【14歳】映画の2021年5月おすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法

【14歳】映画のおすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法
【出典:U-NEXT「14歳」

映画「14歳」を無料で見る方法はあるの?

この疑問をズバリ解決しましょう!!

映画【14歳】をDailymotion・pandora等の違法サイトではなく、公式の動画配信サービス(VOD)で安心して無料視聴できる方法を調査しました。

いきなり『結論』から言いますと、

結論:映画【14歳】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

本記事は、「【14歳】映画のおすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」について、わかりやすく解説しているので、映画視聴の参考にしてもらえれば嬉しいです。

本記事を読むメリット!
・映画【14歳】の動画を無料視聴できる方法がわかる。
・映画【14歳】の動画を安全で確実に視聴できる。
・映画【14歳】以外の気になる海外ドラマや話題の国内映画・韓国ドラマも視聴できる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトで探す手間がなくなる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトからウイルス感染することがなくなる。
・わざわざレンタルショップに借りに行く必要がなくなる。
・借りたDVD・Blue-rayの返却忘れで延長料金を払う必要がなくなる。
・いつでもどこでも簡単に動画が視聴できるようになる。
・映画や海外ドラマに最適な動画配信サービスがわかる。

そこで、本記事では、

■映画【14歳】の動画を配信している動画配信サービスが一覧で紹介!
■映画【14歳】の動画を無料視聴でイッキ見する方法!
■映画【14歳】のネタバレにならない程度のあらすじを紹介!
■映画【14歳】のキャスト・スタッフが出演している他作品を紹介!

など、上記の内容について徹底的にまとめています。

※0円で動画配信サービスをお試し視聴スタートできる方法
最近は、映画・ドラマ・アニメを動画配信サービス(VOD)が増えている中で、見放題作品が豊富なのに、初回利用なら31日間もお試し視聴できちゃう動画配信サービスを試していないなら損してますよ。
U-NEXT(ユーネクスト)は、31日間も無料体験があるので、無料トライアル期間中を思う存分、映画・ドラマ・アニメなどをいつでもどこでも楽しめるんですよね。
>>>U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料体験はこちら

では、「【14歳】映画のおすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」について詳しく解説していきます。

1. 映画【14歳】が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?

映画【14歳】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?
映画【14歳】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)は、次の一覧表にまとめました。

※横幅がはみ出している部分は「横スクロール」して見てくださいね。

動画配信サービス見放題PPV(課金/ポイント制)お試し無料期間月額料金(税込)
U-NEXTx31日間2,189円
dTVxx31日間550円
huluxx2週間1,026円
FOD PREMIUMxx2週間976円
ビデオマーケットxx1ヶ月間プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:1,078円
TSUTAYA TVxx30日間1,026円
Amazonプライムビデオxx30日間月額:500円
年間:4,900円(月額408円相当)
Netflixxx30日間ベーシック:880円
スタンダード:1,320円
プレミアム:1,980円
TELASA(テラサ)xx15日間618円
WATCHA(ウォッチャ)xx1ヶ月間ベーシックプラン:869円
プレミアムプラン:1,320円

上記の動画配信サービス会社から配信されているかどうかの確認については、【見放題配信:○】【課金配信:●】【配信なし:×】で表記しております。

見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の違いは?

動画配信サービス(VOD)には、見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の動画作品がありますので、この機会に違いについて知っておきましょう。

区分内容
見放題追加料金なしで視聴できる。
レンタル(PPV・課金・ポイント制)都度課金が必要で視聴期限がある。

2.映画【14歳】のDVD・Blue-rayレンタル開始日はいつから?

大手2社のTSUTAYA(ツタヤ)とGEO(ゲオ)の映画【14歳】のDVD・Blue-rayレンタルが開始されているか調べた結果は、次のようになっています。

レンタルショップ宅配/レンタル状況
TSUTAYA(ツタヤ)
GEO(ゲオ)

3.映画【14歳】のDVD・Blue-ray販売状況と開始日はいつから?

Amazon | 14歳 [DVD] | 映画
廣末哲万, 廣末哲万, 廣末哲万, 並木愛枝, 藤井かほり, 渡辺真紀子, 香川照之, 高橋泉 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

4.映画【14歳】のフル動画で無料視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!

映画【14歳】の動画をフル視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!
U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録することで、誰でも無料で簡単に『31日間』思う存分、映画【14歳】をフル視聴で楽しむことができるのです。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をなんとなくは目にしていたけれど、登録することを迷っていたり、解約手続きが面倒で躊躇していたなら、絶対もったいない時間を過ごしています。

なぜなら、U-NEXT(ユーネクスト)の「31日間無料トライアル」を試すのに、登録時間はたったの3分で、映画【14歳】の動画がすぐに視聴することができます。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は、登録から31日以内に解約すれば「月額料金」は一切かかりません。

さらに、U-NEXT(ユーネクスト)の解約手続きもたったの1分で完了してしまうのです。

さっそく、公式サイトで詳しく確認はコチラ>>>【14歳】

「U-NEXT(ユーネクスト)」を登録する前は、私もあなたと同じで『U-NEXT(ユーネクスト)の登録や解約手続きを知って納得していない!』と登録はできないですよね。

そこで、「U-NEXT(ユーネクスト)」の登録と解約手続きを画像付きで紹介しているので、必ず確認してくださいね!

5.映画【14歳】の見所・ストーリー(あらすじ)・出演の俳優と女優は?

【14歳】は、『若さは、痛み。』かつて14歳だった男女と、14歳の今を生きる生徒たちの運命が交錯する!

【14歳】の見所とストーリー(あらすじ)について、ネタバレにならない程度に少しだけさわりを紹介していきます。

【14歳】の見所

【14歳】の見所は、「ある朝スウプは」の廣末哲万が14歳という微妙な年齢をテーマに描いたドラマ。

痛々しいほど切実な人々の思いが胸に迫る。

「寄生獣」の染谷将太が生徒役で出演している。

【14歳】のストーリー(あらすじ)

14歳の時に学校への放火を疑われ、彫刻刀で教師を刺した過去を持つ深津。

大人になった彼女は教師となり、辛い毎日を送っていた。

そんなある日、深津はかつての同級生・杉野と再会する。

彼もまた、14歳の頃の暗い記憶を引きずったまま大人になっていた。

【14歳】のキャスト・スタッフの過去作品

【監督】
廣末哲万
<主な作品>
・14歳

【脚本】
高橋泉
<主な作品>
・14歳

【音楽】
碇英記
<主な作品>
・14歳

【出演】
(深津稜[26歳]役)
並木愛枝
<主な作品>
・14歳

(杉野浩一[26歳]役)
廣末哲万
<主な作品>
・14歳

(雨宮大樹[14歳]役)
染谷将太
<主な作品>
・14歳

(一原知恵[14歳]役)
小根山悠里香
<主な作品>
・14歳

(芝川道菜[14歳]役)
笠井薫明
<主な作品>
・14歳

(林路子[14歳]役)
夏生さち
<主な作品>
・14歳

(村田茂夫[14歳]役)
椿直
<主な作品>
・14歳

(島村美枝[14歳]役)
相田美咲
<主な作品>
・14歳

(深津稜[14歳]役)
河原実咲
<主な作品>
・14歳

(杉野浩一[14歳]役)
榎本宇伸
<主な作品>
・14歳

【14歳】の作品詳細

【原題】14歳
【制作国】日本
【制作年】2006年
【ジャンル】社会派ヒューマンドラマ、青春ドラマ

6.映画【14歳】の世間の感想や口コミ評価は?(ネタバレあり)

【『ある朝スウプは』 ふたたび】
昔、プレイボーイ達の間でこんな占いがあった。
隣に座った知らぬ女性の手相を見る。
こう言えばいい。
「ああ いつもニコニコがんぱっているけれど
あなた、一人になると、ズシンってくることあるでしょ」
ほぼ全員当たる。

どんなに今を明るく生きているように見えても
誰もがきっと、人に傷つけられて
心の迷路に閉じ込めらてしまったことがあるだろう。
でもそれと、なんとか「折合い」をつけてみんな生きている。
「折合い」とは、出口のないダンジョンから生還することではなく
抜け出せないことに諦めて
迷路に今、迷い込んでいるということを、忘れてしまうことだ。
そうやって人は生きていくのだと思う。
そして忘れたとたん、今度は誰かを、傷つけていたりもするのだ。

人を傷つけることの循環の輪の中でしか
私達は生きていくことができないのだろうか。

人は人と、あるいは自分と、どう向き合ったらいいのか…

『ある朝スウプは』のあの修羅場が
学校に舞台を代えて再現されてゆく。

社会問題ともなったいわゆる「14歳問題」
本作は確かに「14歳」に焦点を合わせているが
寧ろ誰にもある「心の迷路」との向き合い方に
何か手立てを見つけたくて、もがきにもがいた映画だと思った。

人は人へ向き合うことなど、本当はできないのかもしれない。
でも、私達は人の輪の中にいる。生きていくかぎり。

人を描いて、これほど正直な映画があっただろうか。
私は、廣末哲万さんと高橋泉さんの
ひたすら正直な「人へ向き合うことのもがき」を本作に観たような思いだ。

誰もが心に傷を負い、誰もが迷路の中にいる。
もがくことが人生の全てであるかのように、映画はもがく。

ラストカットで叫んだ廣末哲万さん演ずる杉野の叫びは
きっと誰もが忘れらなくなるだろう。
あまりに頼りなく、しかし確かな、一筋のひかりの中で
本作は終わる。

【その不快感、意図的?】
観た直後の感想。
気分悪い。不愉快。

“ある朝スウプは”のずっしりとした空気はあまりにも日常で、
大人が作った同世代の世界だからこそ、
そのリアルな描かれ方にずしーんときたのだけれど。

はっきりいってこの作品、私には合わない。
ここ数年、何かと世間に取りざたされる『14歳』というキーワード。
この作品。“いまどきの14歳”を描いているのだけど、
その描写、見事なまでに大人目線で決めつける。

“逃げてもいいのよ。それって大人の特権なんだから”
“あの頃の自分をあの子たちの中に探しているのなら、 教師なんてやめなさい。”

なんだろう。
カウンセラーの人のセリフひとつひとつに腹が立つ。無性に。
もっともらしい哲学めいた言葉達。
私の苦手な分野だ。

結局この手の話は、観る人のバックボーンによって
感想は大きく変わる作品なのだろうな。

いまどきの子はこうなんじゃないの?という、どこまでも“大人の目線”。
年の割に精神年齢が幼い私からしてみたら、“オーゲサなんだよ”で片づいてしまう。
そんな自分は偏屈なのか・・?

例えば“リストカット”という言葉がある。
これも、大人達が煽った挙句に築き上げられた流行。

リストカットがいくつあるか、が
中学生の間では一種のステイタスになっているという。
本気で死と向かい合った結果残る、大人の“ためらい傷”とは
その意味さえ違ってきている。

子ども達に理解があるような素振りの教師。
子ども達に“例外”を許さない絶対的な教師。

香川照之さん演じるベテラン教師は、一見子ども達の敵。
だけど彼のような、14歳の少年少女たちの“異質”を認めない存在こそが
子ども達がこの先、何年もかけて作り上げていくはずの日常。

“生徒手帳”の様な存在が、
この作品にスパイスとして効果的に描かれる。

そう、やる気がない訳じゃない。
“考え方が違うってだけ。”

ただ、大人になった私は多少なりとも知ってしまっている。
教職に就く人間は、四六時中みんなの“センセイ”でいる訳ではないという事。
勤務が終われば当然家に戻り、一人の個人、誰かの夫、誰かの親へと戻るという事を。

ラストの杉野のセリフ。
正直これも腹が立つ。

でも、言いたいことは何となくだが解かる。
この不快感。
それら全てをひっくるめ、それが製作者の狙いだとしたならば
まんまとしてやられたり、か。

“そんなの知ったこっちゃない”
でもあんたが本気なら・・”

大人目線で語る当り前のこと。
大人になる少し前“14才”の世界だって変わらない。
少なくとも自分はね、そうだった。

“ある朝スウプは”で感じた衝撃とはまた違い、
私にはまったく感情の入れようがない作品だった。

【救いがたい真実に救われる】
手元に本作『14歳』のチラシがある。裏面には“「記憶」と戦い、変えていく、明日への物語”というコピーとストーリー。しかし、この映画は他人に粗筋を解説する事なんか出来ない、イマジネーションの極致のような作品である。

演じる中学生や大人たちの無表情感や、10数秒の間セリフがない映像を突きつけられ、観客はそれぞれの「14歳」をイメージする。後半多用されるフェードアウト→暗転の手法では、観客が勝手に次にくるであろうエンドロールをイメージし、その後の「14歳」たちを観客自身に描かせる。結論など何もない。見事に罠にかかってしまった。
多分、観たもの十人が十色の感想を持つのではないだろうか。自分が生きてきたバックボーンを重ねながら、汲み取れる部分とそうでない部分とに分けながら。

イメージ的には現在公開中の『明日、君がいない』に近い作品。
舞台である中学校で起こる一つ一つが、「こうあって欲しくない」との観客の願いを彫刻刀でゆっくり削ぎ落とすように裏切り続け、逃れようのない真実を突きつける。これが中学校の実態かもしれない。
『リリィ・シュシュ』のように涙を流せるような悲劇は起こらないが、教師も生徒も綱渡りのような恐怖で毎日を送っているのだと想像した。

映画に想像を求めず、起承転結の全てを監督や脚本の思惑通りに楽しみたい方には全く不向き。レビューで“う~ん”と書く癖のある方はやめておいた方が良いです。本当に考えさせられる映画ですから。

PFFスカラシップ、また心に残る作品に出会いました。映画館を出た後は★4.の評価だったのですが、今こうしてレビューを書いているうちに★5.に変わってしまいました。不思議な作品です。名優・香川照之さんのお蔭かな。

【あのころの未来にぼくらは立っているのかな】
重く、揺らぎ、閉塞感溢れる14歳を、同じ時期を経験した大人目線と平行して描
き出した秀作。

ある朝スウプのずっしり感がたまらない方にはこちらももれなくがつんときます。

はっきりと形にならない心の闇をよくここまでえぐり出したな~という気持ちが
大半ではあるのですが、その実、正直私にはそれがどこまで今の等身大の『14歳』
に迫っているんだかさっぱりわかりません。

我が身振り返れば私にだっていっちょまえに悩みはあったはずだけど、たいして
思い出せない。
寝てしまえば忘れるような些細なことばかりだったのかな……。
彼らよりもっと要領が良かったのか。
もしくは相当に鈍感だったのか。
それとも今の私の記憶力が圧倒的に足りないか(笑)

いずれにしろその程度の14歳を過ごしていた私はなんとも脳天気少女でしたね~。

だから、この息苦しいまでの作品に多くの『共感』が寄せられるという現実が一
番重たい。

無邪気でいられるほど子供ではなく。
突き放して割りきってやりすごせるほど大人ではなく。
大人の論理に自分という個性がからみとられるような、抹殺されるような圧力か
ら逃げようともがく狭間の14歳。

毎日を過ごす。
その重みを知る。

【まだまだ荒削り】
14歳の時のトラブルを抱えた大人が、14歳の子供との新たなトラブルに直面することによって、過去のトラブルを再認識する、というストーリー。

BGMをほとんど使っておらず、物凄く静かな作品である。また、ハンディカメラを使ったり、色々と演出上の細かい挑戦をしているところも感じられる。ただ、そういったひとつひとつが相乗効果をあげているかといえばそうとも言えず、若い監督が色々と試してみたいこと、自分の引き出しにあるものを片っ端から詰め込みました、という映画になっていると思う。良く言えば荒削り。悪く言えばまとまりがない。

脚本も、演出も、色々と難があるなぁ、という感じで、人によってはこういう映画を高く評価するのかも知れないけれど、エンターテイメントとしてはまだ一定の水準に達していないように感じる。同じ監督が10年後にこの作品を自分でリメイクしたらどうなるのかな、と思う。もちろん、10年後には失われてしまい、もう取り戻すことができない何かもあるんだと思うのだけれど、その「何か」よりも、これからの10年で監督が身につけるであろう別の「何か」の方が、価値があるんじゃないかな、と感じる。

あと、「また香川照之か!」と思う(笑)。物凄く器用な役者さんだし、何をやっても存在感があることは間違いがない。だけど、ちょっと出すぎな感じもする。別に良いんだけど。

【引用:Yahoo映画「14歳」

7.「【14歳】映画のおすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」まとめ

【14歳】映画のおすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法まとめ

「【14歳】映画のおすすめ無料動画配信サービス情報どれで見れる?|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」について解説してきました。

いかがだったでしょうか?

結論:映画【14歳】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

ズバリ!映画【14歳】をイッキ見する方法は、動画配信サービスの無料お試し期間を上手に活用することがポイントなのです。

昨年から一気に注目度が上がった動画配信サービスをまだ試していないならもったいないです。

現在、私が実際に映画・海外ドラマ・韓国ドラマをキレイな映像で楽しんでいる動画配信サービスは「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

特に、映画や海外ドラマがどの動画配信サービスよりも充実している「U-NEXT(ユーネクスト)」が私的にはNo.1の動画配信サービスと言っても過言ではありません。

さらに、海外の人気シリーズドラマや韓国ドラマ・映画、アニメ・キッズ作品も充実しているので、個人的にも楽しめて、さらにお子さんやご家族で充実した動画配信ライフを過ごせるサービスなのでオススメです。

今すぐ、あなたのスマホ(スマートフォン)・パソコン(PC)・タブレットや大画面のテレビで、映画【14歳】を安全に視聴できます!

映画【14歳】が気になっていた、映画館で観ることができなかった、テレビ放送を見逃してしまった、DVDやBlue-ray を購入するのもちょっと、レンタルショップで借りに行くのが面倒な方にピッタリなのが動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の活用です。

まだ、映画や海外ドラマ好きで動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の無料体験を試していないなら、映画【14歳】の視聴をきっかけに試してみてはいかがでしょうか?

もちろん無理強いはしません。

映画・海外ドラマ好きの中でも利用者急増中の動画配信サービスこそ「U-NEXT(ユーネクスト)」!!

▼今すぐ体験しちゃおう♪▼

U-NEXT
>>>さっそく、最新作から旧作まで映画が充実している動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料トライアルはコチラ

U-NEXT(ユーネクスト)のお試し無料期間をうまく活用して、映画【14歳】の動画をイッキ見してしまいましょう。

本ページの情報は2021年5月4日時点のものです。

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況・料金・キャンペーン等は各公式サイト「U-NEXT(ユーネクスト)」「dTV」「hulu」「FOD PREMIUM」「ビデオマーケット」「Amazonプライムビデオ」「Netflix(ネットフリックス)」「TELASA(テラサ)」「WATCHA(ウォッチャ)」「TSUTAYA(ツタヤ)」「GEO(ゲオ)」にてご確認くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました