【HOKUSAI】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス情報を早見一覧表でまとめて分かる

【HOKUSAI】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス情報を早見一覧表でまとめて分かる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法
【出典:U-NEXT「HOKUSAI」

映画「HOKUSAI」を無料で見る方法はあるの?

この疑問をズバリ解決しましょう!!

映画【HOKUSAI】をDailymotion・pandora等の違法サイトではなく、公式の動画配信サービス(VOD)で安心して無料視聴できる方法を調査しました。

いきなり『結論』から言いますと、

結論:映画【HOKUSAI】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
残念ながら現時点では、映画【HOKUSAI】を完全無料で見ることはできません!
しかし、動画配信サービス「U-NEXT」の【31日間無料トライアル】の初回登録でもらえる600円分のポイントを利用してお得に視聴可能!

本記事は、「【HOKUSAI】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス情報を早見一覧表でまとめて分かる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」について、わかりやすく解説しているので、映画視聴の参考にしてもらえれば嬉しいです。

本記事を読むメリット!
・映画【HOKUSAI】の動画を無料視聴できる方法がわかる。
・映画【HOKUSAI】の動画を安全で確実に視聴できる。
・映画【HOKUSAI】以外の気になる海外ドラマや話題の国内映画・韓国ドラマも視聴できる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトで探す手間がなくなる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトからウイルス感染することがなくなる。
・わざわざレンタルショップに借りに行く必要がなくなる。
・借りたDVD・Blue-rayの返却忘れで延長料金を払う必要がなくなる。
・いつでもどこでも簡単に動画が視聴できるようになる。
・映画や海外ドラマに最適な動画配信サービスがわかる。

そこで、本記事では、

■映画【HOKUSAI】の動画を配信している動画配信サービスが一覧で紹介!
■映画【HOKUSAI】の動画を無料視聴でイッキ見する方法!
■映画【HOKUSAI】のネタバレにならない程度のあらすじを紹介!
■映画【HOKUSAI】のキャスト・スタッフが出演している他作品を紹介!
■映画・海外ドラマの視聴に最適な動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を紹介!
■映画・海外ドラマを視聴するときによく比較される動画配信サービス5社を紹介!
■動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向を紹介!
■最新作から旧作まで思う存分に映画・海外ドラマを楽しめる最適な動画配信サービスNo.1を紹介!

など、上記の内容について徹底的にまとめています。

※0円で動画配信サービスをお試し視聴スタートできる方法
最近は、映画・ドラマ・アニメを動画配信サービス(VOD)が増えている中で、見放題作品が豊富なのに、初回利用なら31日間もお試し視聴できちゃう動画配信サービスを試していないなら損してますよ。
U-NEXT(ユーネクスト)は、31日間も無料体験があるので、無料トライアル期間中を思う存分、映画・ドラマ・アニメなどをいつでもどこでも楽しめるんですよね。
>>>U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料体験はこちら

では、「【HOKUSAI】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス情報を早見一覧表でまとめて分かる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」について詳しく解説していきます。

1. 映画【HOKUSAI】が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?

映画【HOKUSAI】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?
映画【HOKUSAI】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)は、次の早見一覧表にまとめました。

※横幅がはみ出している部分は「横スクロール」して見てくださいね。

動画配信サービス見放題PPV(課金/ポイント制)お試し無料期間月額料金(税込)
U-NEXTx31日間2,189円
dTVxx31日間550円
huluxx2週間1,026円
FOD PREMIUMxx2週間976円
ビデオマーケットxx1ヶ月間プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:1,078円
TSUTAYA TVxx30日間1,026円
Amazonプライムビデオxx30日間月額:500円
年間:4,900円(月額408円相当)
Netflixxx30日間ベーシック:880円
スタンダード:1,320円
プレミアム:1,980円
TELASA(テラサ)xx15日間618円
WATCHA(ウォッチャ)xx1ヶ月間ベーシックプラン:869円
プレミアムプラン:1,320円

上記の動画配信サービス会社から配信されているかどうかの確認については、【見放題配信:○】【課金配信:●】【配信なし:×】で表記しております。

見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の違いは?

動画配信サービス(VOD)には、見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の動画作品がありますので、この機会に違いについて知っておきましょう。

区分内容
見放題追加料金なしで視聴できる。
レンタル(PPV・課金・ポイント制)都度課金が必要で視聴期限がある。

2.映画【HOKUSAI】のDVD・Blue-rayレンタル開始日はいつから?

大手2社のTSUTAYA(ツタヤ)とGEO(ゲオ)の映画【HOKUSAI】のDVD・Blue-rayレンタルが開始されているか調べた結果は、次のようになっています。

レンタルショップ宅配/レンタル状況
TSUTAYA(ツタヤ)2021年11月5日からレンタル開始予定
GEO(ゲオ)2021年11月5日からレンタル開始予定

3.映画【HOKUSAI】のDVD・Blue-ray販売状況と開始日はいつから?

Amazon | HOKUSAI [DVD] | 映画
柳楽優弥, 田中 泯, 玉木 宏, 瀧本美織, 津田寛治, 青木崇高, 辻本祐樹, 浦上晟周, 芋生 悠, 河原れん, 城 桧吏, 永山瑛太, 阿部 寛, 橋本 一 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

4.映画【HOKUSAI】のフル動画で無料視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!

映画【HOKUSAI】の動画をフル視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!
U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録することで、誰でも無料で簡単に『31日間』思う存分、映画【HOKUSAI】をフル視聴で楽しむことができるのです。

【HOKUSAI】は、770円分のポイントを購入する必要があります。

しかし、U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録すると600円分のポイントがもらえるので、実質170円で【HOKUSAI】を視聴できるのです。

600円-770円=170円

また、【HOKUSAI】も新作・新入荷の期間が終わると見放題になることもあるので、それまでは他の人気の韓国ドラマや話題の映画、海外ドラマ、アニメなど豊富な動画が揃っているU-NEXT(ユーネクスト)を楽しむのがおすすめです。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をなんとなくは目にしていたけれど、登録することを迷っていたり、解約手続きが面倒で躊躇していたなら、絶対もったいない時間を過ごしています。

なぜなら、U-NEXT(ユーネクスト)の「31日間無料トライアル」を試すのに、登録時間はたったの3分で、映画【HOKUSAI】の動画がすぐに視聴することができます。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は、登録から31日以内に解約すれば「月額料金」は一切かかりません。

さらに、U-NEXT(ユーネクスト)の解約手続きもたったの1分で完了してしまうのです。

さっそく、公式サイトで詳しく確認はコチラ>>>【HOKUSAI】

「U-NEXT(ユーネクスト)」を登録する前は、私もあなたと同じで『U-NEXT(ユーネクスト)の登録や解約手続きを知って納得していない!』と登録はできないですよね。

そこで、「U-NEXT(ユーネクスト)」の登録と解約手続きを画像付きで紹介しているので、必ず確認してくださいね!

5.映画【HOKUSAI】の見所・ストーリー(あらすじ)・出演の俳優と女優は?


【出典:YouTube「HOKUSAI」予告編】
【HOKUSAI】は、柳楽優弥、田中泯W主演、孤高の絵師・葛飾北斎の生きざまを描いた時代劇!

【HOKUSAI】の見所とストーリー(あらすじ)について、ネタバレにならない程度に少しだけさわりを紹介していきます。

【HOKUSAI】の見所

【HOKUSAI】の見所は、世界の芸術家たちに影響を与えながらも、その人生には謎の多い葛飾北斎の生涯を映画化。

挫折と栄光を経験し、命燃え尽きるまで描き続けた北斎の怒涛の画狂人生を描く。

【HOKUSAI】のストーリー(あらすじ)

【HOKUSAI】のストーリー(あらすじ)
【出典:U-NEXT「HOKUSAI」
腕は良いが、食うことすらままならない生活を送る若き日の北斎。

ある日、北斎は人気浮世絵版元の蔦屋重三郎に腕を見込まれるが、なかなか認めてはもらえなかった。

歌麿や写楽に先を越され、もがき苦しむ北斎は、大自然の中で本当の自分らしさに気づき…。

【HOKUSAI】のキャスト・スタッフの過去作品

【監督】
橋本一
<主な作品>
・HOKUSAI

【脚本】
河原れん
<主な作品>
・HOKUSAI

【音楽】
安川午朗
<主な作品>
・HOKUSAI

【出演】
(葛飾北斎[青年期]役)
柳楽優弥
<主な作品>
・HOKUSAI

(葛飾北斎[老年期]役)
田中泯
<主な作品>
・HOKUSAI

(喜多川歌麿役)
玉木宏
<主な作品>
・HOKUSAI

(コト役)
瀧本美織
<主な作品>
・HOKUSAI

(永井五右衛門役)
津田寛治
<主な作品>
・HOKUSAI

(高井鴻山役)
青木崇高
<主な作品>
・HOKUSAI

(滝沢馬琴役)
辻本祐樹
<主な作品>
・HOKUSAI

(東洲斎写楽役)
浦上晟周
<主な作品>
・HOKUSAI

(麻雪役)
芋生悠
<主な作品>
・HOKUSAI

(お栄[応為]役)
河原れん
<主な作品>
・HOKUSAI

(葛飾北斎[少年期]役)
城桧吏
<主な作品>
・HOKUSAI

(柳亭種彦役)
永山瑛太
<主な作品>
・HOKUSAI

(蔦屋重三郎役)
阿部寛
<主な作品>
・HOKUSAI

【HOKUSAI】の作品詳細

【原題】HOKUSAI
【制作国】日本
【制作年】2021年
【ジャンル】歴史・時代劇・伝記ドラマ

6.映画【HOKUSAI】の世間の感想や口コミ評価は?(ネタバレあり)

【為政者の気に障るもの排除、は今も変わらず】
新聞に全面広告が載っていた、このコロナ禍にもかかわらず、「今だから北斎」をコピーに大博打に打って出た印象。ポイントは幕府の気に障るものへの弾圧で、今の政治情勢に絡めていると思われる。だから今こそなんでしょうが、その企みは半ば成功し半ば失敗と終わる。宣伝文句にもあるとおり北斎の絵師として人気は今も世界を席巻し、だからHOKUSAIなんでしょうが、そうして観れば外国で受けそうなジャポニズムが満載で、花魁から武士、富士山、赤フン、そして浮世絵のトップスター、歌麿・写楽・そして北斎と日本カタログの様相。

前半はすこぶるよろしく、弾圧にも屈することなく危機はチャンスとばかりにプロデューサー業に邁進する蔦屋を軸に、町屋から花街まで江戸文化を百花繚乱のアラベスク。蜷川実花顔負けの極色彩、しかも縦横斜めも不足で真上から天地のひっくり返りまで、ケレン身たっぶりなカメラで、当時のカウンターカルチャーの面目如実を描き出す。翻って、どんな天才もまとめ上げるプロデューサーの存在がいかに大切かが明確に描かれ、演ずる安部寛の勝負勘が冴えわたる。

蔦屋の挑発に乗せられ一念発起の北斎がやっと登場するが、やや伏し目の柳楽優弥に「誰も知らない」の面影がくっきりと見せつけられるのも久しぶり。だが瀧本美織を女房に、多くのお弟子も抱える順風ぶりに面白味は次第にトーンダウン。やがて蔦屋亡き後滝沢馬琴(演ずる辻本祐樹の眉目秀麗ぶりにご注目)との協業に描かれる、馬琴の文章と北斎の画のバランス問題も中途半端に終わり消化不良が残念。

そしていよいよ田中眠による北斎が登場し富嶽三十六景へのハイライトに突入。まだまだ描き足らないと、天才如実に不自由な体を押して旅に出、圧巻の美に次々と遭遇し創作意欲がわき上がる絶頂を迎える。映画はなんとなくあっさりとリスキーな旅を終え、描き上げた絵が版画となの市中を席巻する絶頂期。ですが、並行して描かれる永山瑛太扮する戯作者・柳亭種彦への幕府の弾圧が理不尽で容赦なく、武士ではない北斎には直接的に向かわないものの大きく描かれるが、レジスタントとして北斎が立ちまわるわけでなく、食い足りない印象を残す。生首辺りの苦渋に圧政への抵抗が伝わるものの信州へ避難のきっかけ程度が勿体ない。

映画化により筆による繊細な線をスクリーンに定着させるのが本作最大の功績で、たとえば写楽の歌舞伎役者がなんと圧巻の眉から一気に描き上げるシーンには震えました。目で見えるものでなく心で描く、あのデフォルメの真意もひしひしと伝わる。それにしても大スクリーンいっぱいに映された「神奈川沖浪裏」の圧巻美を改めて見せられると映画が霞んでしまうのは致し方ないか。

【北斎が見てきた改革の犠牲者たちの物語】
2021.5.28 MOVIX京都

2020年の日本映画(129分、G)
実在の人物「葛飾北斎」と「彼と関わった絵師、版元、戯作家ら」を描いた自伝系ヒューマンドラマ
監督は橋本一
脚本は河原れん

物語は、のちの葛飾北斎(若年期:柳楽優弥、老年期:田中泯)こと川村時太郎(城桧吏)が砂浜に絵を描いているところから紡がれる

そして時を経た寛政の時代、時太郎は勝川一門から破門され、独学で絵師として江戸で生計を立てていた

時の将軍・松平定信の命により「洒落本」などの規制が厳しくなる頃、江戸の版元(現在の出版社)「蔦屋」に摘発に入る

その主・蔦屋重三郎(阿部寛)は微動だにせず、「お上からのお墨付きが与えられた」と一笑に付す

重三郎は絵の目利きができ、喜多川歌麿(玉木宏)を吉原漬けにして浮世絵を描かせ儲けていた

ある日、勝川春朗(北斎を名乗る前の名前、以下ややこしいので北斎で統一)の絵に何か感じた重三郎は、彼の家に出向き「ウチで絵を描かないか?」と持ち掛ける

だが、「人に指図を受けて描きたくない」という理由で北斎はあっさりと断った

物語は、重三郎が北斎の家に小判を置き、それに反応したところから動き出す

蔦屋に出向くと、「主人は吉原だ」と瑣吉(のちの曲亭馬琴、演:辻本祐樹)に聞かされ、その足で吉原へと足を運ぶ北斎

そこでは、吉原一の遊女・麻雪(芋生悠)をモデルに、人気絵師の歌麿が浮世絵を描いていたのである

映画は4幕構成になっていて、前半2幕が若年期、後半2幕が老年期となっている

ぶっちゃけ、80年の人生を2時間にまとめるのは無理があり、しかも北斎の人生譚というよりは「その時代に関係のあった人々の人生を描いている」ように感じた

1幕の主役は重三郎だし、2幕は歌麿と写楽、3幕でようやく「富嶽三十六景」を描く北斎が出てきて主人公っぽくなるが、4幕はほぼ柳亭種彦(永山瑛太)の物語にしか思えない

柳楽優弥と田中泯の目力は凄いんだが、北斎ってどんな人生だったのか?というのは意外なほどに伝わらない

物語のメインが「寛政の改革」による「言論統制」であるものの、その惨さを「北斎が経験しない」というシナリオになっていて、劇中では北斎の作品は一切燃やされたりしない

問題作「生首図」も友人・高井鴻山(青木崇高)が預かるし、北斎自身が危険になるシーンもほぼほぼ皆無である

なので、言論統制と北斎という関係でいえば、この映画で書かれていたのは「北斎の友人が犠牲になった」という一面だけが描かれていると言っていい

重三郎が過料、歌麿は投獄、種彦に至っては自害と吹聴された実質処刑だったりする

これで北斎の凄さを体感せよと言われても無茶としか言いようがありません

いずれにせよ、主演ふたりの怪演は見所があるし、キャスト陣の名演は凄いと思うが、脚本がグダグダなので「めっちゃ長い」というのが正直な感想である

タイトルを「HOKUSAI」としているところに外国向けのPV的な側面は否めないが、これで北斎の凄さが伝わるとは到底思えません

なので、海外で上映されても「ジャパン、クレイジー」で終わるのではないでしょうか

色々と端折りすぎなので、大河ドラマか何かで「このキャストで撮り直してほしい」と言うのが本音である

この内容では映画にした意味をあまり感じません

【なるほど・ざ・北斎】
御贔屓役者二人主役とあって贔屓目で観させていただいた。
柳楽優弥さん、田中泯さんが北斎の青年期と老年期を演じ分けている。
物語そのものはいたってシンプル、絵が有する魔力の真髄に目覚める青年期、栄華、金品を求めることなく世の中の不条理にたてつく老年期、わかりやすい。

しかし、ここで僕は北斎のことをほとんど知らないことに気づいてしまう。
知っていることと言えば 「富岳三十六景」くらいだけだということに。
その富岳三十六景がフランスの印象派に大きな影響を与えたことを、世界史の
受験勉強で知っていたくらいだ。
シネマを観終わってから、北斎のことを調べてみる、こんな向学心を呼び起こすのもシネマならではの功績なのかもしれない。

志の低かった北斎が風景画に到達するまでの青年期を柳楽さんが、その後肉筆画、挿絵画など広いジャンルでの画家に変幻していく老齢期を田中さんが演じていることを確認した、シネマ鑑賞にもある程度の常識は必要なことを痛感する。

例の「富岳三十六景」は北斎70歳過ぎのころ手指のマヒ(脳出血のようなものか)を克服ししながらの旅の途中に着想を得るシーンがある、
シネマの見せ場だったが、その時代の古希を過ぎた老人としては異様な活力だったことがわかる(田中さんの立ち振る舞いに魅了される)。
以上 「なるほど・ざ・北斎」である。

本シネマでは一貫して北斎の反体制思想をたたえる、好きなことが自由にできる世の中にしたい・・・と。
その象徴でもある武士でありながら戯作作家の不遇な死、それをきっかけに江戸を逃れ信州に隠れる、
そこで描く「怒涛図」は、シネマのもう一つの見せ場になっている、若き日の北斎と米寿の北斎二人が並んで絵を描く幻想シーンだった。

僕のご贔屓役者協業の晴れ舞台でもあった。

【『田中泯』の身体表現に眼を瞠れ】
「十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人」とは良く言われることだけど
この男の場合はまるっきり真逆、歳を重ねるに連れその技巧は際立ち、
本人をして
「己六才より物の形状を写の癖ありて
半百の此より数々画図を顕すといえども
七十年前画く所は実に取るに足ものなし
七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり
故に八十六才にしては益々進み
九十才にして猶其奥意を極め
一百歳にして正に神妙ならん与欠
百有十歳にしては一点一格にして生るがごとくならん」
と書かせるほど。

日本を代表する絵師であり
奇行のエピソードも多く
映像化には向いていると思うのに
映画作品は意外に少なくて
『新藤兼人』による〔北斎漫画〕くらいしか思い出せず。

取り上げるべきことが多すぎて、脚本化が却って大変なのかなと思いつつ、
想像の翼を十二分い広げられる余地は多くあるのだろう。

とはいえ本作の様に
官憲の横暴への憤怒が創作の源泉になる風の描写は
首を傾げる。

〔怒涛図〕や〔神奈川沖浪裏〕を含む三つの「波」の絵が
メルクマークになったとの主張も牽強付会にしか思えず。

全体的に造りも不親切で
登場する人物達は
人によっては名前を明示されることもなく。

個人的な整理も含め一覧にしてみたが、

『葛飾北斎』 1760-1849
『蔦屋重三郎』1750-1797
『喜多川歌麿』1753-1806
『東洲斎写楽』1763-1820
『曲亭馬琴』 1767-1848
『柳亭種彦』 1783-1842

多くは近しい年齢であることも判る。

実際の歴史も併せてみると、
小布施は二度に渡って訪れ
一度目は1842年で確かに『柳亭種彦』が享年六十歳で亡くなった年。
二度目は1844年から4年間も滞在しており
〔怒涛図〕はこの時に描かれているハズ。

何かと言えば、
脚色が過ぎれば興を削がれるとの代表のような一本との評価。

ただそういった不満を凌駕してお釣りが来るのが
「画狂」らしさを存分に味あわせてくれる
『田中泯』の身体表現を含めた演技の素晴らしさ。

特に「北斎ブルー」得た時の歓喜のシーンは
憑依したかと思えるほどの渾身の出来。

他方の『柳楽優弥』は、最近では
どの役を演っても類似のテイストで
〔今日から俺は!!劇場版〕での『柳鋭次』と区別が付きません。

ハナシは変わって、
本作にも登場する娘の『お栄/応為』は
生没年を含め詳細がほぼほぼ不明にもかかわらず
『杉浦日向子』の〔百日紅〕を原作にしたアニメ〔百日紅~Miss HOKUSAI~〕があり、
おきゃんな小気味の良い性格が『杏』の声とも相俟って、
なかなかの出来であったと記憶。

脚色とはこうあって欲しいもの。

【柳楽くんと田中泯さんで大成功】
江戸の浮世絵師、葛飾北斎の生涯を、独自の視点で描いた作品です。
若い頃の北斎を柳楽優弥くん、老いてからの北斎を田中泯さんが演じています。

この二人のキャスト選びが大成功でしたね。
柳楽くんの目の奥の輝き、
そして田中泯さんの凛とした身のこなし、
これは演技以前に、お二人に備わったものでしょうが、圧倒されました。

特に田中泯さんの
街中で突風に人々が慌てる様子を嬉々として書き留めるシーン、
青い絵の具を自分自身に浴びせかけて、これだ!と納得した表情を見せるシーン、
本当に素晴らしかったです。さすが、本業がダンサーという田中泯さんの面目躍如といったところでしたね。
他に誰も真似できない演技、身のこなしでした。カッコ良かった。

この作品、北斎のいわゆる伝記作品とはちょっと違います。
北斎が有名になる前、阿部寛さん演じる画商に才能を見出されるまでが作品の前半、
名声を得て家庭を持った壮年期、という部分を大胆に削ってしまい、
老いて病をえて後、富嶽三十六景の着想を得た頃を作品の後半として描かれています。

この作品の特徴として、説明的なセリフは全くなく、登場人物は多くを語らないので、北斎はほぼ表情と動きだけでその時の心情を表現していました。

また、映像が非常に美しいです。
遊廓、海、波、富士山、森の緑、血の色さえも美しく見せています。
映像美への強いこだわりを感じました。

おそらくストーリーにそれほどこだわりはなく、映像に語らせたい映画なんだと思います。
美術展の作品のように、観る側に丸ごと投げかけて、どうぞ自由に見て解釈してください、とでも言うように。
こういうのも映画作品の一つのあり方でしょう。

北斎といえば、
「百日紅~Miss HOKUSAI~ 」(2015 原恵一監督)、
これもかなりユニークで面白いアニメ作品でしたから、一見の価値はありますね。

橋本一監督の作品、私はあまり縁がなくて、「探偵はBARにいる」シリーズしか観ていないんですが、本作で描かれた美意識の高さには圧倒されました。
これからは監督の作品にも注目してみようと思います。

【引用:Yahoo映画「HOKUSAI」

7.Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトは危険!

・Dailymotion(デイリーモーション)
・pandora(パンドラ)
・anitube(アニチューブ)

上記サイトの動画は違法にアップロードされている動画投稿サイトです。

これらの動画をダウンロードすることも違法となります。

ダウンロードと同時に自分の知らないうちにデータがアップロードされるケースもあり非常に危険なのです。

ウィルス感染の恐れもありますので、ダウンロード後や動画視聴後に後悔するはめになります。

上記、公的機関や法律相談所でも明記されてます。

利用後に、余計な心配の必要がない、しっかりとした動画配信サービス(VOD)で見ることが、結局、安心でお得なのです。

8.映画・海外ドラマにおすすめの動画配信サービス人気ランキング【ベスト5】

動画配信サービスの人気ランキング【ベスト5】
【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)
【ランキングNo.2】dTV
【ランキングNo.3】hulu
【ランキングNo.4】FOD PREMIUM
【ランキングNo.5】ビデオマーケット

【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)

韓流LP

U-NEXTの特徴

U-NEXTの魅力とは?
・見放題動画が200,000本以上で新作も視聴可能!
・韓国ドラマ(韓流)やアジアドラマが400作品以上で見放題!
・K-POPやバラエティ作品もあり!
・雑誌70誌の最新号が読み放題!
・アダルト動画も豊富!
・月額料金は比較的高い!
・NHKオンデマンドも視聴可能(別料金)!
オススメ度★★★★★
月額料金(税込)2,189円
1日あたりの料金(税込)72.9円
作品数220,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>U-NEXT「31日間無料トライアル」

【ランキングNo.2】dTV

パイレーツオブカリビアン

dTVの特徴

dTVの魅力とは?
・格安料金で韓国ドラマの人気作品を見放題を楽しめる!
・作品数12万作品以上(カラオケタイトルを含む)
・ミュージックビデオやカラオケに対応
・dTVのオリジナルドラマ(元BeeTV)を視聴できる!
・月額料金が安い!
・レンタルサービスあり!
・動画をダウンロードできる!
オススメ度★★★★☆
月額料金(税込)550円
1日あたりの料金(税込)18.3円
作品数120,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>dTV「初回31日間無料」

【ランキングNo.3】hulu

韓流バナー

huluの特徴

Huluの魅力とは?
・低価格にも関わらず動画作品数70,000本以上!
・すべての作品がフルHD画質に対応!
・韓国ドラマ(韓流)など海外ドラマやオリジナルドラマ、限定配信が豊富!
・ハリウッドの人気映画やhulu独占配信の映画も視聴できる!
・視聴できる機器がスマホ以外も対応!
・幅広い支払い方法が用意されている!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)1,026円
1日あたりの料金(税込)34.2円
作品数70,000本以上
無料期間2週間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>hulu「2週間の無料トライアル」

【ランキングNo.4】FOD PREMIUM

FOD PREMIUM

FOD PREMIUMの特徴

FOD PREMIUMの魅力とは?
・フジテレビで放送中のドラマや過去の番組を独占配信しているので視聴できる。
・120誌以上の雑誌の最新号が読み放題!
・20万冊以上の漫画が電子書籍で読める!
・毎月もらえる1300ポイントで電子書籍などが買える!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)976円
1日あたりの料金(税込)32.5円
作品数40,000本以上
無料期間2週間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>FOD PREMIUM「2週間無料 新規入会」

【ランキングNo.5】ビデオマーケット

ビデオマーケットの特徴

ビデオマーケットの魅力とは?
・作品数が圧倒的にナンバー1(24万作品以上)
・新作ドラマのレンタルが安い!
・ドラマの全話レンタルやポイントバックの割引で安い!
・新作レンタル&見放題コースもある!
・韓国ドラマ(韓流)作品が1,100本以上と豊富!
・毎月540ポイント付与!
・作品検索が便利!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税込)プレミアムコース:550円
プレミアム&見放題コース:1,078円
1日あたりの料金(税込)プレミアムコース:18.3円
プレミアム&見放題コース:35.9円
作品数240,000本以上
無料期間1ヶ月間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>ビデオマーケット「お試しキャンペーン」

【無料VOD情報】アダルト・エロ動画を家族にもバレずに3万本以上が見放題でフル視聴できる方法
【子育てパパ必見】家族にもバレずに3万本以上のアダルト動画が見放題でフル視聴できる方法をご紹介します。エロ動画を安心して高画質で見れて、話題の映画・ドラマ・アニメが家族も楽しめる動画配信サービスをまとめて解説しています。

9.映画・海外(韓国)ドラマ視聴におすすめ動画配信サービス5社の比較まとめ

映画・海外(韓国)ドラマを見るのにおすすめ動画配信サービスを気になる項目ごとに比較一覧表でまとめて解説していきます。

人気動画配信サービス5社の映画・海外(韓国)ドラマ作品数を比較

動画配信サービス作品数月額料金(税込)お試し無料期間
U-NEXT220,000本以上2,198円31日間
dTV120,000本以上550円31日間
hulu70,000本以上1,026円2週間
FOD PREMIUM40,000本以上976円2週間
ビデオマーケット240,000本以上550〜1,078円1ヶ月間

(作品数は各動画配信サービスで常時変動します。2020年10月調査時点のデータ)

人気動画配信サービス5社の動画配信ジャンル別比較

動画配信サービス国内ドラマ海外ドラマ韓国ドラマ(アジア)オリジナルor限定配信
U-NEXT
dTV
hulu
FOD PREMIUM
ビデオマーケットx

人気動画配信サービス5社の月額料金比較

動画配信サービス月額料金(税込)1日あたりの料金(税込)
U-NEXT2,189円72.9円
dTV550円18.3円
hulu1,026円34.2円
FOD PREMIUM976円32.5円
ビデオマーケット550〜1,078円18.3〜35.9円

人気動画配信サービス5社の特典比較

動画配信サービスお試し無料期間特典
U-NEXT31日間・毎月1200ポイントもらえる。

・ポイントを使って有料の動画や電子書籍(コミック)に使える。

・追加料金なしで同時視聴が4台まで可能(子供や家族と共有できる)

dTV31日間・ポイントがもらえるキャンペーンをたまに開催
hulu2週間なし
FOD PREMIUM2週間・毎月1200ポイントもらえる(※毎月8の付く日「8日、18日、28日」にFOD PREMIUM会員限定で400ポイントがもらえる)

・電子書籍を購入するたびにポイントを20%還元

ビデオマーケット1ヶ月間・毎月540ポイントもらえる

もっと詳しく、動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)の比較を知りたい方のために、次の記事にてまとめているので、この機会にチェックしておきましょう!

【動画配信サービスどこがいい?】本当に満足できるVOD動画配信サービスの選び方を徹底比較検証!<最新版2020年>
「【動画配信サービス比較検証2020年最新版】動画配信サービスどこがいい?本当に満足できる動画配信サービスを徹底解説!」について、わかりやすく解説しているので、あなたにぴったりの動画配信サービス選びの参考にしてもらえれば嬉しいです。

10.動画配信サービスを利用している人の気になる動向!

動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向!
ほとんどのスマホ対応の動画配信サービスの登録者は見たい動画だけを視聴して、すぐに解約してしまいます。

しかし、「見たい動画を見終わったら解約!」って、実はとてももったいないことをしています。

特に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録してから31日間【HOKUSAI】だけではなく、話題のドラマや映画、アニメなど、多くの作品が「無料視聴できる!」ので楽しまないと損しているのですよ。

実際に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録することを決めた際は、とことん様々な作品を見ないのであれば、登録をオススメできません!

動画配信サービスを利用している人の気になる動向!
【出典:U-NEXTの公式サイト 】

U-NEXT(ユーネクスト)は、「登録から31日以内に解約!」してしまえば、映画以外の海外ドラマ・国内ドラマやアニメ・バラエティ番組など、豊富なジャンルの見放題作を無料で楽しむことができるのです。

しかし、映画【HOKUSAI】の動画が「いつまでU-NEXT(ユーネクスト)の配信対象になっているのか?」はわからないので、今すぐ登録して、映画【HOKUSAI】の動画だけは見逃さないで視聴することがオススメです。

無料期間を利用して、映画【HOKUSAI】の動画をまずは一気に見てしまいましょう!

とはいえ、映画【HOKUSAI】をU-NEXT(ユーネクスト)で見るかどうかは、好きにしてもらって構いません。

登録から31日以内なら、いつでもどこでも無料で、映画【HOKUSAI】を視聴できます。

さらに、たったの1分で簡単に解約できるので安心して試すせるのが「U-NEXT(ユーネクスト)」の魅力ともいえます。

11.U-NEXTの動画をテレビで見る方法は?

U-NEXTの動画をストリーミングデバイスからテレビに接続して見る方法が便利です。

ストリーミングデバイスを簡単に言うと、テレビのHDMI端子に「ストリーミングデバイス機器」をつなげるだけで、様々な動画アプリが使えるようになります。

U-NEXTに対応している「ストリーミングデバイス機器」には、次の3種類があります。

U-NEXT TV
Chromecast
Amazon Fire TV

それぞれストリーミングデバイス機器ごとに特徴があります。

しかし、購入後後悔しないのが『Amazon Fire TV』を選んでおいて間違いありません。

『Amazon Fire TV』がおすすめの理由について、解説していきます。

「U-NEXT TV」は、価格10,780円(税込)の割に対応アプリがU-NEXT関連のものとYouTubeだけなため利便性に欠けていると思いました。

「Chormecast」は、一端末で完結しないキャスト専用端末で、スマホやタブレットで再生したものをテレビに出力するものになっています。

「Chromecast」の方が便利だという人もいますが、実際に使った感想としては、一端末で完結していたほうが簡単で分かりやすと思いました。

上記の理由から「Amazon Fire TV」がテレビでU-NEXTを見るのに、一番最適だと思いました。

created by Rinker
Amazon
¥6,980(2021/04/14 23:20:44時点 Amazon調べ-詳細)
「Amazon Fire TV」は、価格面を見ると4,980円〜と決して安いものではありません。

しかし、「Amazon Fire TV」には、性能面で画質・音質ともに他のストリーミングデバイス機器に比べて優秀なので、動画をストレスなく楽しめます。

また、ストリーミングデバイス機器は長く使えるので、最初だから試しに安い機器を購入した後に、低品質の動画を見ることにつながります。

動画の画質が悪いからといって、何度もストリーミングデバイス機器を買い換えるとなると、いつの間にか「Amazon Fire TV」よりお金がかかっていたことに気づきます。

そこで、最初のストリーミングデバイス機器から「Amazon Fire TV」を選んでおいたほうがお得だったのではと気づきます。

12.「【HOKUSAI】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス情報を早見一覧表でまとめて分かる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」まとめ

【HOKUSAI】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス情報を早見一覧表でまとめて分かる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法まとめ

「【HOKUSAI】日本映画が現在配信中の無料動画配信サービス情報を早見一覧表でまとめて分かる|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴で見るVOD方法」について解説してきました。

いかがだったでしょうか?

結論:映画【HOKUSAI】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
残念ながら現時点では、映画【HOKUSAI】を完全無料で見ることはできません!
しかし、動画配信サービス「U-NEXT」の【31日間無料トライアル】の初回登録でもらえる600円分のポイントを利用してお得に視聴可能!

ズバリ!映画【HOKUSAI】をイッキ見する方法は、動画配信サービスの無料お試し期間を上手に活用することがポイントなのです。

昨年から一気に注目度が上がった動画配信サービスをまだ試していないならもったいないです。

現在、私が実際に映画・海外ドラマ・韓国ドラマをキレイな映像で楽しんでいる動画配信サービスは「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

特に、映画や海外ドラマがどの動画配信サービスよりも充実している「U-NEXT(ユーネクスト)」が私的にはNo.1の動画配信サービスと言っても過言ではありません。

さらに、海外の人気シリーズドラマや韓国ドラマ・映画、アニメ・キッズ作品も充実しているので、個人的にも楽しめて、さらにお子さんやご家族で充実した動画配信ライフを過ごせるサービスなのでオススメです。

今すぐ、あなたのスマホ(スマートフォン)・パソコン(PC)・タブレットや大画面のテレビで、映画【HOKUSAI】を安全に視聴できます!

映画【HOKUSAI】が気になっていた、映画館で観ることができなかった、テレビ放送を見逃してしまった、DVDやBlue-ray を購入するのもちょっと、レンタルショップで借りに行くのが面倒な方にピッタリなのが動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の活用です。

まだ、映画や海外ドラマ好きで動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の無料体験を試していないなら、映画【HOKUSAI】の視聴をきっかけに試してみてはいかがでしょうか?

もちろん無理強いはしません。

映画・海外ドラマ好きの中でも利用者急増中の動画配信サービスこそ「U-NEXT(ユーネクスト)」!!

▼今すぐ体験しちゃおう♪▼

U-NEXT
>>>さっそく、最新作から旧作まで映画が充実している動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料トライアルはコチラ

U-NEXT(ユーネクスト)のお試し無料期間をうまく活用して、映画【HOKUSAI】の動画をイッキ見してしまいましょう。

本ページの情報は2021年10月5日時点のものです。

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況・料金・キャンペーン等は各公式サイト「U-NEXT(ユーネクスト)」「dTV」「hulu」「FOD PREMIUM」「ビデオマーケット」「Amazonプライムビデオ」「Netflix(ネットフリックス)」「TELASA(テラサ)」「WATCHA(ウォッチャ)」「TSUTAYA(ツタヤ)」「GEO(ゲオ)」にてご確認くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

10月ピックアップ動画配信サービス「WATCHA」
公式サイト
10月ピックアップ動画配信サービス「WATCHA」
公式サイト