのテクがいまいちとか
これ映画だからね
あれ俳優だからね
毎回思うんですけど、映画はフィクションで、これはライヴじゃないですよ
その辺りを踏まえても完成度の高いものだと思ってますし、ちゃんと評価してほしいです
むしろ一ヶ月の特訓でよくあそこまで叩けるようになりましたよね
そこらのバンドより上手くなっちゃったんじゃないでしょうか

そして☆1つの人
感情を無くしてしまったのかな
逆に何を見たら満点なのか
否定すればいいってもんじゃないじゃん
きっちり考えて投稿してほしいですね

それとフレッチャーについてですが、見方が二分されてますね
でもあーいう先生がいないとネイマンみたいな天才は生まれないわけだし、嫌なら辞めたらいいと思いますけど
先生もバンドも自分で選ぶことができるでしょうに
必要としてる人はいると思う
フレッチャーは生徒を嫌ってるわけでも苛めてるわけでもないのは、死んだ生徒の曲を大事にして泣いていたシーンからも読み取れるハズ
営業マンの話と一緒にされるのは不毛

【ラストのカタルシス】
名門音楽大学(ジュリアードということなんでしょうね)に入学したニーマンは、フレッチャー率いる大学一のジャズバンドにスカウトされる。これで将来は安泰とニンマリのニーマンだったが、待ち受けていたのは、星一徹も真っ青のフレッチャーによる狂気のレッスンだった。フレッチャーにより、ニーマンは肉体的にも精神的にも追い詰められていき・・・。

先に観た皆さんが、ラストのカタルシスが素晴らしいと仰る中、「色々ありましたが、最後は素晴らしい演奏が出来ました!めでたし、めでたし!」という映画、私はそんなに興味が無いんだよなと思っておりました。(ラデュ・ミヘイレアニュ監督の『オーケストラ!』は良かったけど。)
素晴らしい演奏が聴きたいならコンサートに行けば良いんじゃない?と思ってしまうのです。私が求めているのは、あくまでも音楽ではなく人間ドラマ。
なんですが、そんな単純なラストではありませんでした。
斬新な復讐劇となっております。しかもダブルの。そして昇華。
この嬉しい想定外に、思わず姿勢を正しましたもんね。

監督は撮影当時まだ28歳のデイミアン・チャゼルで、長編映画はこれが初。彼の実体験を元にしているそうです。
そして、フレッチャーを演じたJ・K・シモンズはアカデミー最優秀助演男優賞を受賞しております。

フレッチャーはそんなに悪い先生なのか?ということは観ていてずっと思いましたね。
狂ったように厳しくて、精神的に追い詰めてくるけれど、ニーマンは確実に上達した訳だし、結果は出しているよね。
そして、音楽教師や美術教師の悲哀みたいなものを感じました。誰だって教えるより自分が演奏したいよね。つまりはそれに挫折したから教える側にいった訳で、フレッチャーの学生達への複雑な嫉妬心というものを感じました。

ヤフーニュースで、ジャズミュージシャンの菊地氏という方が本作を酷評していることを知り、彼のブログを読んでみました。
要点は、「ジャズへの認識がバラバラ」「なんで白人がジャズを教えるのか」「主人公のドラムがなっていない」というものだったのですが、はぁ?って感じ。
そもそも、ジャズなんて多くの人は興味無いんですよ。そこを重視するなら、ジャズ聴きに行きますよ。
料理映画で、主演の三枚おろしがなっていない。
ボクシング映画で、主演のアッパーカットがなっていない。
野球映画で、主演が野球体型じゃない。
と言うのと同じですよ。
もちろん素人目から見てもなっていないなら、もう少し頑張れなかったのかと思うけど、プロがプロレベルで批判するのはナンセンスだと思います。
野球に興味が無くても面白い『マネーボール』
レスリングに興味が無くても面白い『フォックスキャッチャー』
映画って、そのジャンルに興味が無い人にどう魅せるかが重要なのであって、そのジャンルそのものは何でも良いんだと思うけどね。みんな映画で野球観たいんじゃなくて、野球を舞台にした人間ドラマが観たいんだからさ。

【「セッション」における痛みとカタルシス】
この作品、ずっと気になっていましたが、私の住むオーストラリアでの劇場公開は逃しました。
それは忙しかったこともあるけれど、見るのが怖かったところもあって。
自分の過去の体験に少し共通するものを感じて、痛みがよみがえらないかと不安だったんです。
でも今回たまたま日本帰国時に本作が封切られて、お友達の映画レビュアーさんから、ぜひ映画館でみるようにとアドバイスをうけたこともあって、日本で鑑賞。

すごかった〜。劇場鑑賞を勧めてくれたお友達に心から感謝します。
この緊迫感、迫力、全身に強力パンチをうけたような気持ちになるのは、閉じられていて集中せざるをえない空間、大スクリーンと大音響が五感に直撃する映画館ならではと思うんですよ。

音を楽しむと書いて音楽と読む。
そう思って3歳の頃から楽しくピアノを弾いてきた私が「鬼教師」にであったのは14歳の頃。
中学の帰りに二時間半かけて先生の自宅教室にたどりついても数分遅れただけでドアをあけてくれない。意にそわない演奏をしたらピアノの蓋をバ〜ンとたたきつけるようにしめる(どうして指をはさまなかったのか今でも不思議)。それまでのピアノの先生たちからもらっていた課題とはまったく違う難易度の高い楽曲の宿題がたくさんでて、毎日何時間練習してもとても要求されるレベルには追いつかない。叱られ続けて心が折れそう。
結局子供の頃から大好きだったピアノをやめ、長い間、ピアノ曲を聴くのさえ苦痛な状態になりました。やっとまたピアノを弾きたいと思うまで本当にとても長い年月がかかりました。

進路をかえ、まったく音楽とは違う分野のスペシャリストになりましたが、やはり音楽を愛する気持ちは捨てられない。今はオーストラリア人の職場スタッフで構成されたバンドのキーボードをつとめています。
そして、音楽を本職にしなくてよかった、趣味のレベルなら、「音が苦」ではなくて、また「音を楽しめる」、、と思っていましたが。

この映画をみて、あぁ、プロのレベルというのはこういうことだ、いや、本当に突出したミュージシャンというのはすべてを超えるのだという感慨をもたざるをえませんでした。
芸術は厳しい世界です。みんなで仲良く、Good jobといいながらなぁなぁでやっているグループはそれまでのこと。ソレを持っている人は持っているし、持っていない人はいくら努力してもそれなりという悲しい現実。
そこから早い時点で脱落した私はそれなりにみんなでつくる音楽を楽しんでいますが、最後にとうとう音楽でつきぬける深みまでのぼりつめた主人公、そしてそのことで自分の屈折した人生にとうとう決着をつけたジャズのビッグバンドの指導者の姿をみて、驚きとともに自分にとっての一種のカタルシスを感じました。

もちろんフレッチャー教授は常軌を逸脱しています。これはクレイジー。交通事故にあっても会場に血まみれでかけつけ演奏するアンドリューをいとも冷酷に切ってすてられる。言葉の暴力、体の暴力。生徒を自殺にまでおいこむほどの指導は教育者としてありえません。悪です。そしてアンドリューのとった行動にたいする驚くべき復讐。公開処刑。まるでアロノフスキー監督の「ブラックスワン」をみているようで、たった100分しかない映画とは思えない強烈なパワーを全身に感じます。

だから決してフレッチャー教授のやり方を肯定するつもりはないし、これほどまでのことは現実にはありえない。これは映画としてのデフォルメされたストーリーテリングなのですが、私にはこれほどの映画を生み出した監督・脚本のデミアン•チェゼルに感服せざるをえませんし、フレッチャー教授を演じたJKシモンズがアカデミー賞で助演男優賞をとったことも今になって心から納得します。

五つ星。それしかありえないと私は思います。

【勝利して支配する、愛なき音楽感の到達点】
日本のジャズミュージシャン菊地成孔は本作をジャズへの愛がない作品だと批判した。私もそう思う。この映画のラストはフレッチャーと主人公がジャズの演奏を通じて分かり合うというオチが用意されている。だが実際は主人公がフレッチャーを音楽の力(=テクニック)をもって彼の演奏の場を蹂躙し、フレッチャーを才能(?)でもってひれ伏さしているだけなのだ。

主人公の演奏はあくまで独りよがりであるのだ。その証拠に観客は一切映らず、この素晴らしい演奏に対しての「評価」「反応」は映画内では表現されない。他の奏者とのセッション性も非常に希薄。当然にグルーヴ感のような高揚感も得られない。それは主人公の演奏行為がただの男と男の対決の結果でしかなく、復讐の道具としてでしかジャズを見てないからなのである。音楽への愛の欠如。これこそが本物ミュージシャンをして16000語をもって批判された主な要因である。

しかし、これは凡庸な才能の持ち主が持つ単なる「嫉妬」でしかない。

主人公のジャズが偉大なテクニカルドラマー:バーナード・バディ・リッチの「模倣」でしかなくオリジナル性がないという連中も同様だ。

彼らの言うことは最もであるが、奏者の人格や、音楽についての取り組み方、ジャズへの理解度の低さなどを取り上げる割には、最後の5分間の主人公のソロ演奏には胸を熱くしている。なのに最終的結論には、その高揚から目を背けようと、軽視しようと躍起になっているのが見て取れる(笑)。その裏には「偉大な音楽家」という言葉の裏にある、格差、区別、選別、犠牲といった要素で語られるヒエラルキーの明確化を恐れてる姿が浮かび上がってる。日本人が大好きな「人それぞれ論」を根底から否定するスタイルが気に入らないのだろう。なぜなら、特異な才能、異常な修行性を認めたら、自分のような木っ端存在を肯定できなくなるからである。結局は日本人にありがちな「出る杭は打たれる」的なムラ社会思想の持ち主でしかない故の拒否反応なのだ。

だから映画をミスリードする。

映画で主人公一族が会食をするシーンがある。大学での活躍を嬉しそうに語るいとこ達は主人公アンドリューに対して、「どうせ音楽なんて人それぞれの評価なんだろ。でもフットボールの試合には明確な勝負があり、数字で結果が出る」と言われ馬鹿にされる。「人それぞれ」なんて評価基準は負け犬だろうが認められる温い世界の住人の慰めでしかなく、敗北者の言い訳も同じだと一蹴されるのだ。ジャズは勝ち負けがない世界だと言われてアンドリューは反論する。「どうせお前らだってプロにはなれない。自己満足はお前たちの方だ!」と。

これがこの映画の全てを語っているといい。

アンドリューは最後の演奏で「勝つ」。しかし、それは観衆による万雷の拍手によって迎え入れられる世間的評価の獲得などではなく、フレッチャーただ一人への勝利である。ゆえに実利はない。映画的にいくらでもアンドリューを幸福にするラストに出来たのにもかかわらず、監督は一切の他者の共感性を排除する。優しい父親も、好きだった彼女も、観衆もだ。全てを犠牲にして得られた最も無意味な勝利。しかし、この無意味さこそが究極の自己満足の姿なのではないだろうか?

だって、たった一人の理解者が、自分を全否定してきた敵なのだから。

これほど純度の深い世界があっただろうか(馴れ合い全否定の実力世界)。彼らは互いに偉大な音楽家とは、決して「人それぞれ」で語るべきではないということを知っている。「人それぞれ」というのが甘い毒であることを知っている(グッドジョブが最も最悪な言葉)。音楽は感性のみで語れられる生易しいものではなく、才能がない無能たちにとっては(主人公とフレッチャー)、何もかもを犠牲にせねば到達できないのだという厳しい現実感の持ち主たちなのだ。

たった一つの成功の裏には何万という犠牲があり、たった一人の成功によって、その犠牲初めて意味があるものになる。犠牲は犠牲だけではな意味がなく、成功もまた、ただ成功するというだけでは大した意味を持たない。その道のりの険しさだけが成功を『偉大』・・・という言葉に置き換えることが出来る唯一の手段なのだ。

この映画は音楽映画ではない。男と男の真剣勝負を描いた作品で、音楽は単なる手段でしかない。ゆえにアンドリューの勝利は音楽的なものではない。しかし、それでも最後の演奏に息を呑むのは、それが人としての正しさを微塵も感じさせないのにもかかわらず、あまりも美しいからではないだろうか。あくまで競争原理の中で勝ち残ることに至上の価値を持つ、強烈すぎる価値観。それが爆発するラストに私は心の底から感動してしまった。

報われなくてもいいのだ。

成功者である必要もない。

ただ今があればいいという叫びこそが、人の心の奥底に届くのではないだろうか。

【引用:Yahoo映画「セッション」

スポンサーリンク

7.Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトは危険!

・Dailymotion(デイリーモーション)
・pandora(パンドラ)
・anitube(アニチューブ)

上記サイトの動画は違法にアップロードされている動画投稿サイトです。

これらの動画をダウンロードすることも違法となります。

ダウンロードと同時に自分の知らないうちにデータがアップロードされるケースもあり非常に危険なのです。

ウィルス感染の恐れもありますので、ダウンロード後や動画視聴後に後悔するはめになります。

上記、公的機関や法律相談所でも明記されてます。

利用後に、余計な心配の必要のない、しっかりとした動画配信サービス(VOD)で見ることが、結局、安心でお得なのです。

スポンサーリンク

8.映画・海外ドラマにおすすめの動画配信サービス人気ランキング【ベスト5】

動画配信サービスの人気ランキング【ベスト5】
【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)
【ランキングNo.2】dTV
【ランキングNo.3】hulu
【ランキングNo.4】FOD PREMIUM
【ランキングNo.5】ビデオマーケット

【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)

韓流LP

U-NEXTの特徴

U-NEXTの魅力とは?
・見放題動画が200,000本以上で新作も視聴可能!
・韓国ドラマ(韓流)やアジアドラマが400作品以上で見放題!
・K-POPやバラエティ作品もあり!
・雑誌70誌の最新号が読み放題!
・アダルト動画も豊富!
・月額料金は比較的高い!
・NHKオンデマンドも視聴可能(別料金)!
オススメ度★★★★★
月額料金(税込)2,189円
1日あたりの料金(税込)72.9円
作品数220,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>U-NEXT「31日間無料トライアル」

【ランキングNo.2】dTV

パイレーツオブカリビアン

dTVの特徴

dTVの魅力とは?
・格安料金で韓国ドラマの人気作品を見放題を楽しめる!
・作品数12万作品以上(カラオケタイトルを含む)
・ミュージックビデオやカラオケに対応
・dTVのオリジナルドラマ(元BeeTV)を視聴できる!
・月額料金が安い!
・レンタルサービスあり!
・動画をダウンロードできる!
オススメ度★★★★☆
月額料金(税込)550円
1日あたりの料金(税込)18.3円
作品数120,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>dTV「初回31日間無料」

【ランキングNo.3】hulu

韓流バナー

huluの特徴

Huluの魅力とは?
・低価格にも関わらず動画作品数70,000本以上!
・すべての作品がフルHD画質に対応!
・韓国ドラマ(韓流)など海外ドラマやオリジナルドラマ、限定配信が豊富!
・ハリウッドの人気映画やhulu独占配信の映画も視聴できる!
・視聴できる機器がスマホ以外も対応!
・幅広い支払い方法が用意されている!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)1,026円
1日あたりの料金(税込)34.2円
作品数70,000本以上
無料期間2週間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>hulu「2週間の無料トライアル」

【ランキングNo.4】FOD PREMIUM

FOD PREMIUM

FOD PREMIUMの特徴

FOD PREMIUMの魅力とは?
・フジテレビで放送中のドラマや過去の番組を独占配信しているので視聴できる。
・120誌以上の雑誌の最新号が読み放題!
・20万冊以上の漫画が電子書籍で読める!
・毎月もらえる1300ポイントで電子書籍などが買える!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)976円
1日あたりの料金(税込)32.5円
作品数40,000本以上
無料期間2週間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>FOD PREMIUM「2週間無料 新規入会」

【ランキングNo.5】ビデオマーケット

ビデオマーケットの特徴

ビデオマーケットの魅力とは?
・作品数が圧倒的にナンバー1(24万作品以上)
・新作ドラマのレンタルが安い!
・ドラマの全話レンタルやポイントバックの割引で安い!
・新作レンタル&見放題コースもある!
・韓国ドラマ(韓流)作品が1,100本以上と豊富!
・毎月540ポイント付与!
・作品検索が便利!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:1,078円
1日あたりの料金(税込)プレミアムコース:18.3円
プレミアム&見放題コース:35.9円
作品数240,000本以上
無料期間1ヶ月間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>ビデオマーケット「お試しキャンペーン」

【無料VOD情報】アダルト・エロ動画を家族にもバレずに3万本以上が見放題でフル視聴できる方法
【子育てパパ必見】家族にもバレずに3万本以上のアダルト動画が見放題でフル視聴できる方法をご紹介します。エロ動画を安心して高画質で見れて、話題の映画・ドラマ・アニメが家族も楽しめる動画配信サービスをまとめて解説しています。
スポンサーリンク

9.映画・海外(韓国)ドラマ視聴におすすめ動画配信サービス5社の比較まとめ

映画・海外(韓国)ドラマを見るのにおすすめ動画配信サービスを気になる項目ごとに比較一覧表でまとめて解説していきます。

人気動画配信サービス5社の映画・海外(韓国)ドラマ作品数を比較

動画配信サービス作品数月額料金(税込)お試し無料期間
U-NEXT220,000本以上2,198円31日間
dTV120,000本以上550円31日間
hulu70,000本以上1,026円2週間
FOD PREMIUM40,000本以上976円2週間
ビデオマーケット240,000本以上550〜1,078円1ヶ月間

(作品数は各動画配信サービスで常時変動します。2020年10月調査時点のデータ)

人気動画配信サービス5社の動画配信ジャンル別比較

動画配信サービス国内ドラマ海外ドラマ韓国ドラマ(アジア)オリジナルor限定配信
U-NEXT
dTV
hulu
FOD PREMIUM
ビデオマーケットx

人気動画配信サービス5社の月額料金比較

動画配信サービス月額料金(税込)1日あたりの料金(税込)
U-NEXT2,189円72.9円
dTV550円18.3円
hulu1,026円34.2円
FOD PREMIUM976円32.5円
ビデオマーケット550〜1,078円18.3〜35.9円

人気動画配信サービス5社の特典比較

動画配信サービスお試し無料期間特典
U-NEXT31日間・毎月1200ポイントもらえる。

・ポイントを使って有料の動画や電子書籍(コミック)に使える。

・追加料金なしで同時視聴が4台まで可能(子供や家族と共有できる)

dTV31日間・ポイントがもらえるキャンペーンをたまに開催
hulu2週間なし
FOD PREMIUM2週間・毎月1200ポイントもらえる(※毎月8の付く日「8日、18日、28日」にFOD PREMIUM会員限定で400ポイントがもらえる)

・電子書籍を購入するたびにポイントを20%還元

ビデオマーケット1ヶ月間・毎月540ポイントもらえる

もっと詳しく、動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)の比較を知りたい方のために、次の記事にてまとめているので、この機会にチェックしておきましょう!

【動画配信サービスどこがいい?】本当に満足できるVOD動画配信サービスの選び方を徹底比較検証!<最新版2020年>
「【動画配信サービス比較検証2020年最新版】動画配信サービスどこがいい?本当に満足できる動画配信サービスを徹底解説!」について、わかりやすく解説しているので、あなたにぴったりの動画配信サービス選びの参考にしてもらえれば嬉しいです。
スポンサーリンク

10.動画配信サービスを利用している人の気になる動向!

動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向!
ほとんどのスマホ対応の動画配信サービスの登録者は見たい動画だけを視聴して、すぐに解約してしまいます。

しかし、「見たい動画を見終わったら解約!」って、実はとてももったいないことをしています。

特に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録してから31日間【セッション】だけではなく、話題のドラマや映画、アニメなど、多くの作品が「無料視聴できる!」ので楽しまないと損しているのですよ。

実際に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録することを決めた際は、とことん様々な作品を見ないのであれば、登録をオススメできません!

動画配信サービスを利用している人の気になる動向!
【出典:U-NEXTの公式サイト 】

U-NEXT(ユーネクスト)は、「登録から31日以内に解約!」してしまえば、映画以外の海外ドラマ・国内ドラマやアニメ・バラエティ番組など、豊富なジャンルの見放題作を無料で楽しむことができるのです。

しかし、映画【セッション】の動画が「いつまでU-NEXT(ユーネクスト)の配信対象になっているのか?」はわからないので、今すぐ登録して、映画【セッション】の動画だけは見逃さないで視聴することがオススメです。

無料期間を利用して、映画【セッション】の動画をまずは一気に見てしまいましょう!

とはいえ、映画【セッション】をU-NEXT(ユーネクスト)で見るかどうかは、好きにしてもらって構いません。

登録から31日以内なら、いつでもどこでも無料で、映画【セッション】を視聴できます。

さらに、たったの1分で簡単に解約できるので安心して試すせるのが「U-NEXT(ユーネクスト)」の魅力ともいえます。

スポンサーリンク

11.U-NEXTの動画をテレビで見る方法は?

U-NEXTの動画をストリーミングデバイスからテレビに接続して見る方法が便利です。

ストリーミングデバイスを簡単に言うと、テレビのHDMI端子に「ストリーミングデバイス機器」をつなげるだけで、様々な動画アプリが使えるようになります。

U-NEXTに対応している「ストリーミングデバイス機器」には、次の3種類があります。

U-NEXT TV
Chromecast
Amazon Fire TV

それぞれストリーミングデバイス機器ごとに特徴があります。

しかし、購入後後悔しないのが『Amazon Fire TV』を選んでおいて間違いありません。

『Amazon Fire TV』がおすすめの理由について、解説していきます。

「U-NEXT TV」は、価格10,780円(税込)の割に対応アプリがU-NEXT関連のものとYouTubeだけなため利便性に欠けていると思いました。

「Chormecast」は、一端末で完結しないキャスト専用端末で、スマホやタブレットで再生したものをテレビに出力するものになっています。

「Chromecast」の方が便利だという人もいますが、実際に使った感想としては、一端末で完結していたほうが簡単で分かりやすと思いました。

上記の理由から「Amazon Fire TV」がテレビでU-NEXTを見るのに、一番最適だと思いました。

created by Rinker
Amazon
¥6,980(2021/04/14 23:20:44時点 Amazon調べ-詳細)
「Amazon Fire TV」は、価格面を見ると4,980円〜と決して安いものではありません。

しかし、「Amazon Fire TV」には、性能面で画質・音質ともに他のストリーミングデバイス機器に比べて優秀なので、動画をストレスなく楽しめます。

また、ストリーミングデバイス機器は長く使えるので、最初だから試しに安い機器を購入した後に、低品質の動画を見ることにつながります。

動画の画質が悪いからといって、何度もストリーミングデバイス機器を買い換えるとなると、いつの間にか「Amazon Fire TV」よりお金がかかっていたことに気づきます。

そこで、最初のストリーミングデバイス機器から「Amazon Fire TV」を選んでおいたほうがお得だったのではと気づきます。

スポンサーリンク

12.「【セッション】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」まとめ

【セッション】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法まとめ

「【セッション】映画のおすすめ無料動画配信情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した洋画をフル視聴するVOD方法」について解説してきました。

いかがだったでしょうか?

結論:映画【セッション】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

ズバリ!映画【セッション】をイッキ見する方法は、動画配信サービスの無料お試し期間を上手に活用することがポイントなのです。

昨今、一気に注目度が上がった動画配信サービスをまだ試していないならもったいないです。

現在、私が実際に映画・海外ドラマ・韓国ドラマをキレイな映像で楽しんでいる動画配信サービスは「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

特に、映画や海外ドラマがどの動画配信サービスよりも充実している「U-NEXT(ユーネクスト)」が私的にはNo.1の動画配信サービスと言っても過言ではありません。

さらに、海外の人気シリーズドラマや韓国ドラマ・映画、アニメ・キッズ作品も充実しているので、個人的にも楽しめて、さらにお子さんやご家族で充実した動画配信ライフを過ごせるサービスなのでオススメです。

今すぐ、あなたのスマホ(スマートフォン)・パソコン(PC)・タブレットや大画面のテレビで、映画【セッション】を安全に視聴できます!

映画【セッション】が気になっていた、映画館で観ることができなかった、テレビ放送を見逃してしまった、DVDやBlue-ray を購入するのもちょっと、レンタルショップで借りに行くのが面倒な方にピッタリなのが動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の活用です。

まだ、映画や海外ドラマ好きで動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の無料体験を試していないなら、映画【セッション】の視聴をきっかけに試してみてはいかがでしょうか?

もちろん無理強いはしません。

映画・海外ドラマ好きの中でも利用者急増中の動画配信サービスこそ「U-NEXT(ユーネクスト)」!!

▼今すぐ体験しちゃおう♪▼

U-NEXT
>>>さっそく、最新作から旧作まで映画が充実している動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料トライアルはコチラ

U-NEXT(ユーネクスト)のお試し無料期間をうまく活用して、映画【セッション】の動画をイッキ見してしまいましょう。

本ページの情報は2021年4月8日時点のものです。

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況・料金・キャンペーン等は、各公式サイト「U-NEXT(ユーネクスト)」「dTV」「hulu」「FOD PREMIUM」「ビデオマーケット」「Amazonプライムビデオ」「TELASA(テラサ)」「Netflix(ネットフリックス)」「TSUTAYA(ツタヤ)」「GEO(ゲオ)」「WATCHA(ウォッチャ)」にてご確認くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました