【僕たちは世界を変えることができない。】映画の無料動画配信情報|テレビ放送予定で見逃した邦画をフル視聴する方法

映画「僕たちは世界を変えることができない。」を無料で見る方法はあるの?

この疑問をズバリ解決しましょう!!

映画【僕たちは世界を変えることができない。】をDailymotion・pandora等の違法サイトではなく、公式の動画配信サービス(VOD)で安心して無料視聴できる方法を調査しました。


【出典:YouTube「僕たちは世界を変えることができない。」予告編】
いきなり『結論』から言いますと、
結論:映画【僕たちは世界を変えることができない。】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

本記事は、「【僕たちは世界を変えることができない。】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?」について、わかりやすく解説しているので、映画視聴の参考にしてもらえれば嬉しいです。

本記事を読むメリット!
・映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画を無料視聴できる方法がわかる。
・映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画を安全で確実に視聴できる。
・映画【僕たちは世界を変えることができない。】以外の気になる海外ドラマや話題の国内映画・韓国ドラマも視聴できる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトで探す手間がなくなる。
・Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトからウイルス感染することがなくなる。
・わざわざレンタルショップに借りに行く必要がなくなる。
・借りたDVD・Blue-rayの返却忘れで延長料金を払う必要がなくなる。
・いつでもどこでも簡単に動画が視聴できるようになる。
・映画や海外ドラマに最適な動画配信サービスがわかる。

そこで、本記事では、

■映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画を配信している動画配信サービスが一覧で紹介!
■映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画を無料視聴でイッキ見する方法!
■映画【僕たちは世界を変えることができない。】のネタバレにならない程度のあらすじを紹介!
■映画【僕たちは世界を変えることができない。】のキャスト・スタッフが出演している他作品を紹介!
■映画・海外ドラマの視聴に最適な動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を紹介!
■映画・海外ドラマを視聴するときによく比較される動画配信サービス5社を紹介!
■動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向を紹介!
■最新作から旧作まで思う存分に映画・海外ドラマを楽しめる最適な動画配信サービスNo.1を紹介!

など、上記の内容について徹底的にまとめています。

※0円の動画配信サービスでお試し視聴という方法
最近は、映画・ドラマ・アニメを動画配信サービス(VOD)が増えているので、手軽にお試し視聴した方が早いです。
U-NEXT(ユーネクスト)には、31日間も無料体験があるので、この無料トライアル期間を使って映画・ドラマ・アニメを楽しむのもありですよね。
>>>U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料体験はこちら

では、「【僕たちは世界を変えることができない。】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?」について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

1. 映画【僕たちは世界を変えることができない。】が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?

映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド) はどこ?
映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画が配信している動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)は、次の一覧表にまとめました。

※横幅がはみ出している部分は「横スクロール」して見てくださいね。

動画配信サービス見放題PPV(課金/ポイント制)お試し無料期間月額料金(税別)
U-NEXTx31日間1,990円
dTVxx31日間500円
hulux2週間933円
FOD PREMIUMx2週間888円
ビデオマーケットx1ヶ月間プレミアムコース:500円
プレミアム&見放題コース:980円
TSUTAYA TVx30日間933円
Amazonプライムビデオx30日間月額:500円
年間:4,900円(月額408円相当)
Netflixxx30日間ベーシック:800円
スタンダード:1,200円
プレミアム:1,800円

上記の動画配信サービス会社から配信されているかどうかの確認については、【見放題配信:○】【課金配信:●】【配信なし:×】で表記しております。

見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の違いは?

動画配信サービス(VOD)には、見放題とレンタル(PPV・課金・ポイント制)の動画作品がありますので、この機会に違いについて知っておきましょう。

区分内容
見放題追加料金なしで視聴できる。
レンタル(PPV・課金・ポイント制)都度課金が必要で視聴期限がある。
スポンサーリンク

2.映画【僕たちは世界を変えることができない。】のDVD・Blue-rayレンタル開始日はいつから?

大手2社のTSUTAYA(ツタヤ)とGEO(ゲオ)の映画【僕たちは世界を変えることができない。】のDVD・Blue-rayレンタルが開始されているか調べた結果は、次のようになっています。

レンタルショップ宅配/レンタル状況
TSUTAYA(ツタヤ)
GEO(ゲオ)
スポンサーリンク

3.映画【僕たちは世界を変えることができない。】のDVD・Blue-ray販売状況と開始日はいつから?

Amazon | 僕たちは世界を変えることができない。 [DVD] | 映画
向井理, 松坂桃李, 柄本佑, 窪田正孝, リリーフランキー, 阿部寛, 他, 深作健太 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
スポンサーリンク

4.映画【僕たちは世界を変えることができない。】のフル動画で無料視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!

映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画をフル視聴できる方法のコツは「U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料視聴」を活用でスッキリ解決!
U-NEXT(ユーネクスト)の「無料お試し31日間」に登録することで、誰でも無料で簡単に『31日間』思う存分、映画【僕たちは世界を変えることができない。】をフル視聴で楽しむことができるのです。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をなんとなくは目にしていたけれど、登録することを迷っていたり、解約手続きが面倒で躊躇していたなら、絶対もったいない時間を過ごしています。

なぜなら、U-NEXT(ユーネクスト)の「31日間無料トライアル」を試すのに、登録時間はたったの3分で、映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画がすぐに視聴することができます。

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は、登録から31日以内に解約すれば「月額料金」は一切かかりません。

さらに、U-NEXT(ユーネクスト)の解約手続きもたったの1分で完了してしまうのです。

さっそく、公式サイトで詳しく確認はコチラ>>>【僕たちは世界を変えることができない。】

「U-NEXT(ユーネクスト)」を登録する前は、私もあなたと同じで『U-NEXT(ユーネクスト)の登録や解約手続きを知って納得していない!』と登録はできないですよね。

そこで、「U-NEXT(ユーネクスト)」の登録と解約手続きを画像付きで紹介しているので、必ず確認してくださいね!

スポンサーリンク

5.映画【僕たちは世界を変えることができない。】の見所・ストーリー(あらすじ)・出演の俳優と女優は?


【出典:YouTube「僕たちは世界を変えることができない。」予告編】
【僕たちは世界を変えることができない。】は、『カンボジアに学校を!』豪華俳優陣の共演で贈る実話をもとにした感動ストーリー!

【僕たちは世界を変えることができない。】の見所とストーリー(あらすじ)について、ネタバレにならない程度に少しだけさわりを紹介していきます。

【僕たちは世界を変えることができない。】の見所

【僕たちは世界を変えることができない。】の見所は、葉田甲太の同名体験記を向井理主演で映画化。

人生に目的を見つけられずにいた若者たちが、ボランティア活動を通して変化していく姿を人気の若手たちがみずみずしく演じる。

【僕たちは世界を変えることができない。】のストーリー(あらすじ)

日常に物足りなさを感じている医大生・甲太。

ある日彼はパンフレットに書かれた「150万円の寄付でカンボジアに小学校が建つ」という言葉に衝撃を受ける。

すぐに知りあいにメールを送り、資金作りの仲間を募るが、集まったメンバーはたったの3人だけだった。

【僕たちは世界を変えることができない。】のキャスト・スタッフの過去作品

【監督】
深作健太
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

【原作】
葉田甲太
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

【脚本】
山岡真介
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

【製作】
香月純一
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

木下直哉
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

重村博文
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

日達長夫
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

塚本勲
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

北川直樹
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

喜多埜裕明
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

堀徹
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

伊藤伸彦
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

小野田丈士
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

古玉國彦
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

渡辺万由美
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

【音楽】
かみむら周平
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

【出演】
(田中甲太役)
向井理
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

(本田充役)
松坂桃李
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

(芝山匡史役)
柄本佑
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

(矢野雅之役)
窪田正孝
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

(久保かおり役)
村川絵梨
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

(デリヘル嬢・ルナ役)
黒川芽以
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

(篠崎奈緒役)
江口のりこ
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

(IT企業の社長役)
黄川田将也
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

(バーのマスター役)
リリー・フランキー
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

(近藤教授役)
阿部寛
<主な作品>
・僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

【僕たちは世界を変えることができない。】の作品詳細

【原題】僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.
【制作国】日本
【制作年】2011年
【ジャンル】青春ドラマ

スポンサーリンク

6.映画【僕たちは世界を変えることができない。】の世間の感想や口コミ評価は?(ネタバレあり)

【言葉を失うとはこういうことだったんだ…】
まず最初に謝っちゃいます。
内容をよく知らず、ポスターなどの印象から、今、乗りに乗っている向井さんを使ったイケメンアイドルたちをウリにしたナンパな作品だろうと誤解していて、ゴメンナサイm(- -)m

外見と中身がまったく違う作品でした。

カンボジアに初めて彼らが視察に行くシーンまでは、第一印象通りの作品に思えました。

初めてのカンボジア旅行を楽しもうと、象に乗ったり、美味しいお料理に舌鼓を打っている四人の面々。

しかし、エイズ病棟を訪ねる辺りから、趣が変って来て、私も彼らと共に、カンボジアという国の現状と直面させられてしまい、ただ、ただ絶句。

最も衝撃的だったのは、ポル・ポト政権時代に、行われたという大量虐殺。
銃弾がもったいないからと赤ちゃんや子供の頭を木に叩きつけて虐殺したという「キリングフィールド」。
約二万人の収容者の中、七人しか生還できなかったという強制収容所だった「ツールスレン博物館」。

数十年経ても生々しさを感じさせる映像に、人が人に対して、ここまで残酷になれるものかと、言葉を失ってしまいました。

アウシュビッツは知っていたけど、ツールスレンは知らなかった…。
帰宅後、今まで知ろうともしなかったポル・ポト政権のことを調べてしまいました。

向井さん以外の三人は役柄と同年代なのに、向井さんは十歳ほど年上なので怪訝に思っていたら、第二の故郷とされているほど個人的にカンボジアに思い入れのあることから抜擢されたとのこと 。

それだけに、内面から滲み出るような真に迫った演技が印象的でした。

向井さんだけではなく、松坂さんも、柄本さんも、窪田さんも好演。
教授役の阿部さんも、出番は少ないものの熱演されていて印象的でした。

監督は、深作欣二監督のご子息なのですね。
どおりで、骨太の作品なわけだと納得。

見終え、どこまでがフィクションで、どこからがノンフィクションなのか気になり、翌日すぐに原作を手にしました。

原作では、映画には描かれていなかった、「義足支援センター」や「貧しい人たちが暮らすゴミの山」に行ったことや、エイズの実体を知るために売春宿の少女達の取材を試みたことも書かれていました。

また、映画を見た感想も書かれていて、『ブッティーさんは、きっと演技じゃないような涙を見せていた』とありました。

娘が一番涙していたのは、ポル・ポト政権下で子供時代を送ったという通訳のブッティーさんの体験談だったので、生の言葉だけに心に響くものがあったのだと納得。

ちなみに、映画化を機に文庫化された原作の収入は、カンボジアに建てた小学校の維持費や発展途上国への寄付にあてられるそうです。

映画の脚本は、原作と多少の違いはあるものの、限りなく再現をしようと試みた印象を受けました。
ドキュメンタリーではないけど、ドキュメンタリーといった感。

巻末に載っていた完成した小学校の前で撮った写真は、映画のシーンと瓜二つでした。

自分の手には負えない数々の重い問題を目の当たりにすると、無力感に襲われることでしょう。

そのせいか、少し、自虐的にも思える題名。
確かに、題名通り、「僕たちは世界を変えることができない。」と、私も思います。

でも副題のBut,we wanna build a school in Cambodia.に、やり遂げたという自信と達成感を感じ、それに、私は希望を見出すことがました。

見る前と、見終えた後はまったく印象が違う、久しぶりに、考えさせられる作品に出会えました。

とってもおススメの作品です!!

【恵まれた日本の大学生】
「勝ち組」が「勝ち組」のために作った、「俺たち辛い事もあるけどがんばって生きてるんだぜ」的な自画自賛映画でしかない。

サークルでボランティア?
そのカラオケルームのレンタル料と人数分のドリンク代、化粧品代、日頃の飲み代を節約したってだいぶ金が集まる。しかもそれだって親からもらった小遣い、もしくは気楽なバイトで稼いだ金のはず。

大学生(特に有名大学)へ通える人間というのは、相対的に見て親の所得が高い家庭の子となる。
もちろん中には奨学金を利用している苦学生もいるが、絶対数で言えば明らかにごく少数である。
そんな家庭の子供達相手に「将来を模索する学生に見て欲しい」といって先行試写で映画を観せて、その感想が「見てよかった」「人生観が変わった」「感動」「ボランティアをしてみたい」…etc

正直反吐がでる。

見るなら中高生の方がいい。大学生じゃ遅すぎる。もっと早いうちに本作を観て、こんなアホな大学生にはなるまいと目を覚まして欲しい。

家庭の事情で進学せず早くから働いている若者がこれを観てどう感じるかを知りたいものだ。

ちなみに自分の連れは中学生で親に捨てられ、自ら人生を切り開いて生きて来た女性だ。
風呂無し、トイレ共同。地獄のような工場の寮生活を何年も我慢して貯金をし通信教育で大学まで出ている。

「この大学生を観ていると反吐が出る」この言葉はこの連れが観賞後に出した言葉だ。

【われ、大海の一滴の水とならん。】
すかさず肩を抱き一緒に涙する向井くんの姿に、胸を打たれた。
もはや演技を超えた自然なその振る舞いが、観る者すべてに瞬間的にわき起こるであろう熱い気持ちに、素直にその行き場を与えてくれる。

「そうだ、まずは現場を知らなくては!」
かおりの言葉に目を覚まされたコータは、「そらまめプロジェクト」を立ち上げた仲間たちとともに、想いを馳せるその地カンボジアへと向かう。

若き日本の学生たちを出迎えた通訳兼ガイドのブティさんの人懐っこい素朴な笑顔が忘れられない。
「この国も変わらなくてはなりません。」と言ったその毅然さが忘れられない。

少しキーの高い剽軽とも言える明るい声で淡々と語るその内容は、ポルポト派の残した悲しい歴史の爪あとと、今なお直面するカンボジアの厳しい現実。
「あ、そこに落ちてるのは人の骨ですねー」
「子供をどうやって殺すか分かりますか?足を持って、この樹のここの部分に打ち付けるんですねー」
いとも簡単に言ってのける彼の口調が、まるで軽い調子だからこそ逆説的に、辛い過去を乗り越え母国の将来への希望を信じている、というその地に生きる人の生の声の重みを伝えてくれる。

なのに、そこへあのゆでたまごのエピソードだ。
もう、たまらない。涙腺決壊。

この映画のカンボジアパートをあえてドキュメンタリー風に綴っていくのは、われわれ観客をこの学生たちと同じ目線に立たせようということなのであろう。

「カンボジアに学校を建てる。」
その一見ありきたりな、「ボランティア」の代名詞のようなキャッチコピーで、「実話に基づく美談」を映画にするとすれば、普通なら一歩離れた位置から「いいお話ね」「何かに頑張れる若さっていいよね」で終わってしまうところ。

ところがその見せ方によっては、陳腐に見えるストーリーさえも、感じ方はガラっと変わってくる。

ドキュメンタリー風なこの見せ方が、我々観客に、この学生たちと一緒になってブティさんのガイドに導かれカンボジアの地を歩いているかのような疑似体験をさせ、「世界を知る」というところからすべては始まるということに気づかせてくれる。
そして、この学生たちを包み込んだ驚愕と複雑な思いに感情移入させ、彼の地の真実をまさに「真実」として受け止めさせることに見事に成功しているのだ。

さらに素晴らしいのは、その等身大な描き方ゆえに高い納得感が得られているところ。
非情な現実を目の当たりにした彼らは、だからといってストレートに「さあ、役に立つことをしよう♪」と直進するわけではない。
自らの行く手に疑問を呈し、迷い、悩む姿を素直に描くことで、この手の美談の押し付けがましさを排除している。

「勝手に相手を貧しい国の人々だと思って上から目線になってたよ。」
「日本にも困っている人はいるのに、何故「カンボジア」なんだ?」
「地雷だ、虐殺だ、エイズだ・・・って、頭混乱してるんだよ!」
そして、ブティさんからの心のこもった感謝の手紙を受け取ったコータは、感激するどころか「重い」と言ってうなだれてしまう。

ああ、そういう素直な気持ちがよくわかる!

突然のひらめきで気軽に気楽に始めてしまったことの大きさへの驚きと後悔。
だから、この映画のタイトル『僕たちは世界を変えることができない。』という否定形のその意味が痛いほどに伝わってくるのだ。

「できない。」ということを知ることから始まる本当の行動。
その言葉に続く「でも」の強い決意。

たとえ人々の記憶が薄れようと、あの時あの場所でひとつのことを成し遂げたことは紛れもない真実。
その真実の積み重ねが世界を変える。
一緒に抱き合い涙を流した仲間たちは、それぞれの道を歩き出した。
そして、ブティさんがさりげなく、しかし固く誓ったように、きっといつの日かこの国カンボジアも「変わる」ことであろう。

「学校を建てた」ということが問題なのではない。
奇しくもコータ自身が援用したマザー・テレサの言葉のとおり、世界を動かすことのできないたった一滴のそれぞれの水は、やがて集まって大海となっていくことを、肌身をもって知ること。

その大きな意味を学んだ若者たちの姿は、本当にまぶしくキラキラと輝いている。

【慟哭の傑作!若者の熱意とカンボジアの涙。】
正直、偽善ではないか、と鑑賞前は思っていた。
150万で学校が建つなら、映画なんぞ作らずに、その資金を充てればいい。
そうも考えてはいたが、それは間違いだった。
本作は非常に意義のある作品である。
映画としても感動的であり、また非常に衝撃的な作品だった。

カンボジア。
かつて「キリング・フィールド」という作品でも描かれたが、ポル・ポト政権による大虐殺があった国である。
知識層を中心に400万人が虐殺されたと、本作中で語られるが、なぜ知識層が虐殺されたのか。
本作中では述べられていないので補足しておく。

1976年に政権を掌握したポル・ポトは「原始共産主義社会」を目指し、資本主義の要素を全て否定。
その政策の矛盾を唱える可能性がある教師や医師などの知識層を「再教育」という名目で連行し殺害。
それを知った教育を受けた者も殺害。
無学を装おうとした者もいたが、メガネをかけている者や、文字を読める者など、とにかく学があると思われる者は片っ端から収容所に送られ、強制労働や拷問の末に虐殺されたのである。
ポル・ポト政権下の4年間での死者数は、諸説あるが800万の人口が半減したとまで言われる。

その歴史的悲劇を、現代の若い世代はどれほど知っていようか。
もちろん私はこの歳なので、その事実は知っていた。
だが恥ずかしながら、今もその痕跡が生々しく残る現状については初めて知り、そのあまりの衝撃に涙してしまった。

日々の生活の中で、何か物足りなさを感じ、何かおもしろいことはないか、と軽い気持ちとノリで活動を始めた彼ら。
資金を集めるためにクラブでパーティーを開く。
人は集まるがカンボジアの話になるとパーティー会場を後にする者も多い。
だがやがて賛同者も増えていく。
カンボジアの現状を知るために、彼らは現地を訪れる。
そこで彼らは過酷な現実と、恐ろしい過去と、そして今もまだ残るその痕跡を目の当たりにする。

このシーンはもはや映画ではない。
悪い意味で言うのではないが、まるでタレントが訪れる旅番組のようになっている。
役者たちも演技をしていない。
彼らの驚きは本物なのである。

まだ地雷の撤去が完了していない危険地帯を駆ける子供たち。
診療所のエイズ病棟。
そして拷問と大虐殺が行われたキリング・フィールド。
かつての収容所は、今は博物館となっている。
あまりにむごたらしい惨劇が語られる。
今も雨が降り地面の土が少し流されるだけで、人骨や衣服が地面から露出してくる。

彼らを案内するガイドの両親もその被害者である。
つたない日本語で、涙ながらに父の最期を語るその姿と、真剣に耳を傾ける若者たちの姿に、私は強く心を打たれた。

このカンボジアの地に学校を建てる、そのためにパーティーを開く。
心ない者は「偽善者」と彼らを非難し中傷する。
崩れそうになった甲太(向井理)がどういう行動をとるか。
これが決して褒められる行動ではないのだが、実に腑に落ちる、現実的な行動である。
敢えてこれを描くところや、参加者の間の恋愛関係も決してロマンス仕立てにしないところは大いに評価したい。

この作品には、作り手の真剣さが全編にみなぎっている。
その結果がドキュメント仕立てのカンボジアの場面なのである。

「旅番組を見に来たのではない」と批判する方もいるだろう。
向井理などのキャスト目当てで見に来た方には、少々厳しい作品だっただろう。

だがそういう方にこそ、この現実を知り、考えてほしい。
知り合いの高校1年女子も、予想外の展開に驚いていたようだが、3回も泣いていた。
だがさすがに私の後ろに座っていた小学生女子は退屈したか、落ち着かない様子の音を立てていたが。

なぜカンボジアなのか。
日本にも困っている人はいるのに。
本作はこのテーマが抱える矛盾や問題点もさらしている。
答えは出していないが、本作の根幹を揺るがしかねないその点にも目を逸らしていないところに潔さを感じた。

始めはノリと勢いで活動していたが、やがて真剣になっていく若者たちを演じた俳優陣も賞賛したい。
特に窪田正孝と柄本佑が素晴らしかった。

窪田正孝は「十三人の刺客」のレビューでも評したが、かつての昼ドラ出演以来その演技力に注目している。
まだ出演作は少ないが、今後さらに活躍するだろう。

柄本佑(たすく)は名優・柄本明の息子。
親の七光りと言われるかもしれないが、その演技力は確かなもの。
風貌もそうだが、その飄々とした語り口は父・柄本明にそっくりなところもある。
今後の活躍は間違いない。

大胆かつ真剣な演出を貫いた深作健太監督にも最大級の賛辞を贈りたい。
個人的には、今年本日までに鑑賞した日本映画71本中ベスト1。
幅広い層にお勧めしたい最高傑作である。

【日本版「モーターサイクル・ダイアリーズ」】
映画の原作本を読んだ瞬間、これは日本の『モーターサイクル・ダイアリーズ』だと鳥肌がたった。
革命家チェ・ゲバラの若き日を描いたこの作品。医者でもあったチェ・ゲバラは医学生時代、南米を旅する中でハンセン病患者や鉱山労働者と出会い南米の貧困や差別を知る。後にこの経験がきっかけとなって彼は革命家として南米のために立ち上がることになる。

本作の原作者は医大生。南米と違い物質的には世界最高峰の暮らしができる日本、しかもその中でもとりわけ裕福な家庭のご子息である。
そんな彼が何の目的もなく過ごしていた日常を変えるため(=自分のため)にカンボジアへ小学校を建てようと思いつく。まずはカンボジアを知る事からと軽い気持ちで仲間3人と訪れた現地で、エイズ患者と交流を持ち、負の歴史の傷跡を残すキリングフィールドを前に言葉を失うことになる。

ドキュメンタリータッチで描かれたカンボジアロケのパートを観るだけでも価値はある。
日本語ガイド役のプティさんは実際にガイドとして多くの日本人をアテンドしているそうだ。当然プロの役者ではないが、たどたどしい日本語で必死に過去の悲しい出来事を伝えようとする。その言葉を台詞としてフォローをするのは主演の向井理。このフォローのための小さなつぶやきすら、その瞬間彼が何を感じているのかが伝わってくる。なぜならその視線の先には、そこにあった”事実”の傷跡が否応がなしにそびえ立っているからだ。

プテイさんの説明に絶句したり表情をこわばらせる俳優4人の姿はそれぞれのキャラクターというフィルターもかかりながら素の表情が垣間みられる。そこにいるのは芝居をする俳優ではなく、その場に居合わせた者しか表現することのできない突き動かされた感情を吐露する若者でしかない。

ドキュメンタリーなのかそれとも映画作品なのか。そのボーダーラインすら忘れさせてくれる役者達の演技と存在感が素晴らしい。2時間という作品の中で「出逢いと経験」を経て4人がそれぞれ人として成長を遂げて行くのだ。
ラスト近く、家の仕事を手伝うために学校へ行けないという少年の言葉に感情が爆発し畑を耕すコータ。
不条理な世界への怒りと悲しみ、そして何もできない自分への苛立ちで満ちあふれたその姿からは、前半合コンで女性に声をかけることすらできなかったおどおどした青年の面影はどこにもなかった。

「僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.」

このタイトルを見る限り、その生涯をかけて世界を本気で変えようとしたゲバラとは対照的なものがある。
何よりも向井理は「ボランティアは自己満足でいい」とNHKの番組で言い切った。
そう、その通り。それでいい。そこから何かを学び人として成長をすれば、その人間がまた違う形で何かを提供できるようになる。
原作者が行った自分のためのボランティアはこうして映画作品となり世にお披露目されることになった。そしてまたこの作品を観た人が成長して新たな潮流が生まれることになるはずだ。

こうやって心を突き動かされた観客がここにいるという事は紛れもない真実であるし、この小さな出逢いが私の中にある何かを変えるきっかけとなってくれるに違いない。そう思わせてくれる作品だった。

映画の制作に関わった総ての皆さんへ、この作品と出逢わせてくれて「オークン」と伝えたい。

【引用:Yahoo映画「僕たちは世界を変えることができない。」

スポンサーリンク

7.Dailymotion・pandora・anitubeなどの違法投稿サイトは危険!

・Dailymotion(デイリーモーション)
・pandora(パンドラ)
・anitube(アニチューブ)

上記サイトの動画は違法にアップロードされている動画投稿サイトです。

これらの動画をダウンロードすることも違法となります。

ダウンロードと同時に自分の知らないうちにデータがアップロードされるケースもあり非常に危険なのです。

ウィルス感染の恐れもありますので、ダウンロード後や動画視聴後に後悔するはめになります。

上記、公的機関や法律相談所でも明記されてます。

利用後に、余計な心配の必要がない、しっかりとした動画配信サービス(VOD)で見ることが、結局、安心でお得なのです。

スポンサーリンク

8.映画・海外ドラマにおすすめの動画配信サービス人気ランキング【ベスト5】

動画配信サービスの人気ランキング【ベスト5】
【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)
【ランキングNo.2】dTV
【ランキングNo.3】hulu
【ランキングNo.4】FOD PREMIUM
【ランキングNo.5】ビデオマーケット

【ランキングNo.1】U-NEXT(ユーネクスト)

韓流LP

U-NEXTの特徴

U-NEXTの魅力とは?
・見放題動画が180,000本以上で新作も視聴可能!
・韓国ドラマ(韓流)やアジアドラマが400作品以上で見放題!
・K-POPやバラエティ作品もあり!
・雑誌70誌の最新号が読み放題!
・アダルト動画も豊富!
・月額料金は比較的高い!
・NHKオンデマンドも視聴可能(別料金)!
オススメ度★★★★★
月額料金(税抜)1,990円
1日あたりの料金(税抜)64.1円
作品数160,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>U-NEXT「31日間無料トライアル」

【ランキングNo.2】dTV

パイレーツオブカリビアン

dTVの特徴

dTVの魅力とは?
・格安料金で韓国ドラマの人気作品を見放題を楽しめる!
・作品数12万作品以上(カラオケタイトルを含む)
・ミュージックビデオやカラオケに対応
・dTVのオリジナルドラマ(元BeeTV)を視聴できる!
・月額料金が安い!
・レンタルサービスあり!
・動画をダウンロードできる!
オススメ度★★★★☆
月額料金(税抜)500円
1日あたりの料金(税抜)16.1円
作品数120,000本以上
無料期間31日間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>dTV「初回31日間無料」

【ランキングNo.3】hulu

韓流バナー

huluの特徴

Huluの魅力とは?
・低価格にも関わらず動画作品数70,000本以上!
・すべての作品がフルHD画質に対応!
・韓国ドラマ(韓流)など海外ドラマやオリジナルドラマ、限定配信が豊富!
・ハリウッドの人気映画やhulu独占配信の映画も視聴できる!
・視聴できる機器がスマホ以外も対応!
・幅広い支払い方法が用意されている!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税抜)933円
1日あたりの料金(税抜)30円
作品数70,000本以上
無料期間2週間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>hulu「2週間の無料トライアル」

【ランキングNo.4】FOD PREMIUM

FOD PREMIUM

FOD PREMIUMの特徴

FOD PREMIUMの魅力とは?
・フジテレビで放送中のドラマや過去の番組を独占配信しているので視聴できる。
・120誌以上の雑誌の最新号が読み放題!
・20万冊以上の漫画が電子書籍で読める!
・毎月もらえる1300ポイントで電子書籍などが買える!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税抜)888円
1日あたりの料金(税抜)28.6円
作品数40,000本以上
無料期間2週間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>FOD PREMIUM「2週間無料 新規入会」

【ランキングNo.5】ビデオマーケット

ビデオマーケットの特徴

ビデオマーケットの魅力とは?
・作品数が圧倒的にナンバー1(20万作品以上)
・新作ドラマのレンタルが安い!
・ドラマの全話レンタルやポイントバックの割引で安い!
・新作レンタル&見放題コースもある!
・韓国ドラマ(韓流)作品が1,100本以上と豊富!
・毎月540ポイント付与!
・作品検索が便利!
オススメ度★★★☆☆
月額料金(税抜)プレミアムコース:500円
プレミアム&見放題コース:980円
1日あたりの料金(税抜)プレミアムコース:16.1円
プレミアム&見放題コース:31.6円
作品数200,000本以上
無料期間1ヶ月間

さっそく、公式サイトでの確認はコチラ>>>ビデオマーケット「お試しキャンペーン」

スポンサーリンク

9.映画・海外(韓国)ドラマ視聴におすすめ動画配信サービス5社の比較まとめ

映画・海外(韓国)ドラマを見るのにおすすめ動画配信サービスを気になる項目ごとに比較一覧表でまとめて解説していきます。

人気動画配信サービス5社の映画・海外(韓国)ドラマ作品数を比較

動画配信サービス作品数月額料金(税抜)お試し無料期間
U-NEXT180,000本以上1,990円31日間
dTV120,000本以上500円31日間
hulu70,000本以上933円2週間
FOD PREMIUM40,000本以上888円2週間
ビデオマーケット200,000本以上500〜980円1ヶ月間

(作品数は各動画配信サービスで常時変動します。2020年5月調査時点のデータ)

人気動画配信サービス5社の動画配信ジャンル別比較

動画配信サービス国内ドラマ海外ドラマ韓国ドラマ(アジア)オリジナルor限定配信
U-NEXT
dTV
hulu
FOD PREMIUM
ビデオマーケットx

人気動画配信サービス5社の月額料金比較

動画配信サービス月額料金(税抜)1日あたりの料金(税抜)
U-NEXT1,990円64.1円
dTV500円16.1円
hulu933円30円
FOD PREMIUM888円28.6円
ビデオマーケット500〜980円16.1〜31.6円

人気動画配信サービス5社の特典比較

動画配信サービスお試し無料期間特典
U-NEXT31日間・毎月1200ポイントもらえる。

・ポイントを使って有料の動画や電子書籍(コミック)に使える。

・追加料金なしで同時視聴が4台まで可能(子供や家族と共有できる)

dTV31日間・ポイントがもらえるキャンペーンをたまに開催
hulu2週間なし
FOD PREMIUM2週間・毎月1200ポイントもらえる(※毎月8の付く日「8日、18日、28日」にFOD PREMIUM会員限定で400ポイントがもらえる)

・電子書籍を購入するたびにポイントを20%還元

ビデオマーケット1ヶ月間・毎月540ポイントもらえる

もっと詳しく、動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)の比較を知りたい方のために、次の記事にてまとめているので、この機会にチェックしておきましょう!

【最新版2020年5月】動画配信サービスどこがいい?本当に満足できるVOD動画配信サービスを徹底比較検証!
「【動画配信サービス比較検証2020年最新版】動画配信サービスどこがいい?本当に満足できる動画配信サービスを徹底解説!」について、わかりやすく解説しているので、あなたにぴったりの動画配信サービス選びの参考にしてもらえれば嬉しいです。
スポンサーリンク

10.動画配信サービスを利用している人の気になる動向!

動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)を利用している人の気になる動向!
ほとんどのスマホ対応の動画配信サービスの登録者は見たい動画だけを視聴して、すぐに解約してしまいます。

しかし、「見たい動画を見終わったら解約!」って、実はとてももったいないことをしています。

特に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録してから31日間【僕たちは世界を変えることができない。】だけではなく、話題のドラマや映画、アニメなど、多くの作品が「無料視聴できる!」ので楽しまないと損しているのですよ。

実際に、U-NEXT(ユーネクスト)に登録することを決めた際は、とことん様々な作品を見ないのであれば、登録をオススメできません!

動画配信サービスを利用している人の気になる動向!
【出典:U-NEXTの公式サイト 】

U-NEXT(ユーネクスト)は、「登録から31日以内に解約!」してしまえば、映画以外の海外ドラマ・国内ドラマやアニメ・バラエティ番組など、豊富なジャンルの見放題作を無料で楽しむことができるのです。

しかし、映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画が「いつまでU-NEXT(ユーネクスト)の配信対象になっているのか?」はわからないので、今すぐ登録して、映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画だけは見逃さないで視聴することがオススメです。

無料期間を利用して、映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画をまずは一気に見てしまいましょう!

とはいえ、映画【僕たちは世界を変えることができない。】をU-NEXT(ユーネクスト)で見るかどうかは、好きにしてもらって構いません。

登録から31日以内なら、いつでもどこでも無料で、映画【僕たちは世界を変えることができない。】を視聴できます。

さらに、たったの1分で簡単に解約できるので安心して試すせるのが「U-NEXT(ユーネクスト)」の魅力ともいえます。

スポンサーリンク

11.U-NEXTの動画をテレビで見る方法は?

U-NEXTの動画をストリーミングデバイスからテレビに接続して見る方法が便利です。

ストリーミングデバイスを簡単に言うと、テレビのHDMI端子に「ストリーミングデバイス機器」をつなげるだけで、様々な動画アプリが使えるようになります。

U-NEXTに対応している「ストリーミングデバイス機器」には、次の3種類があります。

U-NEXT TV
Chromecast
Amazon Fire TV

それぞれストリーミングデバイス機器ごとに特徴があります。

しかし、購入後後悔しないのが『Amazon Fire TV』を選んでおいて間違いありません。

『Amazon Fire TV』がおすすめの理由について、解説していきます。

「U-NEXT TV」は、価格9,800円(税別)の割に対応アプリがU-NEXT関連のものとYouTubeだけなため利便性に欠けていると思いました。

「Chormecast」は、一端末で完結しないキャスト専用端末で、スマホやタブレットで再生したものをテレビに出力するものになっています。

「Chromecast」の方が便利だという人もいますが、実際に使った感想としては、一端末で完結していたほうが簡単で分かりやすと思いました。

上記の理由から「Amazon Fire TV」がテレビでU-NEXTを見るのに、一番最適だと思いました。

created by Rinker
Amazon
¥6,980(2020/10/24 20:41:44時点 Amazon調べ-詳細)
「Amazon Fire TV」は、価格面を見ると4,980円〜と決して安いものではありません。

しかし、「Amazon Fire TV」には、性能面で画質・音質ともに他のストリーミングデバイス機器に比べて優秀なので、動画をストレスなく楽しめます。

また、ストリーミングデバイス機器は長く使えるので、最初だから試しに安い機器を購入した後に、低品質の動画を見ることにつながります。

動画の画質が悪いからといって、何度もストリーミングデバイス機器を買い換えるとなると、いつの間にか「Amazon Fire TV」よりお金がかかっていたことに気づきます。

そこで、最初のストリーミングデバイス機器から「Amazon Fire TV」を選んでおいたほうがお得だったのではと気づきます。

スポンサーリンク

12.「【僕たちは世界を変えることができない。】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?」まとめ

【僕たちは世界を変えることができない。】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?まとめ

「【僕たちは世界を変えることができない。】映画を無料フル動画視聴する方法丨無料映画視聴におすすめVOD動画配信サービスはどこ?」について解説してきました。

いかがだったでしょうか?

結論:映画【僕たちは世界を変えることができない。】を無料視聴におすすめの動画配信サービス
U-NEXT「31日間無料トライアル」の初回登録で無料視聴が可能!

ズバリ!映画【僕たちは世界を変えることができない。】をイッキ見する方法は、動画配信サービスの無料お試し期間を上手に活用することがポイントなのです。

昨年から一気に注目度が上がった動画配信サービスをまだ試していないならもったいないです。

現在、私が実際に映画・海外ドラマ・韓国ドラマをキレイな映像で楽しんでいる動画配信サービスは「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

特に、映画や海外ドラマがどの動画配信サービスよりも充実している「U-NEXT(ユーネクスト)」が私的にはNo.1の動画配信サービスと言っても過言ではありません。

さらに、海外の人気シリーズドラマや韓国ドラマ・映画、アニメ・キッズ作品も充実しているので、個人的にも楽しめて、さらにお子さんやご家族で充実した動画配信ライフを過ごせるサービスなのでオススメです。

今すぐ、あなたのスマホ(スマートフォン)・パソコン(PC)・タブレットや大画面のテレビで、映画【僕たちは世界を変えることができない。】を安全に視聴できます!

映画【僕たちは世界を変えることができない。】が気になっていた、映画館で観ることができなかった、テレビ放送を見逃してしまった、DVDやBlue-ray を購入するのもちょっと、レンタルショップで借りに行くのが面倒な方にピッタリなのが動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の活用です。

まだ、映画や海外ドラマ好きで動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の無料体験を試していないなら、映画【僕たちは世界を変えることができない。】の視聴をきっかけに試してみてはいかがでしょうか?

もちろん無理強いはしません。

映画・海外ドラマ好きの中でも利用者急増中の動画配信サービスこそ「U-NEXT(ユーネクスト)」!!

▼今すぐ体験しちゃおう♪▼

U-NEXT
>>>さっそく、最新作から旧作まで映画が充実している動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料トライアルはコチラ

U-NEXT(ユーネクスト)のお試し無料期間をうまく活用して、映画【僕たちは世界を変えることができない。】の動画をイッキ見してしまいましょう。

▼合わせて読みたいU-NEXT関連記事▼

本ページは2020年9月29日時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況・料金・キャンペーン等は各公式サイト「U-NEXT(ユーネクスト)」 「dTV」「hulu」「FOD PREMIUM」「ビデオマーケット」「Amazonプライムビデオ」「Netflix(ネットフリックス)」「TSUTAYA(ツタヤ)」「GEO(ゲオ)」にてご確認くださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました